今回、僕がBOTに任せたトレードでやりたいのは決まった時間に決まった枚数を売る事だけ。これをしばらく機械ではなく全部自分で手動でやってたんですけど、さすがにしんどくなってきて(なるべく正確にするなら1時間に数回は注文をする必要があった)遂に自作のBOT作成に着手しました。

自分で作るのなら、不安も無し。

昔にみたいにロジックもわからず負けるなんてことはありえません。

あのころは純粋だったです。投資ツール提供者が投資助言業の資格持ってたら信用できると思い込んでしまっていました。投資助言のスキルと相場で勝つスキルとビジネスのスキルはまた別物です。今ならわかります。

あの時があったから今があるから後悔はしていません。

FTXのQZは初心者でも自動売買がやりやすいように作られているそうです。僕は初心者ですが、何が難しいのか何が簡単なのかもよくわかりません。

ただし、Pythonなどは用語の辞書引けばどんなことを指示しているかなどは、なんとなくですけど(なんとなくじゃあかん)大体理解できます。一応、以前に少しだけ勉強してみましたが僕には無理な様子でした。

書けるようにはならず、自由に自作できるほどには到底なれなかったですw

意味わかればいいかと思って妥協しました。いや、挫折しました。が正しいです。

今回やりたいのは非常に単純なので、ネットに転がっているソースを流用したら行けるかな?と思ってやってみたら、ものの数分で完成しました。クオンツゾーン本当に便利だった説。

これに気をよくしてプログラミング組んで裁量トレードやるとかはしないと思います。他に調べたいこと、研究したいことが山ほどあります。
スクリーンショット 2020-09-27 160259
1つ作って同ロジックを量産、UNIとSUSHIの2つの通貨で2周期を最低枚数で回してみて成功でした。有効、停止もきちんと作動。数時間たった今も普通にきちんと動いています。ちょっと感動w
スクリーンショット 2020-09-27 235209
テスト売買から本格始動へ移行しました。サブアカウントでイールドファーミングで得た分を永遠と売っていきます。このトレードに関しては僕がやるべきなのはレバレッジ管理と細かい調整を1日に1回くらいしたらいいだけになりました。

余計な時間を随分削減できました。

安定収入を得たら、次はギャンブル的な収益も狙って行きます。

スクリーンショット 2020-09-27 012409
DeFIの後に来るのでは?と言われているNFT銘柄のICOに1000$ベットです。Flowといいます。

こちらはFTXの口座開設からのイベント抜きとかIEO参加とか等の種類のトレードと比べると、参加ハードルの高さとリスクが数段違うので暗号資産トレードに慣れてない方にはあまりおススメはできません。

このICOを行っている業者の口座開設から本人確認と1000ドル送金で即ロック、ここまで一気にやらないといけません。
スクリーンショット 2020-09-27 012137
今回の場合は、FTX業者の上に書いた特定の狙ったトレードみたいに安定して勝ちやすいとは言えません。人体実験ですw

時代の流れが早いのですぐに別の何かが出てきて淘汰される可能性もあります。

botのおかげで時間の余裕が少し増えたので興味ある事を調べる時間やチャレンジする時間が増えそうです。多分、これらが大きなメリットです。

あとは外出していても気にすることもないですし。FTXのQZ作成はbotterと言えるレベルの話ではないことは重々承知していますが、自分的には少し前に進めた気がするので今日の所は大満足です。

FTX