ルパンイタリアは北斗天昇の影に隠れているような部分もあるが有利区間継続狙いが非常に有効。

北斗天昇ほどライバルがいない分、通常営業での稼動も悪くなっているという、良い面悪い面が共存している環境。

天昇はゲーム数のカウンター履歴で奇数回は有利区間1セット目、偶数回が2セット目でわかりやすいのだが、ルパンは有利区間区切りのランプを見ていないと立ち回り精度が下がってしまう。

中には他人が打っている台のボーナス終了のタイミングを見計らって上から覗き込むなんていう強心臓の持ち主もいる。トラブルを避ける人にはできない芸当。これもまた才能か。

北斗にしろルパンにしろ、設定1など低設定だと誰かに回してもらってはじめて期待値が発生する台とは違い、設定変更されているのがわかっていたら0Gから打って解析値プラスの台が多数ある。

全リセと把握している店に入店して確実に打てる台が通常営業でいきなりある安心感はなかなか。ライバルがいない限り争いも発生しない平和な世界で立ち回れる。ハマり台狙いもそうだが微妙なタイミングの台の取り合いは自らが引いて譲る方が面倒を避ける意味でも優秀な立ち回りだろう。トラブルになった場合の精神的だったり時間的損失は大きい。モチベーション維持は必要不可欠。それを起こしそうな要因は可能であれば排除したい。


勝てる台を打つ能力があるのなら次をさっさと探すなりした方が良さそうに思えるがどうか。


以前は自分に正当性があるのならトラブル上等だったがパチンコ屋で平穏になりたいと思い始めてから少しずつ変わっていっている。現在進行形で後悔するような事も多々ある。それでもなるべく良い方向に向かって行けたらいいなぁと考えている。



前述した通り、北斗天昇やルパンイタリアよりも今年中の実戦時給が出ている台がある。

今回はそんな中から、自分の実戦で北斗天昇やルパンイタリアよりも時給が2020年令和2年中で結果が出ている機種をブログ記事にしてみようと思う。

試行回数少ない台もあり、かつ現在の自分の実践値であることを踏まえて続読されたし。



6号機限定、ルパンより立ち回り効率(設定変更リセット天井狙い他全て含む)がいい感じになってる台実戦ランキング

1位:サラリーマン金太郎
   時給10k
   主な立ち回り:設定変更台狙い25回転回し
IMG_1037
2位:呪怨再誕AT
   時給11k
   主な立ち回り:設定変更台CZ突入抜けまで
   止め時:ボーナス引いた場合は赤数字カウンター後再びCZ突入まで

3位:ガールズアンドパンツァーG
   時給12k
   主な立ち回り:設定変更後CZ突入判別しCZでなければ1回転ヤメ

自分的に今年、結果が出ている機種がこの3つ。時給や設定変更台狙いだけとかが全てでなく、トータルバランスでの独自実践ランキングとさせていただいた。
IMG_0602

金太郎MAXはハマり台天井狙いも使えて、AT後緑背景や赤背景台もあれば打ち始め早めたり、天国モード狙って打ったりもする。高設定狙い、ライバルが少な目。今のところ総合優勝と思えるほど活躍している台はこの機種となっている。

呪怨再誕は今年はいいけど去年は散々だったので次点とした。ガールズアンドパンツァーGは明確なライバルが出てきたので打つ機会が減る(ついでに減台進行中)3位とした。どの機種も5号機に負けず劣らず勝ちやすい台でもある。

むしろ6号機で始まっている感すらある。




ハマり台だけではなく、設定狙いも自分的にはやりやすいと感じているのでその機会も増えている。

打っている時間で考えるとルパンはやはり抜きんでているが、他にも機種はいっぱいあって、いろいろやれることはある。

立ち回りは自分の好きなようにやればいい、だれも否定する権利はない。相手が求めてもいないのに自分のエゴを他人に押し付けるような人の意見は聞き流せばいい。世の中にはそういった人がたくさんいる。

有益なアドバイスは素直に聞くべきなのでその判断は難しいと感じるときがあるが。

自分の物語は自分で決めたい。