ども、イノキが面白すぎて
イノキのモノマネをしまくっている


ことは特にないまちゃあきです。
↑じゃあなんで書いた?


それでは今回も行ってみましょうー


■ イマドキの勝ち方


数年前からですが、最近特に顕著になってきたのが
一般の方の「カチカチ君」いわゆる「小役カウンター」


の使用ですね。台の上に置いてみなさん
堂々と使っておられます。


機種のスペックは知っていて当たり前。
小役を数えるのも当たり前。


これにより、立ち回り普通レベルの底上げ


は確実に上がっています。
数えてりゃ勝てるってのはもう無くなったわけです。


そこに立ち回りの差が無くなってしまった
のだから当然です。


でもパチスロってのは「普通」では負け組
なんですよね、残念ながら。


どっかで「普通」と差をつけなきゃいけません。


店選び


台選び


イベント選び


ハマリ台狙い有効機種のゴーライン


などなど。だいたい差をつけるとしたらこの辺でしょう。
自分にあったものを見つけるのが良いと思われます。


■ 今打ってる台


最近ハマリ台狙いで一番打ってるのが


鬼武者


です。等価、または貯玉使用で700あたりから
ゴーでいいでしょう。


この鬼武者。ある店ではデータ機器が新しくなって
ラッシュでもリセットされるようになっている所


なんかもあったります。


途中にARTをはさんでも天井は有効なので
履歴で前回ARTの台を探して逆算してハマリ台を
狙ったりできるチャンスが大きく上がったりしています。


続けてよく打つのがイノキ。


コイツは一発プレミアムデカイ系の機種
なので、天井狙いも


プレミアムを引くためのプレイ数を増やす布石


みたいな考え方でいいと思います。


天井中の台とかもちょいちょい落ちてるので
機械割の底上げとして打って行けば


いつかは・・・


みたいなチャンス待ちになります。
たまーに第3天井でナビ3発ゲット


みたいなおいしい目を見ることもできる
かもしれませんし。


普通に打ってたらエライことになってます。
主に負け額が。


天井搭載機種がある以上、これ狙いの勝ち方は
基本不変でいつでも通用するので


いろんな機種を打って経験を積んで
次の機種に備えられるといいですね。


この2機種を打ってたら安心


というレベルの台ではないですが、立ち回りに組み込めば
収支に好影響を与えてくれるのは間違いないでしょう。


ではまた次回!
続き