スロハイ

相場、FX等マネーニュース全般の話。FP2級。

iDeCoイデコ401k

スペイン鎖国コロナショックを受けて現在のiDeCo結果中間報告

日本頑張ってる、みんな頑張ってる。



3/14現在のiDeCoの内容の中間損益報告です。コロナショックから始まった相場大きな変動を繰り返しています。金曜はアメリカの強い経済回復への資本注入による期待感から大きく上がって終了しました。

しかしながら、日曜現在では、「スペインが鎖国」との報がなされ、日曜でもトレードできる環境では大きな売り越しとなっています。更なる経済対策があったとしても、病原のコロナウイルスへの対策にはならないのが難しいところです。

日本はある程度頑張れている状況ではありますが、世界ではイタリアやイランに続けとばかりに厳しい環境で医療崩壊しつつある国もあります。日本だけでなく世界の動向を見ていかないといけません。封じ込めても入ってくるのを防げる段階にはまだありません。

日本と同じような致死率になれば、安堵感が広がっていくと思われますが、それがいつになるのかは全くわかりません。すぐになるか、数か月後になるのか。

ただし、そのうちピークアウトし終息していくのは間違いないと思います。中国など広がるのが早かった国は新規罹患者より回復者がうわまわっているそうです。(もしかしたら中国の隠ぺいの可能性もあるので各自調べてください)

そんな中、iDeCoの状況です。いったん現金化し、そこから積立始めたわけですが、それでも大きなダメージを負っています。
IMG_1289
ほとんど元本確保であることが救いです。自分の手の内はまだまだ可能性があります。いつでも余裕を持って投資に取り組みたいと考えています。もちろん、今回は運が良いのもありました。

現在の投資状況はこうなっています。

あおぞらDC定期(1年)4,497,700円 0円
DCニッセイ日経225インデックスファンドA49,655円 -14,832円
DC外国株式インデックスファンド66,391円 -23,609円

にしても-20%超です。フルにベットしていたら、400万の資金でも同じつみたて内容で金額だけ多かったら-100万円ほど喰らっている計算になります。実際にはそんなにマイナスにはならないですけど、それくらいの大きな下げであるという例です。

今の僕の興味はオリンピックが中止または延期になるかどうかです。そしてそこで相場が下がるかどうかです。

そこから積立始めるのは結構なチャンスになりそうだと考えています。この方針はコロナウイルスが広がり始めた当初から変わりません。

時が来るかどうか、待ちます。

こなければ今のまま、月50000円手動スイッチングと毎月最低の積立額5000円のままです。

コロナ広がり対応モードのまま投資、イデコに向き合っていくだけです。
 
確率で言うと現在起きていることは1600億年に一度のできごとだそうです。

1600億年ってw人類存続すら怪しいレベルじゃないのでしょうか。日経新聞がこんな試算を紹介するなんて。

長期投資に向いている401k商品、iDeCoとは言え1600億年はさすがに考慮しなくて良いと思いますw基本、20〜30年後程度見て、そこでどうするかを20年かけて考えていったら良いかと思っています。


積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在新規毎月5000円拠出、全額DCニッセイ日経225インデックスファンドAに積み立て中。毎月の5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度の恩恵が減る可能性がある。

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金401kの愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思う。好きなところ買えばいい。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかるができる。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられる。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないこと。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることは無い。老後資産を作ることを目的としたシステムのため。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思う(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えて。…いないか)

SBI証券 iDeCo

iDeCo401kコロナショックから市場が安定しつつある中でのリスク管理

目下世界の安定した経済成長はコロナウイルスと、人類が大きくミスらず対応できるかどうかがカギをにぎっています。

これは世界単位でもそうだし、個人単位でもそうです。個人単位で株式投資やFX、CFDを行っている人の中にはiDeCoの運用を行っている方もいると思います。僕もその一人です。

現在、コロナショックからのパニック相場が小康状態になり一旦の落ち着きが広がりつつあります。ただし、パニック相場が落ち着いてもコロナウイルスが世界から消える訳ではありません。まだ蔓延期の真っ最中で予断を許さない状況であります。今日の夜にも再びパニック相場が起こる可能性もあります。リーマンショック級、世界恐慌の引き金になる可能性も危惧されています。

僕は、今回のコロナショックを見てからのiDeCoの運用方針として、一旦iDeCo内の金融商品を事前に定期預金口座(あおぞら定期)に売却しスイッチングしていたその分をゆっくりと積み立てていくことに決めました。そのリスク管理がどの程度ゆっくりであるかを書こうと思います。

iDeCoは自分の余裕資産の中で積み立て、余裕を持って運用したら良いと思っています。

現在、毎月新規で積み立てているのは5000円です。これは積み立て可能額最低額です。iDeCo内に運用資産の余裕があったとしても、これは続けた方が良いです。なぜなら受け取りの時の税制優遇の恩恵をより多く受けられる可能性があるからです。積み立てが行われた年数で恩恵が多くなります。今すぐに大きくiDeCoを始める予定が無くとも、5000円だけ積み立てておくと後に更にお得になるかもしれません。ゆうちょ銀行から引き落としされて自動積立のこの5000円は日経平均ファンドに全額割り振っています。

運用指図内容

iDeCo口座内に預金として残っているお金(あおぞらDC定期1年)を5万円分売却スイッチングして、DC外国株式インデックスファンドを3万円分と、DCニッセイ225日経平均インデックスファンドAを2万円分を手動スイッチング。毎月1回月初めにおこないます。

手動スイッチングを定期的に行う時は毎月、月初の1日などと決めておくと忘れることもありません。と言いつつも過去数回忘れたことがありますが。iDeCoは数日のズレは気にしなくてもいいと思っています。
IMG_1238

IMG_1239
積立予定期間

積立を予定している期間は完全には決めていないのですが、景気が本当のバブルと思えるほど上向くまでは続けようと思っています。要はどれだけ景気が低迷して、含み損がおおきくなっても、「今の積立を続ける」ということです。

IMG_1236
現在資産残高からの現金待機は、今までの積立と運用で得た利益で約449万円(↓写真)が定期の中にのこっています。景気が大きく上向かないならこれは全部使います。多少の上昇には動じず積み立て続けます。最低でもほとんどの人が好景気だと判断しているであろう時までです。

449万円/5万円1カ月積み立て

89か月分あります。最悪今回のコロナショックからの景気停滞でのリセッションも覚悟しています。7年の余裕を見ています。それも無くなったら、積立額の増額を申請して、新規で55000円積み立てる予定です。

自分的には、将来の世界の経済成長には楽観的です。

これから5Gネット環境が構築され一層の高速化で発展、車の自動運転化、AI化も進んでいきます。良い未来を見ています。だからこそ小さくでも続けて積み立てて行こうと思っています。運用に成功し大きなバブルが来て一旦利益確定した方が良いなと思ったらその時はまた考えます。iDeCoの運用でも相場ならばなんでも、最悪の景気低迷(自分に不利な事象)が来たらどうしたら良いか、を決めておけば慌てることは無いと思います。
IMG_1240
一旦利益確定しておいたため、コロナショックでのダメージは運よくかなり少なく抑えられました。ここからが本番です。iDeCoでの資産運用、着実にやって行こうと考えています。
IMG_1241
SBI証券 iDeCo




積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在新規毎月5000円拠出、全額DCニッセイ日経225インデックスファンドAに積み立て中。毎月の5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度の恩恵が減る可能性がある。

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金401kの愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思う。好きなところ買えばいい。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかるができる。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられる。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないこと。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることは無い。老後資産を作ることを目的としたシステムのため。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思う(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えて。…いないか)
 

コロナショックでiDeCoスイッチング買い増し

コロナショックで暴落があった時にiDeCo口座内で預金に変えていた日本円をスイッチングして、預金から日経平均と外国株式のインデックスを少しずつ積み立てていくと決めました。

その今月分が口座内に反映されたので今回はその結果報告です。

下のスマホ資産残高画面の通り、コロナショック後買い増し1回目のスイッチングが終わった現在はほぼ元本確保(97%日本円)の状態です。iDeCoは買いたくない時は無理に買う必要は無く、積み立てを定期預金に割り振ったり、持っていた金融商品を売却して定期に置いておくこともできるので、そのメリットを利用しました。
IMG_1163
事前にiDeCo口座内に積み立てておかないとスイッチングで買う事はできないので、日頃から地道に積み立てておくことが必要です。最大の恩恵が受けられるフリーランスの方でも毎月最大68000円までと限界が決められていて、それ以上は月単位では積み立てられません。主婦やサラリーマンなど会社員はもっと最大積立額が少なかったりもあります。

iDeCo運用予定(または運用中)の自営業者の場合は付加年金に入っておくと大きなメリットがあります。その分も積み立て最高可能額から引かれます。僕は付加年金を利用しているので毎月最大で67000円まで積み立てることが出来ます。毎年1回だけ積立額を変えることが出来ます。

付加年金はiDeCo以上のメリットがあり市役所に1回行くだけで手続きは済むので、iDeCoを始める前に付加年金に入っておくことをお勧めします。もちろん同時進行で投資を始めたり、iDeCo運用中だったりでも良いですが。付加年金は2年で元を取れる、年金基金最強クラスのリターンを誇ります。毎月の年金積立に200円増額するだけなのでお手軽です。

さて、スイッチングの実践内容です。コロナショックで暴落が来たからと言って喜んで一気に買うことはしません。ギャンブルは怖いし、相場反転を見分けるするどい考察の能力も無いからです。下がったところの今から少しずつ買っていきます。長期間の景気低迷や、景気後退のリセッションを警戒するなら守備的な方が良いと考えています。
IMG_1167IMG_1168
スイッチングの結果がどうなったのかスマホの取引履歴画面で見てみるとこんな状態になります。普段上下に動かすスマホ画面ですが、この表の場合は左右にスワイプすることで詳細を見ることが出来ます。ちょっと見づらいですね。

97%の元本確保のあおぞら定期を売却(一部解約)し、DCニッセイ日経225インデックスファンドAを2万円と、DC外国株式インデックスを3万円、計5万円分をスイッチング指示しました。

数量、約定単価などは勝手に計算してくれて、自分で決める必要があるのは「いくら(何円)スイッチングするか」だけです。

1回目のスイッチングが終わって今の資産状況がどうなっているか、続けて見てみます。
IMG_1170

IMG_1171
ここも右にずらして見るタイプの損益確認方法です。

コロナショック以前は超少額で積み立てていて、それと今回の5万円積み立てを足したものが今持っている分の含み損益となります。もちろんマイナスで含み損です。

幸い、ここまでの投資は大成功ではないもののそれなりに成功していますし、暴落が来るこの時を待ち構えていたので問題はありません。今から長期間を見据えて始める方は僕よりもハイパフォーマンスになるかもしれませんね。

けれど自分自身の資産運用は、他の誰かとの勝負ではありません。着実に冷静かつ計画的に積み立てていくだけです。相手がいるとすれば、相場と寿命でしょうか。戻ってくる前に死んだら自分には無意味ですから。家族には一時金として返っていきますけどね。もしiDeCoを始めているのであれば、家族に「iDeCoやってるよ、私が死んだらお金が手に入るよ」と教えてあげておくとよいと思います。
IMG_1165
SBI証券のiDeCoメニュー画面だけは青ベースで綺麗でかっこいいです。他の画面もかっこよくしてほしいのに、といつも思っています。

現在の損益はこのようになっています。
IMG_1172
資産残高 4,640,198円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 3,840,000円
内訳 掛金 3,840,000円
個人型加入者掛金 3,840,000円
中小事業主掛金 0円
移換金 0円

損益 800,198円
損益率 20.8%

運用に使用証券会社、SBI証券 iDeCo
SBI証券 iDeCo
今後も焦らず、iDeCo運用節税効果の運用益非課税などの恩恵を受け取るべく、決めた通りに行動して地道に積み立てていこうと考えています。

老後資産2000万円問題だか、3000万円問題だとか言われています。自分はやれることをやっていくだけです。貯蓄から投資へ、というのはまさにその通りだと思います。政府の言っていることをすべては信じず、自分にとって必要であったり都合の良い箇所、恩恵のある部分だけを聞くようにしています。

積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在新規毎月5000円拠出、全額DCニッセイ日経225インデックスファンドAに積み立て中。毎月の5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度の恩恵が減る可能性がある。

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金401kの愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思う。好きなところ買えばいい。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかるができる。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられる。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないこと。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることは無い。老後資産を作ることを目的としたシステムのため。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思う(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えて。…いないか)

月別日記
連絡先
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com
*@を一つ消してください
ブログ写メ
  • 日曜も動くサンデーダウの今月曜↓気配、トランプ発言待ちか
  • しむらけん死亡説
  • しむらけん死亡説
  • しむらけん死亡説
  • しむらけん死亡説
  • 週末です
  • 週末です
  • リーマン超えてコロナショックが世界恐慌と比較されるように
  • 自宅待機組暇すぎる
  • 自宅待機組暇すぎる
  • 株暴騰ワッショイワッショイ(乗れていません)
  • 株暴騰ワッショイワッショイ(乗れていません)
  • 株暴騰ワッショイワッショイ(乗れていません)
  • 日経平均の夜間の強さは一体、、、
  • 日経平均の夜間の強さは一体、、、
最新コメント
パチスロ『獣王』-王者の帰還-Original Sound Track
更新連絡
ツイッター
フォローしてくれると喜びます
QRコード
QRコード
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com
*@を一つ消してください