バジリスク絆高モード狙いデータ

スロハイでは高モード狙いの立ち回りのことを「山菜摘み」と命名。著作権は放棄しますのでお気に召せばご自由にお使いください。山菜摘みの命名経緯など
2014-04-21-14-42-35
当たるまでは見た目カウンターでカウント、当たったら自分が通常時回した実回転数でカウント(記録)して初当たり確率を出す。

自分の現場でその日その時その店での割が高くなるように考えて立ち回って打っているので状況で立ち回りは変化、同じようにやっても他の人が似た結果が出るとは限らないので注意。

勝てなくなったら止める予定。AT継続率解析見た4/28から見切り早め、5/7にバジリスクタイム後モード移行確率解析判明、立ち回り修正。データの高モード判別等にはスロマガスマホ解析数値や解析液晶演出を使用。ただし白かんざしハズレは誤表記で正しくは豪華白かんざしハズレが高モード示唆と思われる。

バジリスク絆高モード狙い山菜摘みデータ

BT/BC/通常時回転数
ノーマル
49/108/16523 
タイム後
24/67/9562
据え変不明
66/175/22500

通常時トータル
BT/BC/通常時回転数 
139/350/48585

BT1/349.53 確率分母6良化 設定3-4-5あたり
BC1/138.81 確率分母5良化 設定2あたり 

赤青比率
230:279
45%:55%

感想

BCを積極的に取りにいく姿勢が結果に現れた。BC後に高確率確定なら25Gはきっちり回す方針にしたのが効いてる。設定変更を読み間違えて3000GでBT2回のデータが新たに入りつつの良化なので自分的には満足。

BCの赤青比率はそこまであてにしないけど赤が多いより青が多いほうが設定3を打ってる可能性があがってるということなのでこれもいい。1:1よりも初当たり確率が悪くてもいい言い訳になる、程度だがw

あとは結果出すべき時にきっちり出てくれたらなんとか戦える形にはなってきたかといったところ。立ち回りを考えて打って初当たり確率あがってきてるのでやみくもにモード判別して打つのはやはり厳しそう。 

結局一番必要なのはいい店いい台を見極めるチカラ・・・か。