第三章 雑誌系で有名な某社の場合

初めて他人に通帳見せる


新しい部屋を実際に見ると
オレ引越ししようとしてるんだ
と再確認。

いやな感じで前回行った会社の話は
ナシになっちゃったけど、それはそれ。
ここで立ち止まるわけには行かない。

オレは引っ越すんだーーー!←再度決意表明

引越し先探しでなくパチンコ屋さん周りをしていると、
何気に不動産紹介の会社発見。

あ、こんなとこにもあったんだ。
それにこの会社、CMとかもみたことある。
たしか雑誌が有名なとこだよな。

ま、ま、行くだけならタダだし、行ってみるべ。

礼儀正しく、粗相のないように。
これだけは肝に銘じて、ドアをノック。

コンコン

「はいー、いらっしゃいませー」

「看板見て寄らせてもらいました。今部屋探してるんですが
 希望のところがないか探してもらってもいいでしょうか?」

「あ、どうぞ。おかけになってください」

「希望は、洋室のみ、築10年以内で2DK以上で地域は○○で
 お願いします」←もう手馴れた感じになってる人

「あー、そうですねー。それだと、これとか、これとか」

おっ、うじゃうじゃ出てくるな。今までとちょっと違う。
あっ!!!この物件見たことあるぞ!?
これは大家さんの家の隣のマンションだな←詳しい

一応前回既にダメだった物件は興味が無い感じにしておいて
対象から除外。どうせダメなんだから、
担当さんの無駄な仕事増やすことはないでしょう。

一通り見終わって、ここがいいっ!って物件あったので
いよいよ自分の仕事をぶっちゃける。

「すいません。一つ言っておかないといけないことが
 あるんですが・・・」

「はい?なんでしょう?」

「自分、一般的に言うと無職に該当するんです」

「えっ?学生さんですか?」

「いや、違います。でもそれなりのお金はあります。
 実はパチンコで生活してる俗に言うパチプロってヤツです」

自分でパチプロってのは相当な場合でなきゃ言いたくないけど
解りやすく言うのにはこれが一番手っ取り早い。
それに今回の引越しは嘘はナシで引越し先を決める
って自分ルールがあるので、伝えるべきことは伝える。
言わなくてもいいと思ったことは言わないけど。

「あー、そうですか。それだとですね。逆に厳しいですね」

この人「逆に」って口癖なんだけど、なんだか使い方おかしい。
逆に逆に言い過ぎて、元に戻ってるんじゃないだろうか?
といらぬ心配をしてみる。

この人にとっては「えー」と言葉の前に付けるのと一緒の
感覚なんだろう。

「逆にですね、その場合だったりする時は、ウチの直の管理物件
 なんかだけは比較的簡単に入れますよ」

「え?簡単に?」

「えぇ。私たちの直の管理物件だと、
 それなりの根拠があれば紹介できますよ」

ま、ま、まままマジっすかーーーー!!←心の中でガッツポーツ
遂に来た。ここなら、オレが引っ越せる物件あるかもしれない。

上がってしまったテンションを必死に押さえ、冷静に話しを進める。

「その場合(無職)で紹介できる物件とかあれば、
 候補として、希望に合いそうなものを挙げてもらえますか?」

「逆にですねー、とりあえずココですね」

バサッ

とりあえずと言われて自分の目の前に提示された物件は、
たったの一枚

くー、一つだけか。しかしよくよく見ると、すごく魅力的。

・1LDK(2DKみたいなもん)
・新築!
・デザイナーズマンション
・希望地域バチコン
・当然洋室のみ

「ここに決めます」

実際に部屋すら見ずに即決。

担当さん、どこかへ電話。

「どうもー、○○ですが、△△って入れますよね?
 え?あ、そうなんですか?おばあちゃんが!?昨日!?
 逆に空いてるのってそこだけだったですよね?」

なんかものすごく胸騒ぎするのはきのせいだろうか。

電話を終え、戻ってくる。

「大体、解ったんですが、無理っぽいんですよね」

「逆にですね、この一つだけ空いてる部屋は昨日
 ウチの系列の会社からあるおばあちゃんが決めようと
 考えてるらしいんですよ。
 で、ですね、入るのは来年の一月からってことに
 おばあちゃんがしたいらしくて、それで
 揉めてるらしいんですよ」

「え?おばあちゃんが!?それって
 自分みたいに部屋探しに困って
 ここで決めようとしてるとか・・・
 だったらおばあちゃんに決めてあげてください」

ここでこんなセリフが出てくるとは自分でも
思わなかった・・・。この偽善者がっ!?←自分でツッコミ中

「あ、そうですか。でもなんかあと半年先までに
 決めればいいそうなので、時間には余裕あるみたいですが・・・」

「えと、だったら、おばあちゃんがいらないって言ったら
 自分に回してください。自分はそれでいいですので」

「ではですね、一応、ここ希望ということで、逆に
 審査の書類とか書いてもらってもいいでしょうか?」

「はい。お願いします。自分今日、通帳とか持ってますけど
 コピーとか取られますか?」

「あ、お詳しいですね(笑)ではコピー取らせてください」

「通帳、3つ持ってきたんで、すきなの選んでください」

とりあえず、一番多く入ってるヤツから見せてみる。

「あー、これはダメですね、金額の出入金の額がデカすぎます
 もっと安定してるのとか無いですか?」

そこで、今入ってるアパート用に時々入金して
あとは放置してた通帳を見せてみる。

「あー、これっ、これいいですねー、これにしましょう」

「これがいいって決め手は何でしょうか?
 今後の参考に教えていただきたい
 んですけど、よろしいでしょうか?」

「逆にですねー、大体家賃の半年分程度以上のお金
 安定して入ってるのがいいんですよね」

「なるほど、額の大きさよりもそっちのが大事だと」

「えぇ、大きなお金動かしてると、そういうお金の
 使い方する人だってなってしまいますから。
 たとえば、最初見せていただいた方は、今は
 ○○○万入ってますが、10万程度だった時とかも
 履歴で見ることができますよね。それだとちょっと厳しいかも?
 といった具合ですね。安定してって所が大事なんです」

「大変参考になりました。この通帳100万ほどなんですけど
 問題は無いってことですね?」

「あ、はい。これなら多分イケますよ。これで審査通してみます。
 希望のマンションにおばあちゃんが入るにしても
 審査の連絡は来るようになってますので、お願いします。
 これが通ったら、他のもこの保障会社なら今後大丈夫
 ってなりますので、その形で話を進めていきましょう」

「はい、解りました。確認なんですが、
 保障会社に間に入ってもらって保障していただく。
 その会社が保証人代わりなので、他に保証人は
 必要ないといった解釈
でよろしいですか?」

*肉親とか働いてる社長とかの保障ナシで自分だけでOKですか?
ってこと


「そのとおりです、保障会社も管理物件によって違いますので
 審査のぬるい保障会社とそうでない保障会社があるんですよ。
 逆にですね、この保障会社は一番通りやすくて
 ここがダメなら他はまず無理だと考えてもらっても
 差し支えないくらいです」

「そうですか。ここでダメだったら・・・」

「あはは、まず大丈夫ですよ。ここはぬるいですから」

「それではお願いします。今日は本当にお世話になりました」

ぬるい

オレはあんま使わないけど
パチ屋以外でもぬるいとかいう言葉が飛び交うなんて・・・。
この審査が大丈夫なのを祈ろう。

あとは待つだけだ。神様っ!←ダブルチャレンジ風に


次回第四章予告!
「審査の電話かかってくる」
「他の不動産紹介会社も回ってみる」
「結局は信頼関係」


いよいよ最終局面へ!引越し先決定は目前!?な方応援ヨロシク。
人気ブログランキング!
←スロハイTOP ←ブログTOP

引っ越したいぱちぷーさんたちへ・・・

オレみたいに保証人ナシで部屋を借りたい場合
通帳のコピーは絶対に取られるので、引っ越すつもりなら
半年くらい前から100万程度入金して放置しておいて
その通帳を審査用の通帳にするといいですよ。
ぱちぷーさんは金持ってるからそれ位簡単なはず。
準備として、これやっておくと吉です。

あ、あとですね、希望があれば、
審査に使った通帳の写メ載せます。
冷やかしでなく、本当に引っ越したいけど、どんななら
大丈夫なのか知りたい人がいたら・・・ですが。
他の意味で勘違いされるのはイヤなので