スロボツ写メ放出。
IMG_0848
設定変更超高確率からBIG、BIG後開幕赤背景示唆で機械割110%超。
IMG_0855
宴会ステージで放置されてる台打ったらカチューシャ出てきた。しかも偉い方でパンツァーアタック継続アリ。
IMG_0850
強気の天井狙いでチャンス目から+300枚乗せ。

写真だけだと調子よさそうに見えるけどそうでも無いw

去年70台くらい打って負け越した凱旋設定変更後天井狙いは令和2年になった今年も相変わらず負け続けているし、その他合わせた天井狙いの期待値欠損は今月だけでも既に10万円超えた。欠損した分は返ってこない。ただ、次の1回がつながって行って未来があるだけ。

勝ってるから、負けているから、今までの履歴は全く関係ない。

パチスロ勝ちたいなら次の一手をどうするかだけ。負けてもいいなら、どっから見てもどうでもいいから好きに打てばいい。そういう人のが多いのだからそれが普通だ。気にする必要は無い。

自分のココロのコントロールが上手くなることが肝要だ。楽しいキモチ、悲しいキモチ、それも踏まえてわかって打ててればどうであれ問題ない。

お金は人の気持ちを変える。それを利用しようとする人たちもいる。

ネット歴長いおっさんも納得。相当承認欲求が強い人を除いての多くのケースが該当する。腕時計や車、やたらと金持ちアピールをネット上で行う人はなんらかの理由がある。札束とかひと昔のパチスロ雑誌の詐欺っぽいのを自らアピールする広告レベル。積み上げる札束を時間制で貸し出す業者もあるんだってさ。

やってる側からすると、こういった集客すべきスキル以外の部分(主にカネ)に釣られる人を選別しているのがツイッターなどのSNSだと思うと理解しやすい。そういった人から搾取するのもカネだろう。見た人が求める見返りと同じものを、そのアカウント所持者は見た人に求めている。

最近の例でいうと、ゾゾ元社長のツイッターのあれ、自分の個人情報どうでもいいよって人はいいけれど、そうでない人は自分のアカウントが「カモリスト」に追加される可能性を考慮しないといけない。前回が完全確率でなく、認められ選ばれた者だけが当たる抽選であった以上なんとなくの応募は当たらない可能性が上がる。

投稿者以外が利用することもあるかもしれない。

ネガティブばかりではなんともなのでネット上で嬉しかったこと。島田紳助さんがYouTubeで動画初登場した。

トークの落ち着き様相変わらず。

現実、興味あるわけではないから途中で見るの止めたけど(ただし流しっぱなし)多分、闘病してる夫婦のためだけの思いで出演したんだと思う。聞かなくていいし流しだけでいいから再生して欲しい。

僕も近親者にがん闘病中の人がいるんだよ。日本では2人に一人ががんで死ぬ時代とは言え、頑張る人をノーリスクで応援できるのなら。