タイトルの手法、負けた記憶が多分無いんですよね。あったとしてもショボ負けとかそんなんじゃないかな。頻繁にチャンスがあるわけではないですが、土日にその間の日足をブレイクして抜けていくとき、逆張りすると高確率で戻るんですよ。

下落している理由がはっきりしたら切ればいい(もしくは深めに設定したストップヒットで損切り)と考えてやっています。理由が判明した時点でカットです。レートに関係なく。

ただ、下落におおきな理由があったことなんて一度も無いんですけどね。僕がトレードした時全部戻ってますし。逆張り手法は基本戻ります。たまに大きく損します。リスク管理に慣れていない初心者はこれで一発退場します。

機関投資家達が商売でトレードしていない土日はその大きな損の確率を減らせるのでは?という理論です。
スクリーンショット 2020-09-21 102002
細かく利食いながらやっています。値動きが激しいので指値でもサクサクです。FTXは今指値無料なんで逆張り手法の時はかなり有効利用できます。

戻り切る前の早め利食いで最後もフィニッシュです。

ついでにビットコインのMOVE先物(1日で満期が来ます)を売っていました。満期まで持って自動で買い戻し無事利益ゲットです。
スクリーンショット 2020-09-21 110136

先物の満期は決済手数料がかからないのでありがたいです。東京時間の毎日午前9時に満期が来ます。投機する場合は日付の確認必須です。

MOVEというのは、英語の通り、動くか動かないかに賭ける契約です。今回の場合は下落した価格が戻って、始まった価格に近くなれば勝てる賭け方をしました。小さい資金で大きく取れる金融商品でもあります。その分リスクも高いです。ポジションサイズにはくれぐれも気をつけてください。1とすると1BTCと同じ価格、同じ手数料でのトレードになります。200とか価格がなっていても1とするとそれで100万円分以上BETしていることになります。

FTXはトレードできる金融商品がいっぱいあるので飽きません。むしろあれもこれも、となって困っている時が多いです。更にIEOやキャッシュバックイベントやってきますからねw

このMOVE契約は、売りの場合はまったく価格が動かなくても勝てます。ただし、暴騰や暴落があると大損します。これは動きに理由があまりない土曜日にやるのが比較的有利な手法とされています。

僕が土日の理由の無いブレイクは逆張りと言っているのと似たような理由です。


ビットコインは普通に勝てました。

代わりに、下落する前、イーサのヘッジを外してしまっていました。これで結構マイナス喰らっています、、、。イールドファーミングで高い金利あるからいいかーと外してみたら価格落ちてしまいました。そして含み損です。

そうそう全部うまいこといくはずがありません。勝ったり負けたりが相場の常です。

うーん、ETH資本優位のDefiトレード、初心者もいいところでバランス取りにまだ慣れていません。

精神的に、損益的に、自分の心地よいバランスを探すことにします。


すげぇ時代ですよ。

ぼく「全然そうきんがはんえいされません、もう3時間たっています。イーサスキャンのくるくるがおわりません。こわいです。なぜですか?」

最高学府卒の人「待てばその内届きますよ」

ぼく「とどきました!」

最高学府卒の人「良かったです!」

僕がイーサの送金をし始めたての頃の話(数週間前w)調べたらわかるかもしれないこともガンガン聞いていました。こんなんスルーでもいいでしょう?普通は。

でも、教えてくれるんですよ。今思い出してもこみあげてくる。あの時は不安で仕方が無かったんです。お金が戻ってこないって。消えちゃったって。

たくさんの質問、どうして理論的にそうなるのか?との疑問、何十分も僕のために時間を使って教えてくれました。僕が質問している意図をくみ取る能力もすさまじく、やはり頭の中身が違うのだなと痛感しました。今は質問を控えて自習が多くなっています。どう調べたら良いかがわかるようになってきたので聞いて返事を待つよりも早く解決することの方が多いからですw

教えてくれる多くの人たち、多分一生会うことも無いでしょう。でもどこかで恩返ししたいなぁ。僕が成長できたら同じように行動したい。同じようにうまくは説明できないけど。そう思った夏の日の2020。

FTX指値2020年内無料

info@@fpmacha.com
*@を一つ消してください

出金無料の国内業者からFTXへ送金する方法とセキュリティ