暗号資産イールドファーミング備忘録的なものです。読む必要のない内容だったら飛ばしてください。

uniswapのインセンティブ優遇期間が終わりました。界隈で最高の流動性を誇っていたDeFiです。

数年間の安定稼働かつ、高利率だった媒体の高利率の部分が一旦消えることになります。そうすると人の流れに動きが出るのが必然です。

そこからみんながどう動いて行って、自分がどう動くかを考えて行きます。

今までの流動性提供者には4つの大きな選択肢があります。
  • ETH2.0に行く
  • SUSHIに行く
  • そのままとどまる
  • その他高利率のDeFiに行く
僕自身はuniでこの優遇制度をほぼ使っていませんでした(ちょっとやった)。主に、SUSHI,その他あたりで戦っていました。そしてその他のDeFiが攻撃されハッキングされたりしていましたw

今の流動性状況を見てみます。
スクリーンショット 2020-11-17 144726
ユニスワップが全部消えました。いきなりプールにおいておくだけだとリターン0%になったのですからそれはそうです。

数時間前の状況、みんなが移動している最中のタイミングのスクリーンショットです。
スクリーンショット 2020-11-17 132643
ユニスワップは1日でプールサイズトップから陥落しています。
スクリーンショット 2020-11-17 153002

数時間でガラッと情勢が変わります。これが今日1日で起こっている事です。

この中で自分がどう安定的に利益を生むか考えていかなければなりません。もちろん安全第一です!

参加段階で攻めに攻めて、一通りトラブルなど経験した後で、僕の考えが大体固まりました。

超高利率を求めるリスクは1つの個所に総資産比1%まで。安定かつ現時点で安全と思えるところに多くをおいてその中から運用する。BTC現物は減らさないように戦う。

このくらいが僕には丁度よさそうです。

現時点で僕がDeFiにおいているメインのお金どうしているかというと、、、
スクリーンショット 2020-11-17 145433
優遇期間の終わったUNISWAPに現時点で置いてますw

人の流れるところに流動性と手数料あり。人が減ればリターンが増えます。安定稼働していた実績で安心感があります。

IL(インパーマネントロス)という流動性提供リスクがあるので、低リターンだと大きく動いた時にマイナスになる可能性があります。場合によってはペアの内容やヘッジなども考えないといけません。

直近24時間だと年利7.66%、プール総額トップペアで一番安心感が持てるペアです。昨日は優遇リターンを貰わないと年利2%くらいでした。
スクリーンショット 2020-11-17 145709
ここにおいて土曜日か日曜日まで様子見して、次の一手を決めます。最近はガス代が安くなったとはいえ、土日の安さは目を見張るものがあります。僕は大体土日のどこかでポジションを変えるようにしています。

1週間考えています。ミスったとしても金利分で手数料分は回収+αしています。ハッキングなどのトラブルさえなければですけれどw

より良い所に移動する価値があるのなら移動するし、そうでないのならキープです。

単純なデルニューと同じでキープできる時間が長ければ長いほど安定運用ができていることになります。


メインでない資産はそこら中に散らばっています。それらも資産移動するのを常に考えています。今は年末に向けて守備的に動いている感じです。シンプルにわかりやすくする方向で動いています。

今日から数日間の人の動きはかなり見ものです。今後の立ち回りや収支アップが見込める参考にできるデータになるはずです。前もって準備して、後出しで有利そうなところに移動する。

これで行きます。


個人的内容かつ専門的すぎてわかりにくい内容だというのはわかっています。自分にとっては、こんなことあったなぁとその時の心境と考え方を覚えておくのにブログを有効活用しています。次に読むときにもっと良い思考回路になっているのを夢見ながら書いています。