スロハイ

相場、FX等マネーニュース全般の話。

DeFi来たよ最前線イールドファーミング

ついに到達したぜ、イールドファーミング、DeFi最前線。正直説明できないことも多いですが、基本的な勝ち方とか手順とかは把握しました。良い環境があればなんら問題無く勝つことが出来るようになりました。
スクリーンショット 2020-09-19 112919
登録してそんなに時間たたずに20ドル超。ガス代まではまだまだだけど回収はできそうです。なんで2回も失敗するんだよwガス代ケチってないでそのままにしたのに。ガス代上乗せしてようやく通ったですよ。まだこの辺が素人。

このUNIが現在のほぼ最前線です。9月前からやっていたら多額のエアドロップがあったのですが、僕は今月デビューのひよっこです。初心者の僕は今回始める前の恩恵は何もありませんでした。

相場は誰しも初心者から始まります。DeFiも一から初心者から始めます。経験積まねば見えるはずのものも見えません。かなり視界が広がりました。知識不足は仕方のない事です。自分の出来る限りのリスク管理してやっていく他はありません。

これの前にやっていたDEX取引所、LIENではトラブルに巻き込まれていました。バグが見つかって資金拘束されていたのです。しかし、昨日全部戻ってきました。良かったです。
スクリーンショット 2020-09-16 224642
DEXですから、信頼に足らない業者だとこういったケースはトンズラされます。僕は今回その覚悟をしていました。今年の勝ち分結構持って行かれちゃうなと考えていました。そして戻ってきて、すぐさまそのお金を使って、上の写真のトレード、イールドファーミングに移行したわけです。

イールド=金利
ファーミング=農業

金利の農業です。自分の持つ暗号資産を貸し出して、金利を得ることを指します。

なにかに気づきませんか?

そうです。これ銀行業務です。これからは個人で銀行業務をやる時代です。銀行に中間手数料を取られることなく、自分の取り分を多くすることが出来ます。ネット、ブロックチェーンという技術を使って。

ただし、責任も重くなります。

資本が毀損しようと誰も保障してはくれません。銀行が貸し出す先を慎重に選ぶのと同じように、自分で選ばねばならない時代になりました。その対価が高金利です。

イールドファーミングやって思ったんですけど、すごく単純なんです。

僕が初めてイーサを触って、暗号資産ネットウォレットを触ってまだ2週間やそこらです。そこから一気に一番難しい戦場に行ってしまっていたようです。

昨日まで資金拘束されていたLIENは超難関プロジェクトだったみたいです。
このプロダクトで僕はもう勝つ方法を理解しています。当然完璧ではなく上っ面だけです。

丁寧に教えてくれた日本人みんなのおかげです。ここを見ているかはわかりませんが心から感謝しています。なんでこんなレベルの奴がここにいるんだ?と思った人もいたことでしょう。でも恥ずかしがることはありません。

その人たちだって最初は初心者だったんですから。

先人の知恵を借りられるのであれば、それにすがります。もっとも近道です。しかも間違えにくい。

インターネットはそれらをも可能にしました。いい時代です。

日本と海外の垣根は物理的距離、国ごとの規制的差以外は無くなりつつあります。

頑張って欲しいのはやまやまですが、日本の暗号資産取引所業者はもうダメかもしれません。僕はアービトラージと現物ポジション調整、それに取次場所として使います。それらすら使えなくなったら独自ウォレットでやります。完全に見限る準備は既にしてあります。

ビットバンクのステラルーメン日本上場取引開始で起こっていたこと

9/16ビットバンクでステラルーメン/円のペアの上場がありました。

最近僕がよくやってるFTXの新規上場と似たようなものです。既存としてある通貨なのでもう流通していました。海外などでは普通に取引できる状態でビットバンクでの取引がスタートしました。

その時に起こったことを今回はブログに書こうかなと思います。

上場開始、その時ビットバンクで成り買いが発生しました。海外で既に取引が始まっているのを知らないのか、ミスプライスの入力かはわかりません。事故りました。
スクリーンショット 2020-09-18 162611
これはビットバンクが悪いわけではありません。あくまで注文をした本人が悪いです。いわゆる誤発注というものです。異常レートは即座に解消されることになりましたが、ビットバンク初取引ということで買い意欲が旺盛です。

海外の業者と比べるとその差はなんと20%の乖離。

そしてそのおいしい蜜を吸った人がネットで教えてくれるのです。

海外で買って日本で売ったら20%お金が増えた。と。

そんなことが起こるのか?と思いますよね。あるんですよ。暗号資産トレードだと。

僕はそれを見てすぐに売買できる取引所を探します。出金無料のFTXにはありません。扱い通貨の多いバイナンスには、、、ありました!

XLMありました。

続いて、どうしたらこのXLMの現物に今持っているビットコインかUSDを交換できるか調べます。

いったん、BUSDという通貨に変えて、その後XLMを買うという流れで良さそうです。こうやってしている間にも乖離はどんどん縮まっていきます。

僕と同じように、この情報を知った日本人はバイナンスにある限りの余力を使って買ってビットバンクに送って売りさばいているのです。

急げ!

送金には意外と時間がかかって1回目は1時間弱、2回目は1時間以上かかりました。
スクリーンショット 2020-09-18 170630

なんとかFTXからバイナンスに送った2周目のビットコインも鞘取りトレードに間に合わせることが出来ました。1周目は数十万でした。バイナンスは使い始めてまだ数日とかそんなものでしたので。ただ、数回使ってやり方を覚えていたし、送金方法も把握していたので2周目で満足できる内容で取れました。

ただし合計2BTCまででした。本人確認をしていないので出金限度額制限があったのですw

事前準備の大切さを感じる瞬間でした。だからプレッシャーもなくできたと言えばそうなのかもしれません。

1回目、2回目ともに大きな鞘があったのでヘッジ無し、裸で即送金としました。

スクリーンショット 2020-09-18 163335
ビットバンクに着金したら即売りさばきます。僕と同じように売っているであろう人がたくさんいます。
スクリーンショット 2020-09-18 164013
異様に高いレートだということを知っている人はこうやってローリスクで日本円を増やすことができたのでした。

日本円の出金は既に終わって、もうジャパンネットバンクに返ってきています。そしてぼくは次の戦場へトレードするために赴くのです。

いろいろ同時進行しながらw
スクリーンショット 2020-09-18 164525
スクリーンショット 2020-09-18 164724

ちょいちょいあるFTXイベントにて

FTXのキャンペーンが終わってから少し経って、気が付くと口座に入金されています。アナウンスも何もありませんw

これが海外口座です。もう慣れました。
スクリーンショット 2020-09-17 074738
12SRM=28ドル
10FTT=39ドル
10SOL=33ドル

計=100ドル

毎週SRM9(ロック中)=21ドル
*(9/15時価換算)

ありがてぇ、ありがてぇ。もらえるものは貰っておきます。FTXありがとう。

 

この時のイベントはSERUMというDEX取引所にSOLという暗号資産を50ドル以上送って権利一つ獲得。更に1回以上トレードでもう一つの権利獲得。その前にサービスで5ドル(受け取り済み)とかそんなんだったと思います。

これでDEXへの道を教えてくれて僕に利益の機会を教えてくれました。このイベントで予習していた結果、最低限の練習でDEXでトレードを行うことが出来たのです。

全てはアフロの手の中(アフロはFTXの代表の髪型からの愛称です)。勝たせてくれるのならその神輿を担ぎはせずとも祭りに参加していきましょう。屋台の出店は雰囲気が楽しくておいしさも倍増します。

ただし祭りと言えどリスクを受け入れられる分だけ。

リアル世界の祭りでもヤンキー遭遇イベントとかありますよね。そういうのはなるべく避けるように動いて行かねばなりません。

おいちょっとジャンプしてみろよ。んだよっ。カネ持ってんじゃねーか。出せよ。

相場ではこの程度の損失では終わりません。


というか今は電子マネーの時代ですよね。時代遅れも甚だしい。

ヤンキーがたかりをするときに弱者に小銭を持っているかどうかを確認するためにジャンプさせるのです。

ジャラジャラ

とポケットから小銭の音がしたらお金を持っているということになります。

お金が無いから出せないと断ろうとした人に圧力をかける言葉の意味で使われます(説明しきっちゃったよ、この人)

FTXのおかげでいろんなリミッターが外れて行っているのを感じます。それがいいことなのか悪い事なのかわかりません。でも自分が選んだことなのです。どういう未来が待ち受けようと受け入れます。

安定すぎる運用から最前線へ行く過程。

それでも常に一歩引いて俯瞰で見る姿勢だけは忘れないように意識します。

これからも、今回のように比較的簡単にリターンを得られるイベントから、DEXでの裁量トレード、イールドファーミングなど、自分の実践からわかる部分だけ、ブログに記録していこうと思っています。

リスク管理は自分で行ってください。適切なリスク管理は良いリターンを得られる確率が高いですが、損失になる可能性も間違いなく存在します。それが相場だと思います。

FTXの場合は海外取引という懸念さえ受け入れられれば良い取引所だと思います。もし、ここで稼げなくなっても今得た知見は他できっと使えるはずです。アフロが取引所の代表として、トレーダーの代表として暗号資産界隈の成長の一役を勝っている内はここにBETしていこうと考えています。

IEO参加方法やイベント参加方法など今後も書いて行きます。少額資本から殖やして行く場合はこれらに参加して原資増やすというのがローリスクかなぁと考えています。

FTX

info@@fpmacha.com
*@を一つ消してください
月別日記
連絡先
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com
*@を一つ消してください
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ写メ
  • 土日の理由がわからない日足ブレイク下落は逆張り有利のビットコイン
  • 土日の理由がわからない日足ブレイク下落は逆張り有利のビットコイン
  • IEO第3弾UBXT利食いの逆指値到達してた
  • IEO第3弾UBXT利食いの逆指値到達してた
  • DeFiとかで小難しい事を書いてきてしまっている
  • DeFi来たよ最前線イールドファーミング
  • DeFi来たよ最前線イールドファーミング
  • ビットバンクのステラルーメン日本上場取引開始で起こっていたこと
  • ビットバンクのステラルーメン日本上場取引開始で起こっていたこと
  • ビットバンクのステラルーメン日本上場取引開始で起こっていたこと
  • ビットバンクのステラルーメン日本上場取引開始で起こっていたこと
  • ビットバンクのステラルーメン日本上場取引開始で起こっていたこと
  • ビットバンクのステラルーメン日本上場取引開始で起こっていたこと
  • ちょいちょいあるFTXイベントにて
  • UPBOTSのFTX上場IEO第3弾
最新コメント
パチスロ『獣王』-王者の帰還-Original Sound Track
更新連絡
ツイッター
フォローしてくれると喜びます
ブログURLのQRコード
QRコード
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com
*@を一つ消してください
アクセスランキング