FP2級がiDeCo401kの金融商品運用に挑戦。401kiDeCo個人型確定拠出年金の今月の運用方針と毎月1回投資結果の報告です。

その前に、トランプ大統領会見で上げて、ロケット発射とアメリカ暴動を見て無風だったサンデーダウの月曜日窓開けの結果発表です。
コメント 2020-06-01 070034
下がるのかよ。

もうどっちに動いてもわからないので、あーそっち?くらいの感覚になってきています。自分の資産は動いているのですが、損切りレートは設定したのでもう気にしていても仕方ないです。僕は株価指数を売っているので株価が大きく下がった時だけやれることがある、そんな感じです。

株価だけでなく、全体で見てみます。月曜日、午前7時ちょうどでNYダウCFDが動き始めた時間です。この時間に動いている他の相場でここに載せているのは、米ドル円の為替(FX)、あとはビットコインだけです。
コメント 2020-06-01 070114
CFDが動き始めた瞬間のサンデーダウの下げが気になります。

正直これだと先行指標にもなんにもなっていないような気がします。せめて少しは事前の動きで下攻め見せても良かったように思いますがそうなっていないので今の相場はそれだけ読みにくいということなのかもしれません。

株価指数を売っているくらいなので401k買いたくないです。でも買います。

理由は何度でも書いてますが、時間軸の違いによる大局観が違うためです。

1日単位で動きでわーキャー言いながらトレードするのはとても楽しいですが、iDeCoはそういった類のものではありません。

見るのは最短で数年、あまり気にしないのなら、払い戻しを受けるその日までを見て積み立てるモノだと思います。

僕は暇で日々相場と接することが楽しいのでごちゃごちゃやってはいますが、別にそうでなくて積み立てているだけでも結果論ではプラス収支を出せているはずです。

今後はどうなるかはわかりませんけれど、理論上は、余裕があるのならいつでも積み立て続けた方が良いのがiDeCoです。

他のもっと高効率だったりの明確な投資先があるのならば、まずそちらを優先し残った額でやるのが良いです。

ただし毎月の定期で5000円積み立て以上だけは自動引き落としにして必ずするように。

そんなこんなで結果です。日本株日経平均225インデックスファンドA、外国株式インデックスファンド、両方プラスになりました。

・今月のiDeCoの投資内容と結果

運用商品は

運用商品
・あおぞらDC定期(1年
・DC外国株式インデックスファンド
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA


毎月、手動スイッチングで「あおぞらDC定期」から「DC外国株式インデックスファンド」を3万5000円「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」を2万5000円購入中。
コメント 2020-05-30 223102

積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在新規毎月5000円拠出、全額DCニッセイ日経225インデックスファンドAに積み立て中です。毎月の5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度が減る可能性があります。

積み立てまとめ

毎月
  • DC外国株式インデックスファンド、3万5000円
  • DCニッセイ日経225インデックスファンドA、3万円

積み立て中。


iDeCo内資産(スマホ画面、PC画面キャプチャ)
IMG_1426
IMG_1430
IMG_1429

資産残高 4,675,813円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 3,855,000円
内訳 掛金 3,855,000円
個人型加入者掛金 3,855,000円
中小事業主掛金 0円
移換金 0円

損益 820,813円
損益率 21.3%

僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、2017年5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得。口座作るなら、ハピタス経由で、現在SBI証券口座開設4000円キャッシュバックキャンペーン中(キャッシュバック終了確認)本家から普通に口座開設:SBI証券 iDeCo

SBI証券 iDeCo


サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきてていい感じ。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任。

ネット銀行の口座開設はまだ数社ハピタスキャッシュバックキャンペーンあり(数百円だけど)僕が使っているネット銀行頻度順は

住信SBIネット銀行=ジャパンネットバンク>>>>>>楽天銀行

即時口座反映(数秒レベル)の振り込み入金など便利ネットトレード系では一つは必須。できたら2つ以上。僕は上記3つで回してる。

ハピタス会員登録

検索「銀行」

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思う。好きなところ買えばいい。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかるができる。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられる。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないこと。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることは無い。老後資産を作ることを目的としたシステムのため。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思う(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えて。…いないか)