前回からの続き



次のラッシュ当選まで80%の継続率が落ちない状態で3スルーした。ラッシュの最後はバトルで終わってその継続率からスタートするので都合4連続80%継続を通せなかった事になる。

「ブン回した方がいいですよ」

「そんな、ですかぁ?」

打っている間に設定変更恩恵で不屈がある程度タマってるところから始まっていたらしく不屈高ポイント示唆も出始めた。脳内で不屈ポイントを数える。

閉店までラッシュ取れなかったら、最悪思ったよりもショボい勝ちになる。これを想像した時は血の気が引いた。

不屈48ポイント、5回目の80%継続の挑戦でなんとかラッシュゲット。GB自体1回しか最大天井の1000まで行かなかったし、流石にそこまでヒキ弱ではなかった。

継続率のラッシュが取れなかった場合には不屈解放の恩恵が取れる保険も付いてきたので途中から安堵していた。

悪い方ではあるが最悪ではなかった。

次のラッシュで不屈解放のラッシュ初当たり追加だ。

などと考えながら打っていたら80%継続で通したラッシュがめちゃくちゃ続いて夜10時になってしまった。
IMG_9067
最後のバトルで初戦負けて不屈1ポイント追加の49ポイント。50ポイント後の当たりは問答無用でラッシュ確定だが明日は100%設定変更で据え置きは狙えない。でも消化に時間がかかるこの台で、閉店まで差し迫ったここからはもう追えない。止めるのが正解だ。

総回転数は閉店まで1時間を切ったところで10000回転を超えていた。

1日単位としては、この台の最大値まで取りきれたはず。KM君が指のジグザグスランプグラフで示した頂点、そこで終われたはずだ。

ブン回してよかった。

後悔は無い。

そう思った。

「頑張りましたね。SPモードです?明日もきますか?」

止めようと準備していると、いきなり矢継ぎ早に質問された。

最近朝からよく来るSD君(星矢大好き)だ。

「そうですね。明日は今日疲れちゃったんでわからないです」

SD君星矢全台設定変更わかっていても下見来るんだ。真面目なんだ。

「朝から来る人(多分KM君)とよく喋ってますよね。明日来るつもりなんでお願いします」

SD君と喋るの初めてなのに、更に続けて喋りかけられた。声をかけたかったんだろうな、なんとなくそう思った。

そして、なんでよろしくお願いしますって許可性みたいに(笑)

突然の事でびっくりした。

同時に、僕は学生当時のパチスロ生活を思い出していた。

なぜかお互いの私生活全く知らないのに、いつも夜明け前から一緒に開店待ちしたあの人達。

なぜか参加していた、パチスロの知り合いが運営するサークルでの河原のバーベキュー。

ブログで特定されて一緒に打つようになったあの人。

パチスロ経由だけで知り合った人達、もっともっといっぱいいる。

楽しかったな。

どの人達も一癖あったがいい人ばかりだった。正直とてつもなく嫌な思いをした事は一度も無い。

パチンコ屋は僕含めてロクでも無いヤツばかりだから喋るのはリスク。

孤独である事こそパチスロと向き合うという事。

いつからこんな風に思うようになったんだろう。

いつからかはわからないが、つい最近まではそう考えていた。

大人になったのか、守備的になったのか、心を閉ざしたのか。

全部正解なのかもしれない。

「明日来るつもりなんで、、、」

「全然大丈夫ですよ。気にしないで」

僕はパチスロ自体が持つ楽しみを一つ自ら捨て去っていたのかもしれない。

「おはようございます」

「あ、おはようございます」

リスクだなんだと、ややこしい事言ってパチンコ屋で孤独になっていく自分を正当化したかっただけなのではないか。

「この前の準備からSPどうでした?」

「あれ夜の10時まで引っ張られちゃいましたよ」

片意地はらず気楽に行けばいい。

「じゃあめっちゃ勝ったんじゃ、万枚?」

「万枚までは行かなかったですけど、おかげさまで」

前よりもパチスロが楽しくなった。

「やったじゃないですか。今日も頑張りましょう」

「ですね」

さあ開店だ。

終。


ビットコイン相場 残念利食いの逆指値ヒット。ショボ勝ちと言っても円換算6万円幅抜けたら良い方と前向きに。

ワンチャン40万円幅以上勝てるかと思ったけど100万割らなかったのなら上がってきての逆指値以外で利食うつもりすらなかったので仕方がない。

そしてまた上がってきたところで売りなおしたw次はもう出口までの細かい説明がめんどくなったのでビットコインの話は気が向いた時にする。相場なんて自己責任の範囲で、勝とうが負けようが好き勝手にやったらいいと思うので、好き勝手にやって勝ったり負けたりすることにする(いつも通り)