IEOページが出てきたので既にサブアカウント作成や送金して資金をロックしておくことができます。今回はその最初のステップのサブアカウント作成について書きます。一応、口座作成から本人確認はまだ間に合うようですが、僕からの保証はしませんwやるつもりなら今回間に合わなくても準備しておいて次回待ち、くらいの気持ちで良いのではないでしょうか。

ではサブ垢作成の手順です。

FTX

こちらのリンクページから飛ぶか、FTXのトップページから
スクリーンショット 2021-01-19 223331
この画像をクリックしてIEOページにジャンプします。

出てきたページには説明などがあります。もしも英語でわけわからん、とかでしたらブラウザの右クリックで日本語翻訳をするとブラウザがざっくりと翻訳してくれます。
スクリーンショット 2021-01-19 223634
同一ブラウザで元に戻す場合は、読み込み直すだけではだめで、URLをコピーして貼り付けるようにすると英語表記に戻すことが出来ます。僕は英語表記で慣れてしまっているので英語表記ですすめます。

日本語にすると微妙にフォントがズレたりとかそういうのが気になっちゃうんですよね(大雑把B型なのに不思議

ルール説明を見終わった後に更にページの下へと見ていくと、
スクリーンショット 2021-01-19 224053
1番目の手順としてサブアカウントが作成できるようになっています。

0番目の手順はアカウント作成と本人確認(2KYC)です。done here で達成していることがわかります。

1番のサブアカウントクリエイトのボタンを押すと1クリックでサブアカウントが作成できます。

ボタンを押してサブアカウントのMAPS-IEOを作成したらここで一旦BTCのタブを押してトレード画面に戻ってみましょう。
スクリーンショット 2021-01-19 224503
これです。
スクリーンショット 2021-01-19 224611
アカウントタブのところ、メインアカウントのすぐ横にMAPS-IEOのサブアカウントが作成されています。MAPS-IEOではトレードはできません。あるのを確認するためにこの作業を入れました。まだだいぶ先ですが、確定申告のためにこのアカウントは消さないようにしておいてください。消すと履歴まで全消去になってしまって後の数字合わせがやっかいになる可能性があります。

もしも

今持っているポジションが消えた!

とか

ウォレットの内容がおかしい!

とかになっていたら、自分がいるアカウントが変わっている可能性があります。メインアカウントをクリックすると元に戻ります。FTXはワンクリックでサブアカウント間を移動できるようになっていて便利です。

さて、もう一度TOPページからMAPS画像を押してIEO専用ページに行ってみます。

2番のボタンをクリックすると、既に資金を送金してロックできるようになっています。
スクリーンショット 2021-01-19 225037
抽選権利1つにあたり、250ドルと6FTTです。それは確保しておく必要があります。

今回はここまでです。

もしもデルニューやっていて、米ドル資産マイナスだけど参加したい、どうすんだ?って方もいるかもしれしれないのでそれはまた後に説明します。

口座開設と本人確認と5万ドルのトレードさえ終わっていたら時間には余裕ありまくりですので、のんびりと構えていたら良いです。まだ1週間あります。ようやく抽選権利枚数の確定週間に入ったばかり、始まったばかりです。

口座開設と本人確認と5万ドルのトレード

これらも、あと1週間の間に済ませたら参加可能です。

なるべく実際に進める手順通りに書いていますが、抜けている部分があって初めての方にはわからないところがあるかもしれないので、その場合は気軽に聞いてください。

MAPS、IEOカテゴリページ


FTX口座作成について(成り行きトレード手数料30ドル分チケット+常に5%引き有効)

日本から海外へ、入出金とセキュリティ

抽選権利の増やし方例

専用口座への入金方法例

入札方法例(数字は毎回の条件で変わります)

入札後例