調子乗ると、フラグになる。わかります。
コメント 2020-04-30 145518
ビットコインの価格が素晴らしい上昇チャートを描いて100万円/1BTCにまで到達しました。一気に伸びるのは難しかったらしく達成感の売りが出てきました。

どこまで落ちるのかな?

と見ていました。
コメント 2020-05-01 100821
めっちゃ落ちるやん。

日経平均、NYダウの株式平均も落ちています。

ポジショントークになりますけど、今現金以外の何かを持つとしたら、自分以外の誰かがBTCを選ぶ可能性結構あると思うんです。(昨日買ったポジション全然売ってないらしい)

暗号資産自体は今後かなりの確率で発展していきます。

月が変わった5/1、今日から日本では仮想通貨でなく、暗号資産と呼ぶように変わりました。

国は通貨としては認めない、資産としては認める、という明確な意思表示です。

法整備が進んでいるのも、国として野放しにすることができないレベル規模になってきているからです。トレード環境としては、これからもどんどん法整備が整っていくのでしょう。

FXが辿ってきた道と同じように、申告分離課税方式も見えてきている気がします。

現物とレバレッジ取引を分けたら可能なのでは?と思っているのですがどうでしょうか。

今年変わる、とかはないので、今年分は雑所得、総合課税、累進課税方式です。

損益通算もできません。負けたら無意味です。もちろん来年へ持越しもできません。今は税法上かなり不利です。ただ勝っていたらいろいろとできることはあります。租税回避とかではなく正当な方法で。僕はルールを守ったうえで勝ちたいのです。

ルールを破ったゲームは面白くないです。テレビゲームなどの違法なチート行為とか、なにが楽しいんだろう?といつも思います。

ただし、ダークでも何でもない合法の裏技は可!ですw

これが自分の物差しです。

FP資格持ちとして、自力で確定申告をするという感じで今までやってきましたが、今年は既にほぼ諦めましたw使用取引所の数、取引回数、共に自分の管理できる数としては多すぎて、計算の整合性を得るのが自分ではもう無理です。

FXは取引所が計算してくれましたが、暗号資産はいろいろと違います。僕の場合は、出金や送金も多いので多数の取引所との整合性、正確さが必要です。

ムリ。

なので、税理士にやってもらう方向で計画中です。

*予定です。親切な方なので自分でやれる方法を提示してくれたらその方法でやる可能性もあります。

慣れてない計算の時間を気に取られることなく、好きに使える時間としたいと思います。時間をカネで買わせてもらいます。

現在既に暗号資産に強い税理士関係の方と話を進めていて、やっていただくのに問題無さそうです。

青色申告事業所得なら仕訳、法人化なら手続き、どうするか考える時間はあります。

暗号資産の申告分離課税導入はよ。

これですべて解決します。

株やFXの税率20.315%固定、法人化は自分に必要ありませんでした。

今年自分では計算しませんけど、どういう感じでやっていくかはまた経験値を積んだらブログに書いていきたいと思います。暗号資産の損益計算については自力でするのほぼ諦めてドライに「損切り」です。

現物の保有は続けます。まだ損切りしません。いや、まだプラスでした(下がったので負けてる感覚になってしまいます、損は大きく感じるニンゲンの不思議)

来年2021年に行う確定申告の仕方を覚えて、自分でできそう、となったら、再来年に自力チャレンジをするかもしれません。今年はここまで考えるほどややこしくなるとは思っていませんでした。嬉しい悲鳴、ということにしておきます。

今年分は税理士に任せて効率的なやり方を勉強します。

委託してかかる費用経費は、確定申告提出代行などは頼みませんので15万円程度最大でも30万円以内におさまると思います。

もしも、ブログ読者の方が僕と同じように将来確定申告で困るようなことがあったら暗号資産に強い税理士さんを紹介できるかもしれません。それはまたその時にでも。

来年分の確定申告について、他の人に任せる選択肢があると吹っ切ったら気が重いのが取れました。

あとはビットコインが上がってくれたらよいのですが、、、一応現物分ゼロ円になっても今年の利益は確保しています。現物保有している業者さんが破綻破産して飛んだら知りません(他人事)

その時は何のための5/1改正資金決済法の施行、今日の改正だったんだよ!?と大声でわめくことにします。