大手銀行で違法な資金洗浄が行われていたとする記事が数日前にニュースで流れました。しばしばマネーロンダリング懸念が指摘されるビットコインなどの暗号資産ですが、銀行ぐるみでマネロンをしていたとするならば、むしろ、ブロックチェーンで「履歴を全てみることができるビットコインの方がまだマシ」に思えます。

裏の顔使って陰に隠れてやられるか、最初から匿名だけど取引履歴全公開か。

TwitterCEOはビットコイン擁護者として知られています。

最近の世界の動き。

米中貿易戦争、進むインフレで価値が下がるお金、宗教


これらを鑑みて、ビットコイン現物ガチホールドするサイズを倍程度に増やしました。これは今後増やすことはあって減らすことはありません。チャートも短期売買以外ではさほど重視せずに考えて行こうと思っています。

とか言いつつ、チャート見て、米ドル通貨建て9800、9600に指値買いを入れてあるのですがw

もしも、金銭的に困ってその時にビットコインがネット上でうまく使えていなかったら、ビットコインガチホその限りではありませんが、今回の気持ちはかなり強い考えで臨もうと思っています。

今の僕が思うリスクリターンの観点から、期待値的にある程度の量のビットコインを持っているのが良い選択肢になるだろうと判断したからです。

むしろ、そうせざるを得ない時代が来るのを見越しています。

世界が一致団結して止めなければこうなっていく確率は現実的だと考えています。


とてもではないですけれど、世界が一つになるのは無理だと思います。こうなってくると、ビットコインが資産を守るという意味で現時点で有力な候補になります。ビットコインが無理やり世界の共通事項の一つとして認識される世界です。

今の時代ではまだ早い考えだということも認識しています。でも後に紹介するブログ記事や動画などで出てくる「期待値」から考えると今がかなり有利に見えるのです。大手投資会社や金融機関が少しだけ動いているこの状態が「今」です。

動画では、第二陣がビットコイン業界に飛び込んでくるのは6カ月ほどかかるとしています。大企業ほど縛られている足かせが多く準備に時間がかかるのです。早くて6カ月、遅くてもっと後です。

今からビットコインが半額になる確率が50%あるとして、50%以上に増える確率は50%以下で良いはずです。下限はゼロですが、上限は無限大です。そこまで夢はみていませんけれど、倍程度なら世界に流通して更に認められたら普通のことになるのが必然です。

NASDAQ上場企業がビットコイン保有していることを宣言しました。大きな額を土日でも問題無く動かせるのはビットコインしかなかったと語っています。

この方のインタビューの文字起こしを第一人者がしてくださっています。

更に、同じく別の第一人者が動画にして説明しています。

今回のことはそれくらい大きなインパクトがあって、かつ

ビットコインおもしれー

と暗号通貨業界に関わってる人間が思うような出来事だったのです。

持っている資産の全額とではなく、一部を仮想通貨で持つことは、今の世界では、それが資産を守る意味を持つ可能性が大きくなっていることを少し意識してみると、より違う世界が見えてきて楽しいと思います。

今は少しの企業がビットコインを商売の一部、資産運用の一部に加えて動き始めています。

この動きが止まるのかどうか、僕が生きている内にある程度の結果が見られる可能性が高いと思うとワクワクします。期待値BETの結果が正解だったとして今ビットコインのことを気にもしていない層が参入してくる世界が見られるのを想像しています。

そんな時代が来ないにしてもその分以上はビットコイントレードで勝っていきたいなぁと思っています(何事も思うのは自由ですからねっ)
スクリーンショット 2020-09-24 130824