年初来高値更新です。ビットコインのチャート、見る時間軸日足から週足に切り替えました。
スクリーンショット 2020-10-22 105109
これからもこの価格帯を維持するのならば、史上最高値も目の前!という記事やニュースが増えてくるのでしょう。

まだビットコイン持ってないの?

なんていう煽りも増えると思います。投資は自分のペースを乱してやっていい事になる可能性もありますが、精神的によろしくありません。それはトータルの結果に影響を及ぼします。散々相場に振り舞わされた結果、今は自分の管理下で投機は行っていくのが良いんだろうな、と考えています。僕にとっては精神的に安定してトレードすることは、相場の波に乗るより重要な事です。

どこかの記事で書いたと思いますが、損切りしない現物を買い増しているので、今の結果はニンマリではありますw

ネット銀行大手のペイパルが参入したのがきっかけになったようです。

さて、環境が日々変わり自分の作戦をどうするか、考えて行きます。僕は金利で動いていますので投機している箇所の金利を常に監視しています。

その内、バイナンスのliquidスワップがいまいちです。少し前にAPY40%以上達成中とかいう触れ込みでそれに投資していたものです。まだ始まって1カ月かそこらですので、結果が荒れるのはわかっています。

ただ、バイナンスは今後数週間高金利を維持する予定、と言っていたんですよね。
image
BUSDとDAIのこの中では一番高金利になりやすいペアを選んでいるつもりでしたが、毎日金利が低下してこの体たらく。撤退を視野に考えてオーバーサイズでBETしていた分を経減少方向へ持って行く予定です。今、複利で使い道一つだけで15%以下は使えなさすぎます。例えステーブルコインだったとしても。

他、僕のメインデルニュー金利はビットコインのレートブレイクによってプラス乖離モードに入りました。

今月頭から始めた説明用の口座も同じように高金利のアドバンテージをため込んでいくターンに入っています。やっていることが同じならば、規模は違ってもFTXから提供されている金利は全く同じです。
スクリーンショット 2020-10-22 111858
0.00125%毎時払いで年利10%がFTXの基本金利ですので今は上振れています。
 
僕のメイン口座では、これにレバレッジがかかっています。そして為替ヘッジも。今みたいなドル安方向だと為替ヘッジしておいて良かったなと思ったりもします。精神安定が得られます。その分資産効率は落ちています。自分の投資のバランス感覚を重視します。

バイナンスが複利で15%なのに対してFTXは単利で10%です。どちらもある程度の現在の予測金利ではありますが、バイナンスの方は始まったばかりでその勢いそがれ中、FTXはやってきた経験値があります。イベントがあればすぐ参加することも出来ます。一か所だけの投資先ではないです。そこだけの投資商品ではないのです。

そのようにできるFTXのメイン口座では空いたFTX口座内余裕で他の金融商品も運用しています。相乗効果を乗せて運用のリスクを抑えつつ効率を自分なりにあげています。FTX内では理論上金利30%を超えるように意識しています。その分に見合うリスクもとっています。海外業者であるということは確実なリスクです。

どこもプラス方向へ良い動きではありますが、更に良い動きをする選手が他で見えているのも事実。

バイナンス選手二軍落ち崖っぷち。先発選手から少しずつ外れて行ってもらうつもりです。ある程度は置いておくと他のチャンスに対応できるので、それをどうするか考えます。

ただバイナンスはお上からのチェックがキツイめなんですよね。そこもマイナス要因です。

どうしましょうか。よりよい得点を得るため、作戦練って現実の行動に移すのが、僕にできる少ない務めです。