韓国ウォン売り寄り人によるポジショントークと韓国ニュースまとめ。最終判断はご自分で

韓国ウォンが買われて、ウォンが上がって自分に不利な展開になってきたので、一度チャート見てまとめる。

今回は国際情勢とかそういうの抜きでチャートだけで考える。自分は国際情勢込み総合判断でウォン売ってるけど、どうしても偏ってきてしまう。

そんな場合、特に自分にとってマイナスの動きをしている時に、第三者目線で見るためにチャートは役立つこともある。

ウォン円週足チャート
IMG_9485
下落トレンドの戻り売り有利。さらに期間を延ばす。
IMG_9478
水平線底値手前で耐えて反発の形。

ウォン円日足チャート。
IMG_9479
トレンド転換なら初動の兆し。青色の遅行線が反転し、その線が価格の上を保ったまま雲も抜けると日足トレンド転換本格意識。上昇トレンド転換なら揉んでいる9.2あたり到達、上抜けするかどうか。

自分に有利な下げた場合のポイントは特に考える段階ではない。

クラッシュ狙っているので。その時が来たら、瞬間はチャート無意味になる。その後少しずつチャートも意識される展開になっていく。

中長期視点ならば、ここから一段上がったところはトレンドフォロー新規買いしたり、建玉レートが不利な状況での売り玉持ちなら損切りorポジション減少するのを考えるポイントの一つ。

自分都合で考えると、最終準備の平常運転待ち用の売り玉(8.4割れ)が発動する前の反転といった感じ。今この時に追撃で売るとかは考えていない。一旦、欲張りのおおきな下げがあったら全部取りたい待ち用のポジション減らすかどうか考えるべき時かな?という状態。クラッシュ待ちでクラッシュ前に大損なんて笑えない。もちろんそうならないようにポジションメイクしてはいるが。


ウォンはクロス円マイナー通貨であり、ドル円の影響を強く受けることが多い。

見てもいなかった通貨なので、ずっと見ていると中国との連動も大きい。輸出入で中国依存度が高いので考えたらわかること。考えてもいなかったのでこれまでわからなかっただけ。

韓国株総合指数を売って、ウォン安だと日本円単位では戦えないと知り、即損切りしてウォン売りに移行。追撃売りしちゃったのでマイナス転落でも放置中。

そして今に至る。

国際情勢抜きでチャートだけで見るとまだ売り有利だけど反転の目も見えてきている状態。

ウォン頑張ってると認めたら損切りする。

クラッシュ狙いなら仕切り直しても大丈夫。


ドルウォン、ウォン円日足チャート。
コメント 2019-09-07 185845