トップ記事追加---ここから

この記事を書いた後、元本保証商品の金利見てたらスルガ確定拠出年金スーパー定期(1年)よりも あおぞらDC定期(1年、新商品) の方が金利が良かったの思い出してスイッチングに追加。今年4月からあったらしいけどしばらく気が付かなかったw

スルガ全額売却、全額あおぞらにスイッチング、一番上の最新スイッチング画像参照。
image
貰える金利0.01%から0.02%の金融商品に変更。イデコだとこういうの手間もほぼなく手数料なし(この商品の場合)だから躊躇なくできる。これやってもしょせん元本保証の銀行みたいなもんだから年間数百円しか変わらないけどねw気が付いたり、はっと思い出した時のチャンスにやるが吉。

あ、あと401kの元本保証の商品でも銀行扱いのやつはペイオフ対象だから、他に同一金融機関の口座ある人は注意。スルガならスルガで1000万円まではペイオフ対象。小金持ちは401kとリアル口座考えて他口座分散。

銀行じゃないその他の金融商品は大丈夫。

401kペイオフ関連記事

-----ここまで

世間では仮想通貨が大流行でいつやるの?今でしょ!(古)的な感じになっているが、投機やギャンブルで一気に一財産作りたい人(ハイリスクハイリターンを覚悟できる人)はやったらいいし、そうでない守備的にコツコツ行きたい人はイデコとかNISAとか政府公認のヤツやったらいいと思う。一つ言えるのは初心者向けは間違いなく後者。FXから入って、なんだかんだで今もFX比重多めの僕が言えたもんじゃないがw

どちらもメリットデメリットがあり、それぞれ自分に合った投資方法を考えていくべきで、これからはその力をつけていくことが必要。

さて、今月のiDeCoは方針に変更なしでのんびり。…のんびりしすぎて今10月2日。毎月1日にやることにしているのに予想通りというかイデコの運用指図スイッチング忘れてたwまぁゆっくり行けばいいよ。


積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在MIN5000円拠出に加えてイデコ内預金から約67000円金融商品購入中。
iDeCo内資産
image
資産残高 4,435,224円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 3,695,000円
内訳 掛金 3,695,000円
移換金 0円

損益 740,224円
損益率 20.0%

新規積立現金の5000円の振り分けは毎月1日に手動で行う67000円の購入振り分けと同率。

運用商品名 
スルガ確定拠出年金スーパー定期(1年)
DCニッセイ日経225インデックスファンドA
DCニッセイJ−REITインデックスファンドA
三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド)
EXE−i 新興国株式ファンド
DCニッセイ外国株式インデックス
三井住友・DC外国債券インデックスファンド
ひふみ年金

67000円振り分け

  • DCニッセイ日経225インデックスファンドA 22% 14740円
  • DCニッセイJ−REITインデックスファンドA 10% 6700円
  • 三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド) 10% 6700円
  • EXE−i 新興国株式ファンド 6% 4020円
  • DCニッセイ外国株式インデックス 25% 16750円
  • 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 17% 11390円
  • ひふみ年金 10% 6700円
計100% 67000円

*写メ追加、手動でスイッチングした67000円はSBI、スマホ(iphoneSE)こんな感じに表示される。
image
忘れてたスイッチングを今やったw

僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得。口座作るなら、ハピタス経由で、現在SBI証券口座開設4000円キャッシュバックキャンペーン中(この案件はほぼノーリスクだけどルール熟読必須)

サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきてていい感じ。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任。

ハピタス会員登録

サービスでためる

PC:銀行、証券
スマホ:保険・ローン・資産運用→証券

SBI証券(4000ptの方)

*ポイント対象外でSBIイデコあるけどこっちだと4000円もらえないので注意。4000円ゲットのためにはSBI証券で口座作ってその中のサービスの一環のイデコも一緒に口座作るってイメージでOK。なんならついでにNISA口座も作っておくと良いかもしれない。

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

あんまりやる気無くても毎月5000円ずつ、おススメ。もし後に本気でやることになったらこの5000円が生きてくる。

受け取り時に控除対象となるのが勤続年数で決まるため。勤続年数とは401kで言うと積み立てた年数。

勤続年数多ければ多いほどメリットがある。年間70万円の控除対象差額。先を考える人、老後対策お早めに。