聖闘士星矢海皇覚醒の設定変更台は勝てると言われているが運の要素でのブレ幅がかなり大きい。個人的感触としては凱旋以上。

最初打ち始めの振り分けでダメな所を打つと期待値も大きくマイナスだ。逆にイイ所を打つと、それを補って余りあるリターンのある台になる。

まずは1回当ててからだ。

早めに当たったGBはレベル2の継続率60%。続行理由に届かない。3戦勝ったらARTラッシュ突入の1戦目突破で不屈確認もできない。これでラッシュ取れなかったらそこでこの台は負け終了だ。

*1戦目で負けると不屈示唆演出(ラッシュ強制突入の天井が近いかどうか)を見ることが出来る。これも設定変更でいいところが選ばれる可能性がそれなりにある。

あぁ今回はダメか。

止める覚悟をしながら迎えた勝負の3戦目(勝ったらラッシュ確定)バトル開始画面キグナス氷河登場で期待度大幅アップ。

行った!

右手側に座っていたKM君は僕の右腕を軽く小突いて僕よりも喜ぶ。

君まだハマってるじゃないか。

僕はKM君が初当たりまだなので素直に喜ぶことは出来ず無言で頷いた。

このラッシュが結構続いて一撃3000枚オーバー。その間にKM君は貯まった不屈を解放してラッシュショボく即終了、負けて隣の台を止めていた。

自分は運良く勝てた。さて、止めるか。

あ、ラッシュ終了後の前兆が強い。小宇宙チャージじゃなく即前兆だ。当たりかガセか。さぁどっち?

スカった。

これ、どうなんだ?

低設定オンリーならまだしも今は高設定期待もできる状態。判断が難しいところ。僕はKM君を探していた。

ディスクアップを打っていたKM君を見つけ、状況を説明する。

「結構出ているし、まだ1回も不屈示唆見ていないし、設定も期待できる。今回のレアケースは気がすむまで打った方が良いと思いますよ」

「次、当たるまで?」

「いや、そこまでは」

100G前兆無し、運命の200Gちょうど。

ボゴンッ!!!

液晶画面下から光が走るエフェクトが発生した。

前兆の出方でモードが推測できる。

準備モード以上だ。準備なら次回スペシャルモード確定。低設定だとプレミアムレベルのモード移行だ。

200Gの前兆が走り始めた1G目のエフェクトを見て僕は席を立ち、KM君がいつも飲んでいるブラックコーヒーを買ってKM君に差し出した。

「準備以上ほぼ確定しました。ありがとうございます。奢り返しとかはしなくていいのでコレどうぞ」

奢ったのは今回が初めてでズルズル奢り奢られというのもアレだったので予防線張っておいた。僕なりの感謝と気遣いのつもりだったが伝わったかはわからない。

「準備ですね。ヤメてたら損でしたからやって良かったですね」

報告が終わり席に戻って打ち始めるとKM君がディスクアップ打ってた手を止めてまで言いたい事があったっぽくわざわざ僕のところまで来て、さっき言い忘れたみたいな重々しい雰囲気、低く小さい声で伝えて来た。

「ブン回した方がいいですよ」

「そんな?ですかぁ?」

いくら準備からSPモードが確定しているとは言え、まだ日が高い。僕は冗談だろうという反応で声高に笑って返した。


止める選択肢もあったギリギリのところで掴んだ準備モードではあったが、ここから止めるタイミング無く次回当たりでほぼラッシュに突入となる不屈49ポイントで捨てることになる。閉店直前までヤメラレナイコースになるとは、聖闘士星矢海皇覚醒経験の浅い僕にはとても予想出来なかった。
IMG_9061
3に続く。

次回は月初め恒例のiDeCo運用記事。

こういう感じのブログ記事が多少好みの方はサクラ攻略記事でも読んでいただけたら。