沖ドキデータのみでの考察。

現在、沖ドキのモードB狙いとしてデータを取り始めてから最高地点の+5万枚を突破した後は負けが多く、そこからの差枚数は78台で-13199枚。

-264000円。

1台あたり-169枚、3384円のマイナスを叩いていることになる。

結果、沖ドキ今までで自己最低の下ブレ-23万円を突破してきた。しかもまだ現在進行形で更新していく可能性もかなりあるマイナスだ。この可能性は+5万枚を再び突破するまで存在し続ける。

沖ドキのみ機種収支で、5月から9月の今まで5か月連続マイナス中。ちなみに5月はGW後沖ドキの全リセ環境が終わったというタイミングでもある。その前の月である4月は沖ドキのみで+2万枚超。そこに凱旋リセットも割って入って来ていたのでかなりのバブル環境だった。環境悪化判断後そこから4か月で沖ドキは50台しか打ってなく、メインから外れているのは自己判断でそこに不満はない。その前の4か月はメイン機種として約5倍の250台ほど消化してる。

不調になったのか、平均設定が落ちたのか、立ち回り精度が下がったのか。もしくはその全てか。

頻度を減らしたのがいけないのか、もしくはそれが成功しているのか。

凱旋やエヴァ槍が忙しくて台数は打ててないけど打つ場合は結構選んでいるつもりでこの結果。

ついにはゴッド凱旋に今年の機種別総収支を抜かされてしまった。

沖ドキ2015年機種別収支首位陥落。そして迫るエヴァ槍。

上位三つ巴の2015年結果はどうなる?

ちなみに4位以降はハナビ、金太郎、バジリスク絆、鉄拳3と続く。どれも2015年僕の稼動のメインを一時張っていた機種達だ。2015年の話なのに結構昔に感じるもんだね。

で、肝心な今後の方針だけど、「変更なし」で行く。今までと変わらず打ちたい、打てると判断した台を躊躇なく打っていく。台あたり+50枚切って来たら考え直す機会を設けようか。

前は沖ドキ-23万円で最低収支更新って書いたらフリーズして一撃最高の8000枚出たから今度は一撃万枚出ちゃうかな(どんだけポジティブー)
2015-07-13-18-35-18
カナちゃんそろそろ振り向いてよね。

僕レベルの立ち回りだとこれくらい負けて、これ位展開荒れるってのの参考にどうぞ。

★沖ドキ全立ち回り総差枚数
+36822枚 
◆試行台数 382
+96枚/1台(初当アリのみ、初当無し止め移動でも収支にはカウント)
◆32G内天国モード連チャン突入率(スイカ弱チェリー1G連除外)
223/463 連チャン突入率48%

◆沖ドキ立ち回り記録
・自己最高連チャン回数 48
2/6 スイカフリーズから
・1日最高差枚数 +8373枚(2台
2/6 スイカフリーズ48連
・1日最低差枚数 -4381枚(3台
2/2 2500回転ボーナス計6回
・天井到達11
・最高連続スルー単発8(5/18〜5/26にかけて)
・ロングフリーズ8(中段チェリー2、ハズレ目2、スイカ3、確定チェリー)

7/3 +700枚
7/13 +427枚
7/14 -2087枚
7/29 -329枚 
7/30 -1677枚
7/31 +117枚
8/3 -582枚
8/5 -100枚
8/6 -1178枚
8/8 +1725枚
8/18 -1030枚
8/19 +1310枚
8/20 -521枚
8/28 -2枚
8/31 -472枚
9/7 +180枚
9/10 -84枚
9/14 -880枚
9/15 -125枚
9/16 -431枚
9/20 -729枚 
計-5768枚データ追加