2016-02-29-03-23-44
G20後でおとなしい窓、決めうちは難しい相場になりそう。

あの日G20参加者に書いた手紙が何遍も関西弁に意訳されていることをFSBマーク・カーニー議長はまだ知らない(4ヶ月ぶり5回目)
お得意の問題先送りってやつやで。

G20後の反応は好悪入り乱れどうなっていくのかは日を追っていかないと判断できない。どちらに動いたとしても初動だけでついていく判断では危険に思う。当面のレンジが見えるまではやりにくい。

アメリカの雇用統計、原油に、中国、イギリスのEU離脱論盛り上がりと相場を動かす要因には事欠かない週になる。雇用統計の次、3/10ECBに注目。前はポンドが投票結果発表前からすごいことになってたけど今回はどうなるか。

日本政府がビットコインを貨幣に認定 為替両替・海外送金が無料になる日
行きつく先は世界共通通貨、生きているうちに実現する可能性は未知数。

そしてアメリカ大統領選。

どっちが勝っても日本は絶望。米大統領選「トランプ対ヒラリー」の悲劇

「米軍はトランプ大統領の命令拒否できる」元CIA長官

トランプ氏が大統領になったら、その後の展開がどうであれ、明確な金利目的の資産以外の値幅狙いはいったん手じまいし流動的金融資産ほぼ処分現金化するつもり。そこが「0」としてはじめようと思う。書いてある通りリップサービスはあるかもしれないけど日本嫌いみたいだし。むしろアメリカ国民以外の全方位に喧嘩売ってるようにすら見える。

為替は売りから平気で入るけど株は短期以外は売りからなかなか入れないんだよね。一応FP的には経済は成長し続けるっていう根底での部分に従っている節があるし。為替はゼロサム、株はゼロサムじゃないっていう認識。それもいつ壊れるかわかったもんじゃないっていうね。

*ゼロサム
一方の利益が他方の損失になること。

今週もマイペースで楽しく生きましょう。