今月から新積立体制に移行。新規には毎月5000円積み立て(積立可能である最低額、積み立て振り分けは今までと同じ)で、今まで運用してきているイデコ内の現金から新規に毎月67000円分の金融商品を買い付ける。

買い付けを行う日付は毎月1日。忙しいとうっかり忘れてしまいそうだからこれなら忘れなくてよいだろう。数日遅れる可能性あり(忘れる可能性を早くも示唆w)

長期運用なんてこのくらいのんびり構えてやっていけばいいと思う。

内訳は今までと同じ。

運用商品は

運用商品名

スルガ確定拠出年金スーパー定期(1年)
DCニッセイ日経225インデックスファンドA
DCニッセイJ−REITインデックスファンドA
三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド)
EXE−i 新興国株式ファンド
DCニッセイ外国株式インデックス
三井住友・DC外国債券インデックスファンド
ひふみ年金

この中から待機しているイデコ内現金67000円を振り分ける。過去の振り分けと同じだが、現在のまとめ。

67000円振り分け

  • DCニッセイ日経225インデックスファンドA 22% 14740円
  • DCニッセイJ−REITインデックスファンドA 10% 6700円
  • 三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド) 10% 6700円
  • EXE−i 新興国株式ファンド 6% 4020円
  • DCニッセイ外国株式インデックス 25% 16750円
  • 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 17% 11390円
  • ひふみ年金 10% 6700円
計100% 67000円

こんな感じ
2017-08-01-07-58-31
今後、自分の考えの変化と相場模様によって振り分けを変更する場合アリ。

積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在MIN5000円拠出に加えてイデコ内預金から約67000円金融商品購入中。

iDeCo内資産
2017-08-01-07-06-49
資産残高 4,400,110円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 3,685,000円
内訳 掛金 3,685,000円
移換金 0円

損益 715,110円
損益率 19.4%
2017-08-01-07-07-12
新規積立現金の5000円の振り分け。毎月1日に手動で行う67000円の購入振り分けと同率。



僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得。口座作るなら、ハピタス経由で、現在SBI証券口座開設4000円キャッシュバックキャンペーン中(この案件はほぼノーリスクだけどルール熟読必須)

サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきてていい感じ。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任。

ハピタス会員登録

サービスでためる

PC:銀行、証券
スマホ:保険・ローン・資産運用→証券

SBI証券(4000ptの方)

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思う。好きなところ買えばいい。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいにこちょこちょ動かすみたいなことも面倒だし時間はかかるができる。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられる。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないこと。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることは無い。老後資産を作ることを目的としたシステムのため。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思う(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えて。…いないか)