展開が早すぎるのが仮想通貨業界。今日の意見は明日の反対意見w

数か月は最低見るつもりで海外へビットコイン貸し出しのレンディングBLOCKFIで金利6%+入金ボーナスの275ドルを取りに行ったのはわずか18日前のこと。

そこから順調に毎日の金利を受け取り、月一の確定の受け取りがあった後に、類似業種の会社CREDが破産したというニュースが流されます。

これを受けて僕は業界1位のところで運用しているのだからまぁいいだろうと、放置することに決めました。一旦は、、、。

それを決めた当日、このニュースを受けての感想や考え方などが一斉に暗号資産界隈で発信されていきます。識者たちの意見は概ねレンディングに否定的で「止めておいた方が無難」というものでした。

誰がどのように運営されているのがわからないものにお金預けられる?

だったら自分でやった方が良くないか?

そんなの養分思考でしょう。

まさしくその通り。僕は他人に対して養分と呼ぶのは好きではありませんが、自分が言われる分には修正する機会を与えてもらっていると考えるので非常にありがたい意見です。率直であればあるほどに。

かなりの確率でやらないほうがいい、賢者たちの意見です。

経験豊富な人の意見は自分の意見に勝る可能性がかなり高いです。

それが守備的ならばその意見の重要度はもっと増していきます。

僕は、即止めることにしました。いったん、お試し出金でアドレスを確認してから全出金にしようと考えたのですが、にげるときに悠長なことをやっているのはよくないと考え直して、今出金できるビットコインは全部出金することにしました。

今回は急ぎの案件ではありませんが、逃げ足は速い方が良いです。今回すぐに行動しなくて成功した場合、次の心の隙間を生みます。それが致命的な損失を生む可能性だってあります。

今もこれからも後悔しないであろう選択肢を「今」していくだけです。
スクリーンショット 2020-11-11 144836
出金が寝ている間に承認されて自分の口座に戻ってきました。日本の口座、liquidです。今はここで売ると他業者よりも多少有利に日本円に交換できます。

年末が近づいてきました。今年のまとめも意識していかねばなりません。

起業済みであればできる手段がいろいろあります。仮想通貨の投資は今の法律で業として認められています(内容によります)そして上手に国の制度を使う方法を商工会議所に今日相談していました。

いけますね。ある程度は有利に。

コロナ禍の減税の法律を使うのではなく、現行の法律の中で正規のルールを使って有利に戦っていきます。既にいくつかは利用中です。個人事業主にはiDeCoよりも有利な制度があるのです。

福利厚生が無いから不利だ、不利だ、とよく言われますが、それなりに制度が用意されています。そしてなによりも全て自分の裁量で行動することが出来る自由があります。

価値観が人によって違うのは当然です。僕は自由がなにより大事なのです。大事なモノ、それは家族でも仕事でも遊びでもなんでもいいと思います。自分の人生が豊かになるのであれば、それが自分にとっての正解です。その為に生きて死んでいくのが幸せなんじゃないかなって思っています。

大事なものはいっぱいあったって構いません。

死ぬときに、いろいろあったけどまぁまぁ幸せだったわ。

そんな風に思いながら死にたいです。