FTXによる新規上場仮想通貨MAPSの抽選権利についての記事です。今日の夕方に情報が解禁されたばかりです。

前回に続き、今回は、抽選権利についての詳細を書いて行きます。

IEOに参加するならFTXの口座開設と本人確認までは時間がかかるのでやっておくべき、とここまで書きました。そこまで進んだ後の今回の条件詳細です。

  • 1/26日本時間午後10時から1時間抽選参加入札
  • 1抽選権利あたりで250ドル+6FTT(約63ドル)で313ドル必要
  • 1時間前までに入札予定の金額を、後に出てくる(まだありません)専用口座に入金しておくこと
  • 当たらなかった抽選権利分は全額返金、純粋に当たった分が減少するのみ
続いて、チケット枚数の条件です。
スクリーンショット 2021-01-18 203053
  • FTTを抽選権利確定前1週間でどれだけ保持しているか?
  • 過去30日間の取引量
  • 最低5万ドルのトレードから1権利スタート
このようになっています。初心者で頑張って挑戦するならば、FTT10枚(1週間の平均保有)と10万ドルのトレード(初期5万ドルトレードで+1スタートの計3枚抽選)くらいが無難だと思います。僕はガチ目に狙いに行きますのでFTT1000平均(+3枚)と100万ドルのトレード(+2枚)と5万ドルのトレード(+1枚最低条件)の計6枚で迎え撃つつもりでいます。

人マークのアカウントからセッティングで大体を把握できます。過去30日とか過去1週間なので権利確定時で達成している必要がありますので注意です。
スクリーンショット 2021-01-18 203714
FTTは既に大丈夫として(IEO発表されて買ったw)100万ドルトレードは結構ギリギリかもしれません。まぁ無茶はせずでやっていこうと思います。IEO狙って負けまくったら意味がないですからね。

30 day volume: $1,173,782
FTT balance: 1,265

この部分で把握できます。

1抽選権利で313ドルはいるので、自分の予算とリスクテイクの分量によってどの辺を狙うかを決めると良いと思います。

まず感触をつかむために最低条件のトレード5万ドルだけやっておいて1抽選試してみる、とかでもいいと思います。1回経験したら次から余裕になります。

-------
ここから先は少しお得情報みたいな感じですが、僕がブログ書いているFTXでのビットコインのデルニュートレード戦略やっている方は、FTT−PERPの金利を見てみてください。意味が解らない方はスルーしてください。抽選権利を有利に獲得する方法というだけで確率は変わりません。
スクリーンショット 2021-01-18 204122
先物を売ると金利が貰えます。つまり、今FTT現物を買って同数の先物を売ると、「現物保有+空売り保有」→「抽選権利増加+金利毎時受け取り」となります。今後はどうなるかはわかりませんが、今のところはFTTを有利に保持できる環境になっています。ビットコインではなくFTXトークンのデルタニュートラルです。大きな価格変動のリスクが無くなります。ポジション作ったら解消は好きな時にどうぞ。

FTXは金融のプロ集団ですからこういうことになっているのも当然わかっています。それでも放置するのには理由があります。FTX内にお金を置いておいてもらう方に分があると判断したのだと僕は予想しています。つい最近まではFTTは空売りできませんでした。それを可能にしてIEOをやったのです。確実に僕みたいな人間がいっぱい出てくることをわかってやっています。

GETしたFTTはステイクしておくことで手数料の割引になります。もちろんデルニュー保持したままでも問題ありません。25FTTか150FTTをステイクしておくと今後も使い続ける場合は有利に取引できます。

オレIEOしかやんねーから!という方はステーキングは必要なくその限りではありませんw

海外取引所であることなどから、各自のリスク許容度が重要になってきます。

どれが正解かは本人の中にしか答えはありません。

もしも初心者だと自覚しているのであれば、お得情報とか余分なことにまずは目を向けずに、IEOに参加するだけにとどめておくのが無難です。

気持ちを大きくせず、慎重に今一度考えてみてください。僕は自分が実際に使っていて信頼できると思った業者しか書いていないつもりではいますが、海外業者案件には参加しないという選択肢も悪手ではないです。単なるリスク許容度の違いです。

もしIEOを狙い通りに当てることが出来て、そこで資金ができたらその範囲内でチャレンジしていったら良いと思います。

無理に背伸びすると狩られます。相場はそういう世界です。

------

ビットバンク(日本の仮想通貨業者)がFTXでIEOやるって報じていますね。そろそろ日本人の目も向いてきているのかな?と思いました。

FTXで既に行われたIEOの中でどうだったか説明していますので参考にどうぞ。

FTX口座作成について(成り行きトレード手数料30ドル分チケット+常に5%引き有効)

日本から海外へ、入出金とセキュリティ

抽選権利の増やし方例

専用口座への入金方法例

入札方法例(数字は毎回の条件で変わります)

入札後例

MAPS、IEO