目下世界の安定した経済成長はコロナウイルスと、人類が大きくミスらず対応できるかどうかがカギをにぎっています。

これは世界単位でもそうだし、個人単位でもそうです。個人単位で株式投資やFX、CFDを行っている人の中にはiDeCoの運用を行っている方もいると思います。僕もその一人です。

現在、コロナショックからのパニック相場が小康状態になり一旦の落ち着きが広がりつつあります。ただし、パニック相場が落ち着いてもコロナウイルスが世界から消える訳ではありません。まだ蔓延期の真っ最中で予断を許さない状況であります。今日の夜にも再びパニック相場が起こる可能性もあります。リーマンショック級、世界恐慌の引き金になる可能性も危惧されています。

僕は、今回のコロナショックを見てからのiDeCoの運用方針として、一旦iDeCo内の金融商品を事前に定期預金口座(あおぞら定期)に売却しスイッチングしていたその分をゆっくりと積み立てていくことに決めました。そのリスク管理がどの程度ゆっくりであるかを書こうと思います。

iDeCoは自分の余裕資産の中で積み立て、余裕を持って運用したら良いと思っています。

現在、毎月新規で積み立てているのは5000円です。これは積み立て可能額最低額です。iDeCo内に運用資産の余裕があったとしても、これは続けた方が良いです。なぜなら受け取りの時の税制優遇の恩恵をより多く受けられる可能性があるからです。積み立てが行われた年数で恩恵が多くなります。今すぐに大きくiDeCoを始める予定が無くとも、5000円だけ積み立てておくと後に更にお得になるかもしれません。ゆうちょ銀行から引き落としされて自動積立のこの5000円は日経平均ファンドに全額割り振っています。

運用指図内容

iDeCo口座内に預金として残っているお金(あおぞらDC定期1年)を5万円分売却スイッチングして、DC外国株式インデックスファンドを3万円分と、DCニッセイ225日経平均インデックスファンドAを2万円分を手動スイッチング。毎月1回月初めにおこないます。

手動スイッチングを定期的に行う時は毎月、月初の1日などと決めておくと忘れることもありません。と言いつつも過去数回忘れたことがありますが。iDeCoは数日のズレは気にしなくてもいいと思っています。
IMG_1238

IMG_1239
積立予定期間

積立を予定している期間は完全には決めていないのですが、景気が本当のバブルと思えるほど上向くまでは続けようと思っています。要はどれだけ景気が低迷して、含み損がおおきくなっても、「今の積立を続ける」ということです。

IMG_1236
現在資産残高からの現金待機は、今までの積立と運用で得た利益で約449万円(↓写真)が定期の中にのこっています。景気が大きく上向かないならこれは全部使います。多少の上昇には動じず積み立て続けます。最低でもほとんどの人が好景気だと判断しているであろう時までです。

449万円/5万円1カ月積み立て

89か月分あります。最悪今回のコロナショックからの景気停滞でのリセッションも覚悟しています。7年の余裕を見ています。それも無くなったら、積立額の増額を申請して、新規で55000円積み立てる予定です。

自分的には、将来の世界の経済成長には楽観的です。

これから5Gネット環境が構築され一層の高速化で発展、車の自動運転化、AI化も進んでいきます。良い未来を見ています。だからこそ小さくでも続けて積み立てて行こうと思っています。運用に成功し大きなバブルが来て一旦利益確定した方が良いなと思ったらその時はまた考えます。iDeCoの運用でも相場ならばなんでも、最悪の景気低迷(自分に不利な事象)が来たらどうしたら良いか、を決めておけば慌てることは無いと思います。
IMG_1240
一旦利益確定しておいたため、コロナショックでのダメージは運よくかなり少なく抑えられました。ここからが本番です。iDeCoでの資産運用、着実にやって行こうと考えています。
IMG_1241
SBI証券 iDeCo




積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在新規毎月5000円拠出、全額DCニッセイ日経225インデックスファンドAに積み立て中。毎月の5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度の恩恵が減る可能性がある。

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金401kの愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思う。好きなところ買えばいい。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかるができる。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられる。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないこと。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることは無い。老後資産を作ることを目的としたシステムのため。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思う(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えて。…いないか)