最終的な判断はご自分で。

FLOW→ROSE→CASPER→RALLY(未参加)→MINA

4/13のMINAで僕自身のコインリストのセールは4回目の参加になります。
スクリーンショット 2021-04-02 071915
チャート、FLOWは大化けしています。coinlistのコミュニティセールでは0.1ドルの販売でした。今は300倍以上です。

FLOWブログ記事カテゴリまとめ

このflowチェーンを利用するNBAトップショットにはマイケルジョーダンが出資を発表しています。遂にユニコーン企業入りしたと話題になっていました。

僕自身もNBATOPSHOTを利用してNFTカードシール動画を売買して実際に体験して遊び始めています。

NBAトップショットブログ記事カテゴリまとめ

ROSEはトークン貰って即売買可能なバイナンスへ送金して売却で無難に勝ち逃げしました。この時のを今まで持ってたら3倍とかになっていたみたいです。持っていられないのでもう僕には無関係です。それに今は多くの仮想通貨が当時の価格より高くなっています。と言っても半年も経っていません。

ROSEブログ記事カテゴリまとめ

CASPERは1000ドル分買えました、まだ貰っていません。結果発表はまだまだ先になります。

CASPERブログ記事カテゴリまとめ

僕は新規上場のトークンセールではまだ大失敗をしていません。ゴミトークンwと呼ばれる仮想通貨を今現在なんとか回避しています。これからはわかりませんけれどね。flowで新規上場銘柄への初期投資にはかなり余裕ができたので攻めていきます。上場済みの割引販売トークンのRLYは意図的にスルーしていますが、新規上場銘柄を扱う時のcoinlistはそこそこ信用しています。

同じようにFTXの新規上場IEOも信用しています。第一弾から第六弾まで一度もマイナスを叩いていません。なにもわかっていない自分で銘柄を選ぶよりも、大手の取引所が選ぶ新規上場仮想通貨の方が安心だとすら思っていますw売却ロックがかかっていない限りは手元に来たら大抵すぐ売りますし。

ということで、MINA、参加していきます。

日本では初期投資に参加しずらい環境ですが、海外仮想通貨取引所は違います。こうして一般人でも初期投資に参加できるようになっているのはありがたいです。富の分散を感じます。

4/13の日本時間23時スタートだそうです。
スクリーンショット 2021-03-31 174404
どの通貨で買うのかはまだ発表されていません。暗号資産ならUSDC持っておけば大丈夫だと思います。普通のドルからでもコンバートできますのでBTC入金→USD→USDCへコンバート(要手数料10ドルくらい)、とかでも行けると思います。

対応していればBTCでもUSDTでも。もっと近くなったら発表されると思います。

事前準備で途中まで参加しておくといつも通りの画面でした。本人確認まで済んでいると販売開始前にここまで進められます。
スクリーンショット 2021-03-31 145637

コミュニティセール参加にはスマホ自撮りと免許証写真提出の本人確認などが必要です。

とりあえず、事前登録はさっそく済ませておきました。今回も並び替え方式になるかな。これだと不公平感があまりなくて良いです。是非casperと同じ方式を採用して欲しいです。

CoinList

BTCか1000USDC(後に500ドルに引き下げ)を準備しておけば安心です。最低100ドル〜最大1000ドル(後に500ドルに引き下げ)まで投資(買えたら)できます。

BTCの場合は価格変動があるので余裕を持つ必要があります。コインリストに一旦送金すると、コインリスト側からの送金は手数料高いので要注意です。BTCで1500円位、USDCだと数千円かかります。やるならCOINLISTで新規上場の暗号資産をなんか買うまで撤退しないくらいの気合が必要ですw

*コメントでご指摘いただきました。購入後に入金でも大丈夫だそうです。僕はいつまでそれが有効なのかなどの不安要素があるので送金手数料は必要コストとして考えて事前入金の安心重視派でいきます。

購入用の資金はGMOコインからBTC送金するか、FTXでBTCをUSDにしてUSDC送金が良さそうです。FTXはBTCなら送金手数料無料、USDCだと有料(FTTステーキングで無料化アリ)です。USDとUSDCはFTXでは特別に同じ扱いですがコインリストでは違うのでアドレスも違いますから注意です。

準備だけしておいて対応通貨などが発表されてからで入金は前日とかでも良いと思います。BTC、USDCは今までの傾向通りならば大丈夫だと思います。最悪コインリストでたっかい手数料払ってトレードか両替で対応できます。