アサイチから。最後尾から入店もある程度台選べる状況だったので対抗台ゲットすることができた。打ちながら現状わかっている範囲で設定判別、隣もチェック。やり方は短縮抽選演出の音が聞こえたらバレない程度に履歴チェックと関所からの当選率チェック。やじきたボーナスもAT中じゃないのに派手な音鳴るから大体わかるw設定判別は一つの要素に頼らず全体的なバランス重視。

今日のできごと
2014-08-08-12-17-02
こ、これは・・・

引いてみてみると
2014-08-08-12-17-17
ただのわっしょいでしたー
2014-08-08-14-46-38
全員味方キャラで勝ち確定。
2014-08-08-12-47-33
天照高確率中。結果、わっしょいすら揃わずスルー。

以下やじきた道中記乙初打ち感想と思ったこと、データ メモ帳から転載

関所までチェックはコイン投入。
ゲーム数チェックする場合はついでに同行者チェック、天狗やカッパいたら次周期まで。
設定判別要素は弱チェリー確率1/75目安と周期抽選ハマり数、リプレイ3連からの短縮抽選当選確率75%、関所チャレンジ成功確率1/3程度などから設定判別。
AT当選確率は設定6が1/268、設定1が1/400。
やじきたボーナス当選確率は設定6が1/681、設定1が1/875。
やめ時はAT後の周期抽選後夜以外で即やめが良さそう。
ユニメモでAT中、ボーナス中などの総回転数がわかる。設定判別で弱チェリー数える場合有用。 
データ機器はAT当選でバケカウント後BIGカウント、やじきたボーナス通常時はBIGカウント、中途半端なところでBIG引いてたら通常時やじきたボーナス、ハマリ台狙いのターゲットに(天井はAT間っぽい?)
本日最大目撃ハマリは1300ストレートハマリでまだ回転中。 
通常時は北斗転生とバジリスク絆を合体させたようなゲーム性。
わっしょいは連チャンはじまると面白い。わっしょい後一発目のリプレイがかなりの勝負。3回目のリプレイまでにわっしょい連来ないと連チャン期待度は大幅に落ちそう。 
AT中強チェリー引いてもなんもない時ある。わっしょいのモードアップしてすぐ落ちてるだけかもしれない。 
AT連は意外と見かけるレベル。ハマった後の台で連チャンしてるのを良くみかけたのは気のせいか?バジリスク絆の天井システムが脳裏をよぎる。
謎短縮は周期抽選直後に頻出。これを設定判別に加えていいのか現状確定しかねる。

以下データと感想、狙い目など。 

関所 25
内AT後1/8
ボーナス後0/1
当たり 8

スイカ 5
短縮2

リプレイ3連 13
短縮9

謎ショートカット12

0から

234 AT 
結果50G 109枚

66 AT 天狗150
AT中超やじきたボーナス256枚
AT中超やじきたボーナス105枚
結果240G 1103枚 AT計290G

213 AT かっぱ160
AT中超やじきたボーナス172枚
結果570G 3034枚 わっしょい42 AT計860G 夜からかっぱ同行

140 AT4 あかね85
結果165G 503枚 計1025G

274 ボーナス直撃 スイカから やじきたボーナス4 123枚

128 AT5 きた50
結果50G 218枚 計1075G 夜から天狗同行

170 AT6 あかね50
結果50G 70枚 計1145G

3周期スルー後夜から天狗同行も4周期抽選スルー
7周期目通常時から夜へ、同行者無しで宿場町到着

998 AT7 7周期目 きた50
結果50G 144枚 計1195G

8 AT きた50
結果G数枚数引継100G234枚

5 やめ

弱チェリー確率1/96
2281G

2台目754ハマり 176から
1013 ATきた50
結果60G 210枚

9 AT2 やじ100
AT中超やじきたボーナス215枚
結果G数枚数引継280G 1117枚

9 やめ

差枚数+2340枚


感想、狙い目

出玉関連や設定判別に関しては上で書いたので、狙い目や液晶演出に関して。設定はよくわかんねw捨てちゃったし、設定6はないだろうということで。

周期狙いは守備的なら残り60以下、僕は残り80きりあたりからいってみようかと思ってる。ヤメ時は周期抽選後夜以外即ヤメ。北斗転生と違って短縮でえらいことになる可能性が低いので細かい稼動の連発になると思う。

ハマリ台狙いは750あたりから、ヤメ時はAT引いた後に周期抽選後と同じで。周期が出玉が無いバジリスク絆のBCみたいな解釈がいいのかもしれない。液晶夜が次回AT突入率モード示唆とか、ありえそう。 
2014-08-08-16-26-50
やじきた道中記乙通常時打ち方とAT中変則押しフラグ判別手順

解析数値などは情報元のスロマガにて。

■パチスロQZ掲示板カテゴリ
初心者なんでも機種別天井設定ゾーンアサイチ理論立ち回り用語
パチスロQZをブログに設置
以下続きは相場
昨日はパチスロ休みで相場やってた。デイトレード限定としては今年最大の建玉額張って余力10万切るとこまで相場にお金晒して今年最大の勝ち。今日はパチスロうちながら軽くやって前日の1/10以下ほどの負け。今月株デイトレードは全勝中だったんだけどな、残念。今日は為替もパチスロうちながら。リスクヘッジで売ってた玉を買い戻して利益確定再び売ってポジションサイズ元通り。

なんで昨日動いたか後で調べたら、

GPIF改革、日本株は20%超へ調整=政府・与党筋


これで動いたのかな?だったら数日前にこの情報とほぼ同じ内容を僕どっかで見たんだけど。年金でとりあえず下支えしておいてNISA上限アップで更に上で個人にも支えてもらうとかいうシナリオを描いてるとかだったと記憶している。そんなのが相場に反映される瞬間が、相場に張り付いている時、デイトレ最大額投資した時に来た。

偶然が重なった時にロイターで記事として書かれる。運がいい。結果が全てなのだから運は悪いよりもいい方がいい。こと相場において生き死にに関わるレベルの運の悪さは自分の意志で回避できる。

そして今日の動きは地政学的リスク、ウクライナやアメリカイラク攻撃などで日経平均爆下げでえらいことに。

リーマンショックで大敗した後は、なんちゃらショックとかパニック相場に短期参戦した場合の勝率やその額はすこぶる良いパフォーマンスを維持。 こういう相場を逃さないために常に相場を監視してリスク管理し張ってて良かったと思う。自分の心地よいトレードスパンやサイズが見つかれば後は自分を律し続け時間が経てば結果がついてくる・・・はず。

パチスロやパチンコはもう絶対にトータル負けは無いけど、相場はやってる限り破産がついてまわる。数年前になるけれど、僕は死ぬまでそのリスクと向き合う覚悟を持って生きていくことに決めた。死んだ時が全ての引退の時だと決めた。そして覚悟を決めてからたかだか数年のひよっこだ。「相場暦」と「相場と共に生きる覚悟」はイコールではない。

僕の存在は空虚なマネーゲームと共にある。 

なんの根拠も示さない自慢ついでにかっこつけといた。主に調子に乗らないため自分への戒めなのでスルーしておいて。