スクリーンショット 2020-11-22 000357

スクリーンショット 2020-11-22 140121

スクリーンショット 2020-11-22 121247
これ。ひと昔を思い出させてくれる鞘。

昔はこういうのすぐには書かなかったですけど、SNSや情報感度の高い人が増えて情報伝達スピードが早いのでもう書いちゃいます。知らない人にはサービスです。知っている人は多分もう今できることを既に済ませていると思います。

ヤバそうだったら消しますw

勝ち確定なんて相場には存在しないですけど、このくらいだと負ける方が難しいですwここまで価格差が開いているのならヘッジ無しでもいいくらいですが、僕は慎重派なのできちんと値動きのヘッジも入れてトレードします。ポジションを持った瞬間にほぼ最終損益までが確定します。

祝日はさみなので日本円の余力が少なく自由に動ける人が(僕含めて)そんなにいないことと、勝ち組がそこら中に分散しているから起こっている現象に見えます。

海外が圧倒的に有利だったので多くはそっちに行っていて日本円の余力があまりないのでしょうね。主に僕のことですけどw

アービトラージャー、活躍の時。これが本当の意味での流動性提供。見ただけでわかるレベルの鞘。

自分は今ある日本円の余力の限り、もう全部使ってしまいましたw全力案件です。

細かいことを気にしてやるよりも一気に行く方が良い時は一気に行きます。

あとは火曜日まで持つかどうか。その準備を進めます。たぶんみんなやってるだろうから、火曜日まで持っても、そこからは数日あれば良い方でしょうか。

昔のままの相場なら1週間以上続いたりもしますが、さて。

正直、続いたらバブル警戒だと思います。まだ先だと思っていたけれど、調整と言う名の暴落への意識、少し早めにしておいた方が良いかもしれません。ここでも情報のスピード感を味わうことになるのでしょうか。

どっちかへ相場が動くと断言する人を、僕はトレーダーと認めることはほとんどありません。

これは自分自身に言い聞かせるような言い方とかそういうのはまた別として、誰かを扇動するための意見として発する人の事を指します。

勝手な思い込みかもしれませんけど、違う理由で断言する人の割合の方が遥かに多いと感じます。

トレードは自分の思惑と逆行くのが普通です。それを考えないなんておかしいです。

トレーダーならば常に逆方向、自分に不利になった場合にどうするか考えておくべきだと思っているからです。

しかしながら後出しじゃんけんローリスクなトレードができて圧倒的に有利、数少ないチャンスの時は躊躇せず全部行きます。この相場、いつまで続くのか見ていきます。