ex3681

相場、為替(foreign exchange)等マネーニュース全般の話。今は仮想通貨暗号資産多め。界隈の末端で生きる。

2021年05月

iDeCo401k個人型確定拠出年金9年7カ月経過500万毎月5000円積立

iDeCoは2022年10月から全ての会社員が加入対象者となります。

最後にもチラッと書いていますが、自己破産、離婚した場合でも自分以外の誰かにiDeCoの資産は取られません。受け取りの権利があるのは口座名義の本人だけです。

資産運用をしていきたいと考えている方は早めに準備をしておくと良いかと思います。現在ハピタス経由だと1500円キャッシュバックポイントがあります。下の僕が書いたブログ記事毎月の定型文だと200円なのでポイントアップ中です。多分ですが、この新加入対象者を各社狙っているのだと思います。
スクリーンショット 2021-05-31 072432
自分はネット証券最大手のSBI証券を利用しています。楽天証券も追い上げてきているみたいです。iDeCoは複数の口座を作成できないので自分がどこで口座開設をするかはよく考えてから行動してください。

イデコは初心者向きと言えますので、相場、投資に慣れていない方に勧めやすいです。固定収入の有る会社員さんにとっての節税効果は絶大です。

積立額全額所得控除、運用益基本非課税です。

*基本非課税の理由は下記日経新聞の記事を参考に、最悪わからなくても受け取り時に勝手に計算してくれるとは思いますwそしてそれは普通の運用方法よりも有利です。

------
月1回更新のブログ記事、401kiDeCoの経過報告です。

知らないのは残念ながら今の時代だと損をする結果になります。僕自身も知らないことだらけですが、お金と近い場所で日々を接している分、生活をして行くうえで少しだけ有利だと感じています。

------

僕がiDeCoに毎月積み立てするお金は現在最低の5000円としています。なぜならiDeCo投資可能額以上のリターンを出せると「今は」考えているからです。5000円に加えて口座の中にある資産の手動資産運用としています。自分にとってそれが有利だと考えているからです。

なぜ5000円を続けるかというと、最後の受け取り時に差が出るからです。これはあまり話題になりませんが、場合によっては大きな差が出ます。今月の日経新聞の記事で受け取り方の差について取り上げられていました。(5000円については触れられていませんが、1年継続ごとに非課税枠が増加します)

最終的に有利な受け取り方を選択されたら良いと思います。

普通の年金と同じです。

年金受け取りを先送りにすると受取総額が増えるから有利だと、世間ではそういう論調で話したがりますが、僕は一概にそうだとは考えてはいません。

たとえば重い持病があるとか。自分の平均寿命の期待値が他人よりも明らかに少なさそうならば早くから受け取った方が良いと思います。

そして、貰ったお金を運用で増やせるなら少なくても早く現金化した方が得、という方もいると思います。

iDeCoの受け取りが可能になるまで数十年とかあります。その間に投資のスキルを磨いて、国に預けた資産が返ってきた時に自信を持って自分で運用できるようになっていたのなら、貰えるものはさっさと貰った方が良いです。

僕はFP(2級程度ですが)の資格を持っていて、その試験では「受け取りを遅らせた方が得」だと答える必要がありました。

しかし、投機家目線で言うのなら、減っていても早く貰った方が得だ、と答えます。自分にとって有利な方を選べば良いと考えています。

行動しておけば選択肢ができます。将来のリスクヘッジにもなります。

選べない将来と選べる将来、今の持ち資産で投資に割く余裕があるのかないのか、どう行動するか、どうしたら未来の自分に有益なのかを考えてみるのも良いかもしれません。

-----------
・今月のiDeCoの投資内容と結果

運用商品は

運用商品
・あおぞらDC定期(1年
・DC外国株式インデックスファンド
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA


毎月、手動スイッチングで「あおぞらDC定期」から「DC外国株式インデックスファンド」を3万5000円「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」を2万5000円購入中。
コメント 2020-05-30 223102

積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在新規毎月5000円拠出、全額DCニッセイ日経225インデックスファンドAに積み立て中です。毎月の5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度が減る可能性があります。

積み立てまとめ

毎月
  • DC外国株式インデックスファンド、3万5000円
  • DCニッセイ日経225インデックスファンドA、3万円

積み立て中。


iDeCo内資産(スマホ画面、PC画面キャプチャ)
IMG_2404
IMG_2405
IMG_2406

資産残高 5,001,119円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 3,915,000円
内訳 掛金 3,915,000円
個人型加入者掛金 3,915,000円
中小事業主掛金 0円
移換金 0円

損益 1,086,119円
損益率 27.7%

僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、2017年5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得です。

スクリーンショット 2020-11-01 170139

ポイントサイトのハピタスから口座開設をすると200P(1P=1円)のキャッシュバックがあります。楽天iDeCoだと1000円(2020年11/1現在)あるみたいですけれど、僕のおススメはSBI証券です。iDeCoの口座は一人あたり一つしか持てません。政府主導の税制優遇案件で管理しやすくするためだということがあるからだと思います。

楽天だと楽天市場などのお買い物時に間に挟むと1%戻ってきたりしますのでそちらで使用しています。

ハピタス内での検索ワード SBI or iDeCo


サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきていていい感じです。NISAと並んで税制優制度もあって貯蓄から投資への第一歩として最適な投資法の一つです。個人的にはNISA以上の恩恵があると思っています。守備的投資先としては最優先にしても良いと思います。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任です。

ネット銀行の口座開設も数社ハピタスキャッシュバックキャンペーンあり(数百円だけど)僕が使っているネット銀行頻度順は

住信SBIネット銀行=PAYPAY銀行>あおぞら銀行>>>>>楽天銀行

*ジャパンネット銀行はペイペイ銀行に名称変更を行いました

即時口座反映(数秒レベル)の振り込み入金など便利ネットトレード系では一つは必須。できたら2つ以上。僕は上記4つで回しています。スマホアプリからの送金で通常即時反映される場合も多く使いやすくなってきています。

ハピタス会員登録

検索「銀行」

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思います。好きなところ買えばいいです。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかりますができます。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられます。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利となっています。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないことがあります。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることはありません。老後資産を作ることを目的としたシステムのためです。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思います(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えてくださいね。…いないか)

結婚した後、離婚した場合でも個人の資産として認められ、、、

iDeCo、401k個人型確定拠出年金は財産分割対象になることはありません。

備えあれば、となるやもしれませんね。現在幸せで今後も幸せである予定ならば奥さん、旦那に言わなくてもいいことは言う必要はありません。知っていたら少しだけ有利な程度の話です。

FP2級がiDeCo401kの金融商品運用に挑戦。

今週のDEX,DeFi戦略、エアドロップ狙いとポジション調整

仮想通貨全体が落ちている雰囲気の中、いくつかの現物を久しぶりに買いました。ビットコインがここからまた落ちて28000ドル割っていくようだったら仕方なく減らす予定です。底切りになっても諦めます。儲ける事よりも生き残りの方が重要です。負け分を無秩序なナンピンで助ける行為は激しい値動きをする相場では自殺行為になるときもあります。逆に計画的なナンピンは良い投資の一つになると考えています。レバレッジもナンピンも使い方、使う人間の管理方法が大事だと思います。

DeFiについて、ポジション調整を進めていました。

マイナーxマイナーのペアは作らずに、ドルペッグ+増やしたい通貨のLP、もしくは、片面でのステーキングを多くしています。そうしていてもこの相場、守備力が追いつかずにマイナスになってしまっているものも多くあります。少額の投資対象であったとしても減り具合を見るとなかなかのものです。

Maticには手を出そうとして結局止めてしまっています。トレード端数で残った10maticが虚しく放置されています。10matic以下は処分するには板取引できずコンバートするしか売れないんですw最近はレンディングに出すと年利80%みたいですよ。端数処理のコンバートは年末に一気にやると決めています(税務処理を少しでも理解しやすく簡単にするため)
スクリーンショット 2021-05-30 105416
現物結構前に買ったんですけど、相場模様がおかしくなってしまってこれはアカーンwと一旦切ってこうなっています。新規参加は一時見送り、のんびりやって行けば良いと思います。

MATICへはascendexを経由すると、一部の仮想通貨は安くチェーン間ブリッジできます。事前に対応している通貨かのチェックを忘れずに。

FTX→ascendex→matic

FTMチェーンに行く場合は

(FTX→)バイナンス→FTM

solanaチェーンに行く場合は

FTX→solana

DeFiを利用する場合は結局FTXいるやないか、ということで変わらずFTX代表のアフロ信者で行きます。

GMOコインからBTC送金無料です。日本に戻す場合はコインチェックは利用を控えた方が良さそうです。海外から直接送った時に日本円出金しようとしたらマネロン対策という理由で資金拘束されたことがあります。FTX→GMO→コインチェック、BTCを円転するときにコインチェック有利だったらこのルートが良いと思います。こっちの方がよっぽどマネーロンダリングっぽいんですけどねw(当然ながら何も悪いことはやっていません)

暗号資産をFTX側へ戻す場合は逆の経路を辿ると安くチェーン間の移動が出来ます。それ以外の方法も現在は充実してきています。今後もこの流れが続くのか見ていかないといけません。

ガス代問題の解決によってETHがDeFiの絶対王者に回帰していく可能性もかなりあると思うので、新興勢力に期待しすぎないことも大事だと思います。

僕が自分にとって大き目のお金を入れられるのはETHチェーンの中でもごく限られたDeFiのみです。

オマケでエアドロップがあるよと告知しているDeFiに入れたりはしています。マイナーなのでここでは書きません。利用当日のtx見たら数が少なかったです。

------
バイナンスとバイビット(こちらはつい最近)は日本の金融庁から警告を受けました。ただし、これはバイナンスとバイビット側が日本人に対して勧誘広告アピールするのがダメだということであって、日本人が自己責任で勝手に海外仮想通貨業者を利用する分には現時点では問題ありません。違法行為ではないです。バイナンスは攻めすぎているのでこうなっています。金融庁は利用するのにはリスクが高いよ!と警告しているだけです。知ったうえでどうするかは本人次第です。

FTXがPC側のUIから日本語を取っ払って日本人は英語表記のみ対応にしたのも、日本の金融庁に対しての配慮だと思っています。FTXはアメリカに対してはFTX.usで別展開しています。

ブラウザの右クリックで日本語翻訳できますから、この対応はナイスだったと思っています。

バイビットは中国へのスタンスとして中国人の締め出しを表明しました。

バイナンスやバイビットもようやく、重い腰を上げて各国への配慮を始めたような雰囲気になってきています。各国との規制やルールとの戦いは当分の間続くはずです。

毎回でも言いますが、だからFTXが安心というわけではないです。DEXではない取引所のこの展開は後出しでもなんでもなく想像できて起こるべくして起きていることです。

金のなる木の仮想通貨を国々は自分の支配下に置きたいがそうはなかなかできない、マネーロンダリングなどを意識しすぎて下手に規制しすぎると他の国に後れを取る、結局アメリカのスタンスを見ながら世界が歩調を合わせて行くのが王道パターンになりそうです。

中国はいつなにをやるかわからないですw

DEX、海外仮想通貨業者はもちろん、日本の暗号資産業者でも千差万別でそれぞれに特徴があります。自分にとってのバランス感覚を磨いて、良い資産配分でトレードを行えるように取引を進めて行こうと考えています。

デルニュー戦略21週、米ドル資産週間初マイナス、為替考慮でプラス

デルニュー戦略でビットコインの価格変動を狙わずに金利差を稼ぐ取引手法の実戦報告です。使用している仮想通貨業者FTXが設定を変えると告知して年内で一旦〆たデルタニュートラル、年が明けて0から再始動しています。前回は7週間で資産増加率+3%でした。FTXでは他通貨ペアで更に高金利を得ることが可能ですが、それを行うとリスクが増します。ここではあくまで基本となるビットコインでのトレード戦略について書いて行きます。

初挑戦の方はまず基本的なリスクを理解するために少額で1カ月程度は練習や様子見をすることをお勧めします。運用予定額の1/50や1/100とかでやってみるとかは良い案です。出金と入金、ポジション作成から決済までを一通り実戦しておくのも問題点を把握する上で良い事だと思います。最終的な投資判断は自らで行い、自分のリスク許容度の範囲内でトレードをしてください。

2021年になって再スタートした金利差アービトラージ、デルニュー戦略の21週間経過報告です。

検証としてFTXでサブアカウントを作成(数クリックで作れます)し、0.1BTCスタート(3292ドル)から米ドルをどこまで増やせるか?という基本ルールでトレードを行っていて毎週結果と考察をブログ記事にしています。

難しい事を書いているようですが、BTCをデルニュー戦略したい分買って、その同数をFTXで空売りしているだけですwそれでなぜ勝てるのか?理論や更に収益を上げる戦略の方法を書いています。

------
第21週結果
*2021年2月16日よりAvailable Balanceは米ドルマイナス資産時「0」と表示されるようになりました。
スクリーンショット 2021-05-29 130836


前回3944.65
今回3943.44

-1.21ドル

スタート 3292ドル
(日本円換算約361626円)

トータル損益 +651.44ドル
(日本円換算約71560円)

*為替レートは平日24時間変化しています。今週、1ドル109.85円
------
21週間で+651.44の米ドル資産増加となりました。同じ0.1BTCの資産運用でもドル建て(資産ドルベース)で何時ポジションを持つかでリターンが変わります。

今回から、資産推移グラフの表示を無しに戻しました。理由は
  • 45日間までしか表示できない
  • 取得時間でグラフが変わる
先日、このグラフを利用できるようになってから便利かも?と思い使い始めましたが、FTXが表示を便利に使いやすくする気配が見えないのでブログの画像提示をやめます。検証の損益に都合が悪いから出すのをやめたわけではないのをご理解いただけたらと思います。僕は勝っていようと負けていようと、経過を報告し続けます。

さて、今週は初の米ドル資産マイナスとなりました(多分。間違っていたらご連絡ください

為替考慮だと、先週よりも円安ドル高になっているので、為替ヘッジをしていない場合の資産は増加傾向になっています。

週間1.21ドルのマイナスは表示変化のタイミングを選べばプラスに見せることが出来る範囲の損益です。秒単位でFTXでの表示は変わっていますから。でもそれをしないのは、現実を見てもらうためです。

今は一進一退、デルタニュートラル戦略には不遇の時代です。

少し前から繰り返し言っているように、ポジションキープか縮小方向が良い戦略です。新規ポジション作成は待った方が良いです。我慢できない場合は、0.00125%以上の毎時金利受け取りになっているのを確認してからが良いです。

そんなのも相場です。長くやっていったらかなりの確率で再び起こる事です。今それを隠しても無意味だと僕はそう考えています。

よくない時も含めてトータルで相場を乗り切り資産を増やして行くのが目的なはずです。いつもいつも都合の良い展開になどなるはずがありません。

デルニュー戦略は金利をみることで、自分に有利かどうかを見た目で判断することができます。「今はこうだ」と数字で見える訳です。そこにチャート変化の予想は必要ありません。ビットコインの価格が上がるか下がるかなんて考える必要が無いのです。

値段が上に行った方が高金利になりデルニュー戦略にとっては有利になるのでそちらの方が良いですけど。

見えてわかるという事は見えている分以上の収支は出せません。とても地味です。

最近の結果でも相当に地味な推移になっています。

大きくドカーンと勝ちたい人には向いていないトレード戦略です。裁量トレードしたい方には向いていない戦略です。

地道にコツコツと資産が増えていくのをニヤニヤしながら観察できる人に向いている戦略です(その表現よ

トレード手法には向き、不向きがあります。これは確実に存在します。

自分に合っていないやり方は長続きしません。自分がやりたいのは相場で生き残って引退まで稼ぎ続けることのはずです。これは誰しも同じです。

僕はこのやり方を見つけられて自分に合っていて良かったと思っていますが、自分に合うやり方を見つけられない人が多いのを知っています。そして見つける前に多くの人が相場で負けるのも知っています。

自分に合うやり方を見つけて、それを愚直に続ける。簡単なようでとても難しい事です。

僕自身も仮想通貨トレードでデルタニュートラル戦略だけでは相場から得られる高揚感に満足できず裁量や新規上場参加もやったりしていますし、昨今のBTC価格下げでヘッジをしていない現物資産は目減りしています。この資産配分割合というのも経験値で自分に合わせて培って行けるものだと思います。

無茶してサイズオーバーで退場していく人は後を絶ちません。相場で夢見るのは自由です。でも甘くない世界です。

トップトレーダーにはなかなかなれないのかもしれませんが、経験値は生き残る期間が長ければ増えていきます。そして気が付くと資産は上昇方向になっていきます。混乱相場でも冷静に周りを見渡し、パニックに陥ってしまわずに平然としていられるようになります。

------

今週、ビットコイン日足チャートではこのような値動きをしています。
スクリーンショット 2021-05-29 131007
ポジションを最初に作ったのが32920ドルでチャートグラフ上、左側の↓矢印部分です。値動きとの相関性のないデルニュー戦略の資産推移とは違った推移となっているのが分かると思います。
-------

僕はこの検証用の0.1BTCはマイナス金利が発生している時も含めてずっと放置します。そうした結果で勝てるかをこのブログで見てみてください。FTX側の変化があったり僕が破産しそうになったら別ですが。もしも僕がデルタニュートラル検証用の報告をしなくなったらお金に困り始めた!と思った方が良いかもしれませんね。0.1BTCの運用資金がメインアカウントに必要な状態になっていてこっそり決済しているのかもしれませんw毎週土日のどちらか暇な時で更新予定です。

デルニュー戦略参考記事
ex3681ボーナスFTX30ドルバウチャー、5%off手数料

月別日記
連絡先
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com

*@を一つ消してください
お互いの環境でメールが届いていないような表記で戻ってくることがあるようですが、ほとんどの場合はきちんと届いています。48時間以内に返信が無ければコメント欄でご指摘いただけますと幸いです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ写真画像
  • SDトークンERC20に配布変更登録コインリスト案件
  • SDトークンERC20に配布変更登録コインリスト案件
  • SDトークンERC20に配布変更登録コインリスト案件
  • SDトークンERC20に配布変更登録コインリスト案件
  • SDトークンERC20に配布変更登録コインリスト案件
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
  • AMA前STEPN次戦略考察BSCでミント展開していくアカツキが出資
最新コメント
更新連絡
ツイッター
フォローしてくれると喜びます
ブログURLのQRコード
QRコード
ご連絡
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com

*@を一つ消してください
お互いの環境でメールが届いていないような表記で戻ってくることがあるようですが、ほとんどの場合はきちんと届いています。48時間以内に返信が無ければコメント欄でご指摘いただけますと幸いです。