スロハイ

パチンコパチスロ楽しみながら勝っちゃうブログ。パチスロ収支ブログ開始時+3000万超。最新攻略情報とか相場、FX等マネー全般の話も。FP2級。楽しく勝っちゃおって感じで更新中。byまちゃ

FXで大負けした話

FXで大負けした時の話2

FXで大負けした時の話の第2回。今回だけでも話は完結するので暇で今日の記事読んで、こうなる前の展開に興味がわいた人はどうぞ。

-----今回への話への布石、前回記事から
月30万とかFXの自動売買で儲かればうれしいな。複利運用表などを見ながら夢膨らませて準備を整える。自動売買で24時間起動しておくトレード専用のノートPCを買い、専用の小さい台も買った。それに加えてデスクトップPCも新調して2画面に、脇に別のノートPCと電卓。自分でトレードする訳ではないのにいっぱしの投資家気取りだ。そしてついに自動売買が始まった。
-----

いざ自動売買が始まるとやることが全く無いことに気が付く。そりゃそうだ、自動売買なのだから。薄暗い照明の空間にぽっかりと映るディスプレイ上に表示されているお金と呼ばれる数字が増えたり減ったりする様子を、なにをするでもなくただ眺めているだけだ。暇というのはやるべきことがあって初めて価値が出るもの。この価値を見出せない暇な時間を利用してやれることは無いものだろうか・・・

あるじゃないか!目の前に!

自動売買に使うノートPCを除いてデスクトップ2画面とノートPC。これは裁量トレードするのにふさわしい環境ではないか。これを放っておいたらまさに宝の持ち腐れ。世間では主婦でもFXで大勝ちしている人が何人もいる。まがりなりにもパチスロでお金と呼ばれる数字を増やしてきた能力には自信がある。僕は特別だ。FXでも勝ち組に入れるに決まっている。

「FX自動売買で勝つ」から「FXで勝つ」

本来の目的から外れ、目の前に広がる新しい世界、お金と欲望の渦に巻き込まれ流された瞬間だった。

かと言ってFX素人、テクニカルも経済もほぼ何もわかっていない状況で勝ちを見い出すのは簡単なことではなかった。だが、それが自分のヤルキを増幅させた。パチスロで培ってきた研究心でFXを攻略してやるんだ。何か無いか、何か。

FXは通貨の売買で、例えば日本の円で他の通貨を買ったり売ったりすることができる。円を売ってドルを買うと、そこに金利差が発生する。これを「スワップポイント」と呼ぶ。国によって金利差があるのでその差額分を払ったり貰ったりが通貨の売買での均衡を保つために発生する。日本は「ゼロ金利政策」の真っ最中。日本の円を売って他の国の通貨を買うと、日本にいながら外国の金利を得ることが出来るのとほぼ同意。ちなみにこのスワップポイントはたいていの場合日払いである。

スワップポイントを考慮してトレードを行った場合の過去の履歴をさかのぼってみると、円売り外国通貨買いでかなりの優位性が見られることを発見した。そして更に調べていくと「スワップ長者」なる人がいることを知った。トレード方法はただ単純に「高金利の国の通貨を買って、日本の円を売って放置」ただそれだけだ。ならなるべく高金利の通貨を買って円を売ればいいじゃないか。

勝つ方法はシンプルだ

パチスロは勝てる台を常に打っていればトータルで負けることはほぼ無いに等しい。FXだってスワップがプラスなんだからその時点でプラスではないか。過去の相場を見てレバレッジを決めて過去最安値になっても破産しない程度にポジションを作って放置。ただそれだけで毎日毎日スワップが口座に加算されていく。

自動売買もスワップも同じ放置だと思われるかもしれないが、そこに自分の意思が反映されているかいないかでその心境は全く違うものだった。同じ数字を見ているだけでもそこに自分の意思を感じた。自動売買も軌道に乗り始め、スワップでも地道に勝ちが積み重なってお金と呼ばれる数字はどんどん増えていく。絶頂だった。

栄枯盛衰

栄えたり衰えたりを繰り返す人の世のはかなさをいう。

繁栄があれば没落もあるのが世の常。自分の資産最高値をどんどん更新していた絶頂から一気に転げ落ちていく。リーマンショックで自動売買が破綻し大きな損切り。そしてスワップ神話の崩壊での大きな損切り。実はこのFXでの2回の大負けはほぼ同時の出来事だった。結果、僕の資産は半減した。
画像1
当時僕が見ていたチャートの動き
画像2
その後のチャートの動き(当時から見ると未来の動き
画像1
2つをあわせた動き。通貨はユーロ円、足は週足、その後持ち直していく

サブプライムからリーマンショックの一連の流れは100年に一度の大きな出来事と言われた。それは明日起きるかもしれないし、100年後かもしれない。1000年後かもしれない。だがそのリスクを考慮できないのなら為替の世界で勝っていくなんて口が裂けても言えないことだと気づいた瞬間だった。

自動売買の損切りで自分のリスク管理の甘さを知り、スワップ神話崩壊で追い討ち、自分の為替相場での行動すべてが否定された。

しばらくはどうでもいいやという気持ちでいっぱいだったが、僕はまだ破産していないし生きている。ここから逃げることはできる。だけど僕はここでリスク管理の重要さを学んだんだ。ここで試してみたいと思った。自分が特別だなんてとんでもない。僕は凡人だ。だから学ばないといけないし、細心の注意を払わないといけない。多分それでも足りないだろう。僕は一生かけて相場で自分を試したい。その価値がある世界だと自分で感じたんだ。

2007年…サブプライム・ショック
2008年…リーマン・ショック
2010年…ギリシャ・ショック
2011年…ユーロ・ショック
2013年…イタリア・ショック

その後、なんちゃらショックをいくつも経験し、震災や戦争リスク、スイスや日銀の政府による為替介入も経験した。自動売買とスワップ裁量で大きく負けた後のなんちゃらショック等は幸運なことにすべて大きな損失にならずに無難に乗りこえたり利益に変えてくることができた。当時の資金からのレベルでの負けと同じレベルの負け、50%のドローダウン(資産減少割合、金額ではない)は一度もくらっていない。精神的にキツイと感じること無く、トータルでは運よく良い結果となっていて今のところの検証は成功だと言って良いだろう。

パチスロは勝てることを繰り返せば勝てる。それは相場も同じだがその勝てることがコロコロと変わるのだ。次の瞬間に全く逆の方法が勝てる方法になっているなんてのは日常茶飯事だ。

今だから笑えるけど当時は闇の中手探りで何も見えなかった。自分の考え方は合っているのか、FXで通用するのか?いや、実際は今も手探りだし何も見えていない。だけど四つんばいで地べたにはいつくばっているから崖から転がり落ちることは無いと自信を持って言える。この2つの大負けがあったから今の僕がいる。負けを損と思うかどうかはその後の行動次第だ。

目の前が見えないのにそこは平野だと信じてただ走っていくことの危険性を知った。目の前が見えないのならゆっくりでいいから一歩一歩踏みしめ進んでいけばいいと知った。気づけば振り返ったところに負けがあった。ただひたすら今を真剣に自分の全力で対応していけばいい。これからもそうあれたらいいなと思う。

まずは慢心しないように自分への戒め。そして反面教師として利用していただければこれ幸い。

あ、ちなみに為替トレードという世界はこういう世界だよ。
外為取引で複数トレーダー結託の証拠見つかる、指標レート不正操作疑惑で
12/20の記事。レート操縦、自分が利益を出すために、それが普通に行われている世界。これをどう受け止めるかが大事かなと思う。

為替関連質問返事、為替の勉強方法

FXで大負けした時の話

僕は相場でこれまでに3回大負けを経験している。ここで言う大負けは1回につきおおよそパチスロで専業として一人暮らしをして貯蓄できる額の1年分以上と考えてもらってけっこう。

FXを始めて今年で6年。相場3回の大負けの内2回はFXでのものだ。今回はパチスロから離れてFXで最初に大負けをした時の話でもしてみようと思う。思い出しながらなのでもしかしたら時系列などの誤りがあるかもしれないけどその辺はあまり気にしないで欲しい。残りの1回は株でのことでこれより更に前の話、また別の機会あれば。

「FXの自動売買で楽して稼げる話があるがやってみないか。為替相場でのFX取引がはじまってからのバックテスト(過去の相場の動きでの検証)では99.5%の確率でトータルでは勝ちになるはずの方法がある」

僕がFXを始めたきっかけはここからだった。僕は他の人より慎重な性格なので自分の知識でFXのことを何も知らないなりに頑張って調べた。当時は自動売買は今よりメジャーでなく、クリック証券のAPIというものにアクセスしてパソコンを24時間起動しておいてプログラムを動かすというものだった(今は禁止されているかもしれない)

確率論

パチスロで自分が培ってきたモノ。勝てる確率のモノを続ければ結果につながる可能性が圧倒的に高いということ。検証の結果勝率「99.5%」僕には疑う点が無かった。不安はあるがこれは実戦していけば消えるものだろう。パチスロがそうだった。そう、僕にはパチスロで培ってきた経験がある。この経験が言う。ここで新しい世界に飛び込んで行けなければ僕に今以上の先は無い。

この個人的なオファー元は投資助言・代理業(当時は投資顧問業だったかもしれない、表記が変わっていた記憶があるので途中で変わったのかも)の有資格者で信頼できると思われる。FX素人の僕がいきなり自由に取引するよりも「信頼できる資格」を持った人に取引を任せたほうがいいのではないか。この自動売買はお金の管理は自分でするものなのでお金を預けるとかは一切無い。売買サインとサインを執行するソフトを走らせるのにお金が発生するというものなので最悪の持ち逃げなども考えられにくい。楽して儲かる、こんな話は少ないが現実に存在する。過去に株でもIPOバブルに乗ることで経験したし、パチスロでは楽してではないが攻略法という確実に勝つ方法をいくつも体験してきている。自分を信じろ。これは行くべきだ。勝率99.5%なのだから。

月30万とかFXの自動売買で儲かればうれしいな。複利運用表などを見ながら夢膨らませて準備を整える。自動売買で24時間起動しておくトレード専用のノートPCを買い、専用の小さい台も買った。それに加えてデスクトップPCも新調して2画面に、脇に別のノートPCと電卓。自分でトレードする訳ではないのにいっぱしの投資家気取りだ。そしてついに自動売買が始まった。

FX自体がはじめてなので用語などもさっぱりわからない。わからない言葉が出てくるたびに調べた。そして毎日動くお金と呼ばれるものの数字の動きを眺める作業に没頭した。システム自体は頻繁にトレードするものでなく日足を軸にトレードするもので理論も公開されていたので事前にどうなるかを大体把握することができた。そして自動売買運営からも「明日サインが出て注文執行されるので確認してください」というアナウンスなども入ってきていたので安心だ。僕は見ているだけでお金と呼ばれるこの数字が増えていくんだ。そう永遠に。

序盤はパフォーマンス低かったものの少しずつ理論どおりに資産変動していく。やはりイケル!これは本当に安全なのかもしれない。もっとレバレッジ増やしても大丈夫な気がする。自分なりに計算して最大の負け額を算出してレバレッジを自分の限界程度まであげて運用開始。そして月100万が見えた。

相場格言にこんな名言がある

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

その時は突然やってきた。サブプライムローン問題に端を発し後に「リーマンショック」と言われるものだった。月100万儲ける目的で持っているポジションがどんどん逆行し資産が毎日のように100万単位で動き減っていく。システムがドテンを示すとその逆を行く。サポート掲示板は阿鼻叫喚の様相で更に罵詈雑言、恨み節が並ぶ。

その中で僕はサポートを応援する立場をとった。相場なのだから何が起こるかわからない。長い目で見てプラスになるシステムでもドローダウン(マイナス)はあるだろう、と。こんな大きなマイナスを喰らっていてまだ信じるのか、と思われるかもしれないが僕には「99.5%の勝率」の他にすがるものも経験も無かった。

そして最終審判は下った。「システム稼動停止、サポート返金対応」

放心状態になった。信じていたものが壊れる瞬間というものはこういうものか。今思えばシステムを止めてくれたことに感謝すべきだろう。生まれて初めてストレスで髪の毛が抜けるという経験をした。

99.5%の勝率というものは過去の動きにあわせた結果のもので未来の結果に対するものではない。相場はその時に応じて動き方は学習し成長していくので過去の動きに似た動きにはなっても同じにはならない。そしてその過去の動きから逸脱する現象が未来では必ず起こるものなのだ。自動売買ではその逸脱に対応できないものが多いのが現状だ。

そして「自己責任の本質を見誤っていた」ことを学んだ。

お金の運用を少しでも他人主導にしたのが間違いだったのだ。システムを利用するのはいいだろう。でもそこには常に自分の意思が主導であることが必要だ。どんな動きでもお金の動きでの動揺よりも自分の意志が上を行くトレードでなければならない。

お金に左右されるのでなく、自分でお金を制しなければならない。欲望が直接的に表れる相場で欲望に支配されてはいけない。それは自分が生きてきた中で経験したことの無いこと。普通の意思では成し得ないこと。

放心状態の中、為替相場の中でどうしたら自分のチカラで戦っていけるか考えた。幸い僕はまだ相場の世界で生き残っている。破産していない。最悪はFX素人ながらなんとか「回避」したのだ。これが当時唯一のファインプレーだった。自分のリスク管理は甘すぎた。経済博士やエコノミスト、チャートの理論を考えた人だって簡単に破産するのが相場だ。だからこそ本当に必要なのは理論や手法でなくリスク管理やメンタル管理なのだ。

なんだ、パチスロと一緒じゃないか

回りまわってたどり着いたこの自分の中での結論。FXをはじめた年にリーマンショックを経験してその後リスク管理とメンタル管理だけは常に徹底してその後に理論手法を必要な範囲で勉強して使える時に使えると思うものをトレードに取り入れるように行動していった。お金を制するとはこういうことなのかもしれない。そうして経験を積んでいく内におぼろげながらもその形、その尻尾の影が見えたような気がする。そしてその尻尾は永遠に掴めないのだろうなと今現在も思っている。

今こんなことを書いたのは「生き残っていれば傷は癒える」からだ。この出来事も今となっては僕をFXという新しい世界に引き込んでくれたいい経験だ。今は相場だけで言うと年間最高の結果が出てて調子こいてると自分で感じるので戒めのために書いてみた。この文章が自分の戒めついでに、自動売買やFXそのものに興味を持っている僕以外の人に少しでも何かを考えるきっかけになればと思う。

金曜のデイトレは買った価格からもわかるように負けようが無い状態にすぐなったので無事オールプラス決済終了あざます。本日パチスロお休み。

次回気が向いたときに、FXで大損した話第2話。「スワップという楽して稼げる話があるらしい」へ続く・・・
続きを読む
にほんブログ村 スロットブログへ

月別日記
「攻略の砦」
(携帯月額315円)
にて<パチスロ部門>
担当ライターをしています
獲得枚数レシート始め
その日撮ったゲキアツ写メ
本気の立ち回り実戦記アリ



解析理論で勝つ、実践データで証明します。正攻法攻略法でパチスロで勝つ。雑誌やネット+αで差をつける立ち回りの方法。
メルマガ詳細情報
ケータイでの登録はこちら

最新コメント
連絡先
ご連絡、ご依頼など
macha@@slotqz.jp
*@を一つ消してください
ブログ写メ
  • 見えないが見ろと言われたので見てみた
  • 見えないが見ろと言われたので見てみた
  • イデコ401k個人型確定拠出年金5年7か月経過431万
  • イデコ401k個人型確定拠出年金5年7か月経過431万
  • 絆負けパターンからの赤ラッシュ
  • 絆負けパターンからの赤ラッシュ
  • 絆負けパターンからの赤ラッシュ
  • 反逆者を許さない世間
  • 反逆者を許さない世間
  • 反逆者を許さない世間
  • これは、マイナス収支への反逆だ
  • これは、マイナス収支への反逆だ
  • 凱旋設定変更仮天井ヒットで海ステージスタート
  • パチスロゴーゴー
  • 手数料二重徴収その後誤売却商品の買戻し完了
パチスロ『獣王』-王者の帰還-Original Sound Track
更新連絡
ツイッター
フォローしてくれると喜びます
QRコード
QRコード
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール