前回に書いた積み立て金額変更で提出していた書類の不備なく、積立金額を自分の上限いっぱいの毎月67000円に変更。これは来月から適用されるので今月までは今まで通り。

お金の動きに関しては特に問題無し。普通の人が普通にちょっとだけ考えて401kやったら大体こんな感じなんだろうと思う。アベノミクス相場の中で買ってたら、現時点ではほとんどの人が利益になっているはず。逆に401k以外の裁量トレードで自分がやってる401k以下のリターンしか得られていないようなら自分のリスク受け入れ範囲内でやり方を考え直す必要があるのだろうと思う。自分自身のベンチマーク(基準)として考えるのも一つの手か。

お金の動きは問題ないけど次回から401k内での積立運用方法に大きな変更を加える。

具体的には

1・日本国債の購入を止める。
2・現金保有をしていく。 

この2点。

現金保有は暴落時の差益狙い用メインと軽い節税を狙って。 積立額は日本債権を無くして1年定期へ。5年定期とかにはしない。金利を狙った現金保有でなく、解約手数料ゼロで違う商品を購入可能ということに着目。来るべき時に備える。来なきゃ来ないでその時でいい。その他の商品の積立はおおむね今まで通り。

401k受け取り時の非課税分を超えた税金については、実際に心配する価格付近まで行ってから細かく考えることにする。普通に株やるよりは得だし、運用益で払う分にはまぁいいんじゃないかと考えるようになってきた。この辺はまだ先があるのでじっくりといろいろ悩み考えていけばいいと思う。

次回からの変更内訳
2014-11-19-08-20-16
個人型確定拠出年金401k現在の結果(積み立て最初から全て公開中の401k資産のみ)
2014-11-19-08-17-46
総資産残高(円)(A) 2,420,735
購入金額合計(円) 1,616,148
損益合計 804,587
手数料控除前拠出金額累計(円)[注1](B) 1,603,000
拠出金額累計に対する損益(A)−(B) 817,735

野村日本債券ファンド(DC) 150,437 6.21
日経225ノーロードオープン 125,228 5.17
DCグッドカンパニー(社会的責任投資) 149,778 6.19
フィデリティ・日本成長株・ファンド 145,066 5.99
三井住友・バリュー株式年金ファンド 150,718 6.23
DC外国株式インデックスファンド 816,711 33.74
野村外国債券インデックスファンド (DC) 393,939 16.27
ダイワ/RICIコモディティ・ファンド 87,627 3.62
シュローダーBRICs株式ファンド 93,557 3.86
朝日ライフ 日経平均ファンド 125,744 5.19
MHAM J-REITアクティブ ファンド〈DC〉 181,930 7.52
小計 2,420,735 99.99

積立以外の取引履歴に朝日ライフ日経平均ファンドから利息分配金14,944再投資ってのがあった。401kは分配金全額再投資なのでそれはわかるけどなんでこんなにあるのか謎。もらえるもんはもらっておけばいいか(面倒で調べない人)