デルニュー戦略でビットコインの価格変動を狙わずに金利差を稼ぐ取引手法の実戦報告です。FTXが設定を変えると告知して年内で一旦〆たデルタニュートラル、年が明けて0から再始動しています。前回は7週間で資産増加率+3%でした。初挑戦の方はまず基本的なリスクを理解するために少額で1カ月程度は練習や様子見をすることをお勧めします。運用予定額の1/50や1/100とかでやってみるとかは良い案です。出金と入金、ポジション作成から決済までを一通り実戦しておくのも問題点を把握する上で良い事だと思います。自分のリスク許容度の範囲内でトレードを行ってください。

2021年になって再スタートした金利差アービトラージ、デルニュー戦略の8週間経過報告、米ドルの現在資産推移グラフです。
スクリーンショット 2021-02-28 072832
検証としてFTXでサブアカウントを作成(数クリックで作れます)し、0.1BTCスタート(3292ドル)から米ドルをどこまで増やせるか?という基本ルールでトレードを行っています。

難しい事を書いているようですが、BTCをデルニュー戦略したい分買って、その同数をFTXで空売りしているだけですwそれでなぜ勝てるのか?理論や更に収益を上げる戦略の詳細を書いています。

第8週結果
*2021年2月16日よりAvailable Balanceは米ドルマイナス資産時「0」と表示されるようになりました。
スクリーンショット 2021-02-28 072541

前回3511.27
今回3555.51

+44.24ドル

スタート 3292ドル
(日本円換算約350894円)

トータル損益 +263.51ドル
(日本円換算約28087円)

*為替レートは平日24時間変化しています。今週、1ドル106.59円
------

8週間で+263.51の米ドル資産増加となりました。高騰していた金利は落ち着いていく傾向で、相場的には過熱感が減って日常が戻ってきた雰囲気です。それに伴い受け取りファンディングレートも低下傾向になっています。直近10回のFRレートです。
スクリーンショット 2021-02-28 074007
理論値としては毎時間受け取り金利0.00125%が平均になるようになっていますから、良い水準をキープしています。余裕の年利10%超えの数値になっています。僕は為替のトレードで異業者間FXスワップアービトラージ(FXのデルニュー戦略)をずっとやってきていて、その時は年利6%で上出来、ドル円ならばハイレバレッジで年利3%を取りに行くとかそういった世界で生きてきていました。そこからするとにこにこが止まらない状態です。それに仮想通貨相場は隙がたくさんあって、収支の上乗せ要素が他にもあります。更にFTXではキャンペーンやIEO(仮想通貨新規上場)がちょくちょくあります。暗号資産の立ち位置の見極めの段階、過渡期だからこその展開だと考えています。毎日のように新しいイノーベーションを目の当たりにし、いろいろな出来事が起こります。良い事も悪いことも。

これだけ世界的にビットコインのトレードが認められてきている状態でこの金利水準がまだ続いているのはありがたい事です。いつかは今の理論値の金利10%とかにびっくりするくらいに将来もっと落ちていくのでしょうが、見えている現実をきっちり取りに行きたいと考えています。

浮足立たずに地に足つけて、今やれることをやっていきます。

ビットコイン日足チャートではこのような値動きをしています。
スクリーンショット 2021-02-28 073436

ポジションを作ったのが32920ドルで、大量に担がれて含み損になった分が戻って来ています。保有ポジションの含み益含み損の推移、ビットコイン価格急落、全然問題無いです。(-3万ドルルールには注意)

デルニュー戦略組には値動きはあまり関係ありません。これだけ値動きが激しくても、自分の資産への影響が大きいのは金利推移だからです。

この戦略を軸に動いていると、超値上がりしている時には指をくわえて見ている時間が多くなりますが、瞬間的に超値下がりしている時でも狼狽しパニックに陥る大衆の方々を見ながら比較的冷静に対応することが出来ます。今現在の金利が気に入らないのなら全決済したら良いだけです。

-------

僕はこの検証用の0.1BTCはどんな状況であろうと放置します。FTX側の変化があったり僕が破産しそうになったら別ですが。もしも僕がデルタニュートラル検証用の報告をしなくなったらお金に困り始めた!と思った方が良いかもしれませんね。0.1BTCの運用資金がメインアカウントに必要な状態になっていてこっそり決済しているのかもしれませんw

デルニュー戦略参考記事
ex3681ボーナスFTX30ドルバウチャー