絆立ち回りデータ12/12からBTまでのBC回数「1-3-1-1-3-1-1-2-3-2(10回目)-2-1-2-3-1-2-1-4-1-1(20回目)-2-1-6-4-3-1-2-2-2-7」6スルー(7ヒット)したのでデータ取り終了。

立ち回りルールは何でもあり。勝てると思った台を打つ。

BC間ハマり、BCスルー回数、設定変更高確率兼高モード読み&4スルー以上モード読みチョロ打ちなど。

バジリスク絆の立ち回りのみ差枚数公開

12月12〜12/31までの公開差枚数 -3142枚
1月 6スルーした時点での差枚数 +228枚(最後半月7回目で当たった分は含まず)

計 -2914枚

結構負けたな。

適当に立ち回りデータ分析。

6スルーするまでのデータを公開ってことでやってて、丁度初当たり30回目でストップ。

BTまでの平均BC回数は2.2回(最後7回目でヒット時点、最後の当たりは収支には含めない)

これを全台設定1として初当たり確率を出すと

実際はこれよりよくなるはずだけど通常時設定1BC合成解析値1/139.4を使用。

139.4*2.2

=306.68

BT初当たり確率は

1/306.68

となる。この初当たり確率は設定4並なので理論上勝てそうな立ち回りだったと判断できそう。

連チャンしなかったのが全台設定2のせいだったと仮定してみると

138.7*2.2

=305.14

BT初当たり確率は

1/305.14

となる。上とほぼ変わらずこの初当たり確率は設定4並なので、やっぱり理論上勝てそうな立ち回りだったと判断できそう。

偶数奇数設定で勝ち負けが逆転するほどのものではない。自分の立ち回りトータルで低め見積もりの機械割大体105%はありそうだと皮算用しても良さそうだ。

設定変更高確率とかで即BCとか多いので実際はもっと上だと個人的には判断している。

ただ、最近設定変更後変則押し消化でペナルティ入れて回す店が出てきたのでその分の機械割低下は否めない。これについては今後煮詰めていく予定。

これが約1か月分のデータ。

環境によって打つ台数や時間は大きく変わるけど、大体同じスタンスで去年絆の機種収支で負け越した。一方一昨年はミリゴ凱旋を余裕で抑えて勝ち頭だった。

自分の立ち回りで1か月単位どころでなく、年単位でもこれだけのブレがあるってのがわかったのが収穫。できれば悪い方向へのことは知りたくなかったが仕方ない。今回の検証ではバジリスクタイム初当たり1回取るたびに約-2000円の立ち回りだった。これが現実だ。

これらをふまえた結論として、反省点は特になし。

ただし環境変化、ペナルティ仕込みの店については考えて行かないといけない。

この辺は立ち回りで実践検証。
2017-12-15-10-18-21
レア演出や挙動を求めて…まだまだ絆、行くよ!
不動産 【実践大家コラム】シェアハウスの30年保証を信じたばかりに

かなり前からだけどシェアハウスだけではなく、アパートの一括借り上げも問題になっている。お金を動かす時は自分にとって利益になっているか、冷静に考える必要がある。

ビットコイン 購入とビットコイン送信受信決済を2回ずつして利益確保。そして出金チェック。これで出金が滞りなく済めば、やりたいことは一通りこなせたことになる。