ex3681

相場、為替(foreign exchange)等マネーニュース全般の話。今は仮想通貨暗号資産多め。界隈の末端で生きる。

FTXバイナンスに買収される個人の対応方法

11/15更新追記
*FTX JPはトレードと新規登録受付を停止し、入手出金開始作業中(停止)出金は現在アプリ経由(ハッキングされました!利用や更新しないように)日本円のみ可(停止)。公式Twitterお知らせを随時確認してください。

アプリは削除するのも一考。

なお、資産は全額保全されているとのことです。

------
FTXの資金繰りが悪化し、バイナンスに買収されることになりました。急転直下の出来事です。

思うところは多々ありますが、FTX JPの口座を持つ人間がどうするのが良いのか客観的に考えます。

日本の暗号資産交換業者は分別管理されていて、口座内の資産は安全です。FTX JPも登録業者です。

ただし、FTX Earnを許可していた場合は違います。注意書きで管轄ではないことを示すチェックボックスがあったはずです。Earnはしばらく止めておく方が良いと思います。

それだけでは不安な場合は、

出金(試してないので不明、昨日はETH出金できました)も選択肢です。仮想通貨の出金が止まっているという話もあります。

そうであった時は、

円転
ドル転

しておくと、口座内の資産はより安全度が増します。

BTCを持っている場合は、ドル転して、PERPで同数ロングすると口座内の価値をそれほど変えずにリスク度が減ります。レート的な観点で言うと今のFTX内円転はあまりお勧めできません(円転で保有資産リスクは減ります)

どうしても日本円で出金したい場合はレートが大きく不利(他国内業者BTC現物価格比-3万円ほど)になっていることを承知で円転して出金を試してみるのも良いかもしれません。できたという話も出ています。

このあたりの判断は各々でしていく必要があります。

後悔しない判断をしていくのが相場を張るということだと思います。

*個人的な考えでは、FTX JP口座内の資産はEarn外であれば保護される可能性が高いと思っていますがこれはあくまで予想です。

あふろなんでや。負けたんか。いまはただひたすらかなしいです。

iDeCo11年経過581万円、毎月67000円積立

iDeCoは2022年10月から全ての会社員が加入対象者となりました。
現在のiDeCoは原則60歳未満の国民年金被保険者が加入可能となっていますが、企業型確定拠出年金(以下「企業型DC」という)に加入している約750万人の人は、ほぼiDeCoに加入できませんでした。
それは、企業型DCの会社掛金の上限をiDeCoの拠出限度額分引き下げる労使合意、規約の変更がされていないと、iDeCoとの同時加入が認められていなかったからです。今回、このような要件なしに、本人の意思だけでiDeCoの利用が選択できるようになります。
引用元:企業型確定拠出年金とiDeCoの同時加入要件の緩和【2022年10月〜】(iDeCo公式サイトのコラム

月1回更新のブログ記事、401k個人型確定拠出年金(通称iDeCo)の経過報告です。

知らないのは残念ながら今の時代だと損をする結果になります。僕自身も知らないことだらけですが、お金と近い場所で日々を過ごしている分、生活をして行くうえで少しだけ有利だと感じています。

iDeCoは自分に有利な分、余裕がある分だけを利用して長期的資産運用するのに適しています。

------

自営業者で付加年金納付者の上限である67000円の引き落とし額を毎月積み立て投資しています。

67000円を

・DC外国株式インデックスファンド 60%
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA 40%

このように振り分けています。

手動スイッチングを一切行わずに放置で勝手に進んでいく投資手法になったので、毎月67000円引き落とし口座であるゆうちょ銀行のお金が無くならないように見ておくだけでOKの状態です。

こういったやり方であれば、誰でも難しい手順なく積み立て投資を行えると思います。

余裕資金で株式投資を行うので精神的に安定しつつインフレリスクに備えることが可能です。

先月からの明確な変化と言えば、後述するハピタスのキャッシュバックポイントが200円分から4000円分にアップしてたことくらいです。

↑ここまで先月のほぼコピペ笑

4000pointは初めて見たかも?くらいのレベルのキャッシュバック額です。SBIも先日始まった会社員利用可になったことをきっかけに囲い込みを重要視しているようです。

-----------
・今月のiDeCoの投資内容と結果

運用商品は

運用商品
・あおぞらDC定期(1年
・DC外国株式インデックスファンド
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA


毎月、「DC外国株式インデックスファンド」を40200円「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」を26800円購入中。6:4振り分け(少しの手数料で若干減ります)
スクリーンショット 2022-02-28 175842

積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況です。毎月5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度が減る可能性があります。


iDeCo内資産(スマホ画面スクリーンショット画像キャプチャ)
IMG_5066
IMG_5067
IMG_5068
2022/11/03 現在
-
資産残高 5,811,580円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 4,558,000円
内訳 掛金 4,558,000円
個人型加入者掛金 4,558,000円
中小事業主掛金 0円
移換金 0円

損益 1,253,580円
損益率 27.5%

------
僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、2017年5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得です。
スクリーンショット 2022-11-04 062542


ポイントサイトのハピタスから口座開設をすると4000P(1P=1円)のキャッシュバックがあります。楽天iDeCoもあるみたいですけれど、僕のおススメはSBI証券です。iDeCoの口座は一人あたり一つしか持てません。政府主導の税制優遇案件で管理しやすくするためだということがあるからだと思います。

楽天だと楽天市場などのお買い物時に間に挟むと1%戻ってきたりしますのでそちらで使用しています。

ハピタス内での検索ワード SBI or iDeCo


サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきていていい感じです。NISAと並んで税制優制度もあって貯蓄から投資への第一歩として最適な投資法の一つです。個人的にはNISA以上の恩恵があると思っています。守備的投資先としては最優先にしても良いと思います。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任です。

ネット銀行の口座開設も数社ハピタスキャッシュバックキャンペーンあり(数百円だけど)僕が使っているネット銀行頻度順は

住信SBIネット銀行=PAYPAY銀行>あおぞら銀行>>>>>楽天銀行

*ジャパンネット銀行はペイペイ銀行に名称変更を行いました

即時口座反映(数秒レベル)の振り込み入金など便利ネットトレード系では一つは必須。できたら2つ以上。僕は上記4つで回しています。スマホアプリからの送金で通常即時反映される場合も多く使いやすくなってきています。

ハピタス会員登録

検索「銀行」

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思います。好きなところ買えばいいです。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかりますができます。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられます。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利となっています。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないことがあります。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることはありません。老後資産を作ることを目的としたシステムのためです。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思います(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えてくださいね。…いないか)

結婚した後、離婚した場合でも個人の資産として認められ、、、

iDeCo、401k個人型確定拠出年金は財産分割対象になることはありません。

備えあれば、となるやもしれませんね。現在幸せで今後も幸せである予定ならば奥さん、旦那に言わなくてもいいことは言う必要はありません。知っていたら少しだけ有利な程度の話です。

FP2級がiDeCo401kの金融商品運用に挑戦。

iDeCo10年11カ月経過556万円、毎月67000円積立

iDeCoは2022年10月から全ての会社員が加入対象者となります。

月1回更新のブログ記事、401k個人型確定拠出年金(通称iDeCo)の経過報告です。

知らないのは残念ながら今の時代だと損をする結果になります。僕自身も知らないことだらけですが、お金と近い場所で日々を過ごしている分、生活をして行くうえで少しだけ有利だと感じています。

iDeCoは自分に有利な分、余裕がある分だけを利用して長期的資産運用するのに適しています。

------

自営業者で付加年金納付者の上限である67000円の引き落とし額を毎月積み立て投資しています。

67000円を

・DC外国株式インデックスファンド 60%
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA 40%

このように振り分けています。

手動スイッチングを一切行わずに放置で勝手に進んでいく投資手法になったので、毎月67000円引き落とし口座であるゆうちょ銀行のお金が無くならないように見ておくだけでOKの状態です。

こういったやり方であれば、誰でも難しい手順なく積み立て投資を行えると思います。

余裕資金で株式投資を行うので精神的に安定しつつインフレリスクに備えることが可能です。

先月からの明確な変化と言えば、後述するハピタスのキャッシュバックポイントが200円分から1500円分にアップしてたことくらいです笑

-----------
・今月のiDeCoの投資内容と結果

運用商品は

運用商品
・あおぞらDC定期(1年
・DC外国株式インデックスファンド
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA


毎月、「DC外国株式インデックスファンド」を40200円「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」を26800円購入中。6:4振り分け(少しの手数料で若干減ります)
スクリーンショット 2022-02-28 175842

積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況です。毎月5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度が減る可能性があります。


iDeCo内資産(スマホ画面キャプチャ)
IMG_4726
IMG_4727
IMG_4728
現在の資産状況2022/09/30 現在
-
資産残高 5,560,488円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 4,491,000円
内訳 掛金 4,491,000円
個人型加入者掛金 4,491,000円
中小事業主掛金 0円
移換金 0円

損益 1,069,488円
損益率 23.8%

------
僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、2017年5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得です。
スクリーンショット 2022-10-01 221336

ポイントサイトのハピタスから口座開設をすると1500P(1P=1円)のキャッシュバックがあります。楽天iDeCoだと1000円(2020年11/1現在)あるみたいですけれど、僕のおススメはSBI証券です。iDeCoの口座は一人あたり一つしか持てません。政府主導の税制優遇案件で管理しやすくするためだということがあるからだと思います。

楽天だと楽天市場などのお買い物時に間に挟むと1%戻ってきたりしますのでそちらで使用しています。

ハピタス内での検索ワード SBI or iDeCo


サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきていていい感じです。NISAと並んで税制優制度もあって貯蓄から投資への第一歩として最適な投資法の一つです。個人的にはNISA以上の恩恵があると思っています。守備的投資先としては最優先にしても良いと思います。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任です。

ネット銀行の口座開設も数社ハピタスキャッシュバックキャンペーンあり(数百円だけど)僕が使っているネット銀行頻度順は

住信SBIネット銀行=PAYPAY銀行>あおぞら銀行>>>>>楽天銀行

*ジャパンネット銀行はペイペイ銀行に名称変更を行いました

即時口座反映(数秒レベル)の振り込み入金など便利ネットトレード系では一つは必須。できたら2つ以上。僕は上記4つで回しています。スマホアプリからの送金で通常即時反映される場合も多く使いやすくなってきています。

ハピタス会員登録

検索「銀行」

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思います。好きなところ買えばいいです。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかりますができます。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられます。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利となっています。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないことがあります。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることはありません。老後資産を作ることを目的としたシステムのためです。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思います(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えてくださいね。…いないか)

結婚した後、離婚した場合でも個人の資産として認められ、、、

iDeCo、401k個人型確定拠出年金は財産分割対象になることはありません。

備えあれば、となるやもしれませんね。現在幸せで今後も幸せである予定ならば奥さん、旦那に言わなくてもいいことは言う必要はありません。知っていたら少しだけ有利な程度の話です。

FP2級がiDeCo401kの金融商品運用に挑戦。

FTX JPからスマホ出金と入金方法やり方説明

スマホ利用、FTX JPへの入金方法と出金方法画像説明

アプリスマートフォン画面の下タブ、ウォレット選択、資金を入金or出金を選択
スクリーンショット 2022-09-20 103722


暗号資産入金のやり方
IMG_4613
IMG_4614
アドレスは黄色マークをクリックでコピーからのペーストを利用(間違いのもとになるので手動入力しないこと)ネットワークチェーンが合致しているかも確認。
スクリーンショット 2022-09-20 104100



暗号資産出金のやり方
スクリーンショット 2022-09-20 104706
手動入力ではなくコピペした出金先アドレスが合っているか確認します。自分の場合は手数料ゼロですが、FTTステーキングしていない場合はその時の相場考慮の手数料がかかります(他仮想通貨取引所よりも安いことがほとんどだと思います)

もしくはカメラアプリ自動起動でQRコードを読み取ります。
IMG_4617
トラベルルール観点の確認があります。自分のアドレスへの出金であることと、住所が変わっていない事をチェックします。暗号通貨取引所へ送信する場合はその下にもチェックを入れます。
スクリーンショット 2022-09-20 110544


出金先アドレスに加えて処理時間や手数料なども一緒に確認します。
スクリーンショット 2022-09-20 104741
スライドして確定します。

二要素認証(2FA)認証アプリのコードを6桁1タイムパスコード入力します。続行を押した後の行程はゆっくりでも大丈夫なので慌てずに。
スクリーンショット 2022-09-20 104802
出金用のパスワードを設定しておくとよりセキュリティが高くなるのでお勧めです。
スクリーンショット 2022-09-20 112044
大事なお金を扱うタイミング。ここは面倒くさがるところではないです。認証アプリの時間が過ぎていても続行ボタン押下後であればのんびり入力でOKです。
スクリーンショット 2022-09-20 104816
内容承認、出金が開始されると送金側で入金受け取り処理が始まります。
スクリーンショット 2022-09-20 104829
出金先に無事届くのをしばし待ちます。お疲れさまでした。

PCの場合もほぼ同様で、スマホでのやり方がわかっていたら違和感なく利用できると思います。日本語への表記変換やライトモード(背景色)変更なども簡単にできるので使いやすいとかだったり便利な方を選ぶと良いかと思います。
スクリーンショット 2022-09-20 091420
出金先アドレスが見れるといいなーってTwitterで書いてたら見れるようになってた。マジ?元からこうだったっけ?

しれっと良化してるからFTX好き。

FTX JP四半期先物取引開始使えるトレード戦略増える

関東圏で大谷翔平さんTVCM放送中暗号資産交換業登録業者のFTX Japanが四半期先物の取引を開始しました。

四半期先物とは?
四半期先物は、毎四半期(3月、6月、9月、12月)の最終金曜日に満期となり、インデックスの価格ベースのTWAP(時間加重平均価格)で決済されるデリバティブ商品です。 ユーザーは、いつでも先物を売買したり、満期までポジションを保持する事ができます。 先物の価格は独立したオーダーブック、取引所の需要と供給によって決定されます。 すべての四半期先物は米ドル建てで取引が行われます。
引用元:FTX JP
期限が決められておりそこまでの時間で必ず決済することになります。一般的には時間の経過とともに先物と現物の価格差は少なくなっていき、最後まで持って満期になった場合は現物と同じ価格で自動で決済されて終了となります。

相場模様によりますが価格差(鞘)が生じるのでそれに自分の時間的思惑を加えてより有利なトレードになるように狙った戦略を練ることができます。



自分がFTX.comで0.1BTC実践公開トレードやっていたパーペチュアルのデルタニュートラル戦略(デルニュー)は1時間ごとにロールオーバーされていきますが、こちらはポジションを持った瞬間に価格が決定します。どこでポジションを持つかは非常に重要です。

大きなイベントがあることがわかっているときなどは鞘も大きくなるので、それを利用したローリスクで堅実めな取引が行える場合があります。

イベントでないケースでも時間の経過を利用したトレードができます。

例えば現在のBTC12/30限りの場合。矢印ポイントを合わせると選ぶことができます。

FTX JPでのトレードは基本ドル建てが良いと思います。全世界と同じ板でトレードできるのは大きな強みです。円建てで見るよりも世界的な基準に目を向けられますし、絶対に円じゃなきゃダメという場合でない限りはドル建てでやる方がレート面で有利になるケースが多いです。
スクリーンショット 2022-09-17 133448
現物価格が19939ドルに対して、20011ドルです。価格差は72ドルあります。
スクリーンショット 2022-09-17 134608
単純に1BTC現物を買ってBTC-1230を1BTC売ると12/30満期まで持ったら72ドル儲かります。

*三本線マークでお気に入り一覧が出ます。星マークをクリックするとお気に入り登録できます。出来高順に並んでいます。

これにトレード手数料やポジション作成時のリスクなどを考慮して自分が納得できるくらい儲かりそうならばやる、そうでなければやらないというのが基本的な戦略になります。

満期まで動かさなくても良いトレードを行うとローリスクで見た目通りに近いリターンを得ることができます。

つい先日あったETHのマージなどで瞬間的に鞘が大きく変わる時は、それを考慮したポジションを作ることでリスク低めでそこに生じている歪みの是正から利益を取ることができます。

イベント前に決済した場合はその代わりにエアドロップはもらえません。逆にエアドロップをもらうためのポジションを作ることもできます。利益を得られるトレード、狙い方は様々です。

暗号資産の四半期先物を日本でトレードできるようになってこれは便利になりました!トレードチャンスがあれば自分も利用していきたい商品です。

現在FTX JPではBTC, ETH, SOL, AVAX, LTCの5銘柄の仮想通貨、四半期先物を取扱いしています。

月別日記
連絡先
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com

*@を一つ消してください
お互いの環境でメールが届いていないような表記で戻ってくることがあるようですが、ほとんどの場合はきちんと届いています。48時間以内に返信が無ければコメント欄でご指摘いただけますと幸いです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ写真画像
  • iDeCo11年経過581万円、毎月67000円積立
  • iDeCo11年経過581万円、毎月67000円積立
  • iDeCo11年経過581万円、毎月67000円積立
  • iDeCo11年経過581万円、毎月67000円積立
  • iDeCo11年経過581万円、毎月67000円積立
  • iDeCo10年11カ月経過556万円、毎月67000円積立
  • iDeCo10年11カ月経過556万円、毎月67000円積立
  • iDeCo10年11カ月経過556万円、毎月67000円積立
  • iDeCo10年11カ月経過556万円、毎月67000円積立
  • iDeCo10年11カ月経過556万円、毎月67000円積立
  • FTX JPからスマホ出金と入金方法やり方説明
  • FTX JPからスマホ出金と入金方法やり方説明
  • FTX JPからスマホ出金と入金方法やり方説明
  • FTX JPからスマホ出金と入金方法やり方説明
  • FTX JPからスマホ出金と入金方法やり方説明
最新コメント
更新連絡
ツイッター
フォローしてくれると喜びます
ブログURLのQRコード
QRコード
ご連絡
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com

*@を一つ消してください
お互いの環境でメールが届いていないような表記で戻ってくることがあるようですが、ほとんどの場合はきちんと届いています。48時間以内に返信が無ければコメント欄でご指摘いただけますと幸いです。
アクセスランキング