ついに到達したぜ、イールドファーミング、DeFi最前線。正直説明できないことも多いですが、基本的な勝ち方とか手順とかは把握しました。良い環境があればなんら問題無く勝つことが出来るようになりました。
スクリーンショット 2020-09-19 112919
登録してそんなに時間たたずに20ドル超。ガス代まではまだまだだけど回収はできそうです。なんで2回も失敗するんだよwガス代ケチってないでそのままにしたのに。ガス代上乗せしてようやく通ったですよ。まだこの辺が素人。

このUNIが現在のほぼ最前線です。9月前からやっていたら多額のエアドロップがあったのですが、僕は今月デビューのひよっこです。初心者の僕は今回始める前の恩恵は何もありませんでした。

相場は誰しも初心者から始まります。DeFiも一から初心者から始めます。経験積まねば見えるはずのものも見えません。かなり視界が広がりました。知識不足は仕方のない事です。自分の出来る限りのリスク管理してやっていく他はありません。

これの前にやっていたDEX取引所、LIENではトラブルに巻き込まれていました。バグが見つかって資金拘束されていたのです。しかし、昨日全部戻ってきました。良かったです。
スクリーンショット 2020-09-16 224642
DEXですから、信頼に足らない業者だとこういったケースはトンズラされます。僕は今回その覚悟をしていました。今年の勝ち分結構持って行かれちゃうなと考えていました。そして戻ってきて、すぐさまそのお金を使って、上の写真のトレード、イールドファーミングに移行したわけです。

イールド=金利
ファーミング=農業

金利の農業です。自分の持つ暗号資産を貸し出して、金利を得ることを指します。

なにかに気づきませんか?

そうです。これ銀行業務です。これからは個人で銀行業務をやる時代です。銀行に中間手数料を取られることなく、自分の取り分を多くすることが出来ます。ネット、ブロックチェーンという技術を使って。

ただし、責任も重くなります。

資本が毀損しようと誰も保障してはくれません。銀行が貸し出す先を慎重に選ぶのと同じように、自分で選ばねばならない時代になりました。その対価が高金利です。

イールドファーミングやって思ったんですけど、すごく単純なんです。

僕が初めてイーサを触って、暗号資産ネットウォレットを触ってまだ2週間やそこらです。そこから一気に一番難しい戦場に行ってしまっていたようです。

昨日まで資金拘束されていたLIENは超難関プロジェクトだったみたいです。
このプロダクトで僕はもう勝つ方法を理解しています。当然完璧ではなく上っ面だけです。

丁寧に教えてくれた日本人みんなのおかげです。ここを見ているかはわかりませんが心から感謝しています。なんでこんなレベルの奴がここにいるんだ?と思った人もいたことでしょう。でも恥ずかしがることはありません。

その人たちだって最初は初心者だったんですから。

先人の知恵を借りられるのであれば、それにすがります。もっとも近道です。しかも間違えにくい。

インターネットはそれらをも可能にしました。いい時代です。

日本と海外の垣根は物理的距離、国ごとの規制的差以外は無くなりつつあります。

頑張って欲しいのはやまやまですが、日本の暗号資産取引所業者はもうダメかもしれません。僕はアービトラージと現物ポジション調整、それに取次場所として使います。それらすら使えなくなったら独自ウォレットでやります。完全に見限る準備は既にしてあります。