コインゲッコーというサイトでコインリスト案件のポートフォリオをまとめてみたら案外便利だったので今回その記事を書いてみます。

CoinList案件でなくとも、自分の好きなコインを好きな価格で登録して、カテゴリ別で損益の推移を見たりすることもできます。ちなみに僕、プレミアム+会員でMAXの費用を払っています。無料でも広告が出てくるくらいで別に使い心地は変わりません。特典だったNFTが欲しくてなんとなく課金してしまいましたw
スクリーンショット 2021-05-19 062515


コインゲッコー

サーチから好きな仮想通貨トークンを選択して、ポートフォリオに追加、取得価格や日付を入力していくだけです。説明しなくても雰囲気でできると思います。トレードではないですから失敗してもお金取られたりしませんので、ここは気楽にやっても良いと思います。

自分はリアルタイムでざっくり確認したい仮想通貨を常に表示しています。それとは別にコインリスト案件の新規上場銘柄でもポートフォリオを作ってみました。

スマホとPC両方のアカウントでログインして同期することができるので出先でも気軽に自分の好きな仮想通貨の価格確認ができます。リアルタイムのレート変動やチャートを見たい時には取得が早いFTX関連のアプリ、ブロックフォリオとかを利用したりもします。

これがブロックフォリオの画面です。口座開設してトレードもできますけど一切取引していません。チャートなどの価格確認にのみ利用しています。
IMG_2388
一方コインゲッコーで登録した場合はこのような画面です。
IMG_2385
coinlist案件でカテゴリ化してポートフォリオを作ってみました。ブロックフォリオでも取引可能銘柄であれば好きな仮想通貨を登録できます。

気が付いたら、MINAがFLOWを抜いているし、CASPERが暴落しています。それでも10万円が300万円とかぶっ壊れ案件です。CLOVERも悪くは無いです。もしも全てのICOで当選していたら現在の勝ちで5000万円オーバーですね。

売り抜けるまでは机上の空論です。

MINAはもうすぐロック解除されて売ることが出来るようになると記憶しているので期待しちゃいますね。僕は当たっていないのであまり関係ありませんけど(まさしく他人事)

暴落したと言っているCSPRも現在300万円、初動でICO当たった分で1億円を超えていたのは運営の価格操作だろうと予想していましたが、多分その通りだったんじゃないかな、と思っています。

ぱっと見わかりやすかったので、これからコインリスト案件の損益を出すときはコインゲッコーの画面でブログ書いて行こうかなと思っています。

まだ利用してみたことが無い方はチェックしてみると良いかもしれません。

定期的に発行されるレポートも優秀だと思います。日本語に変更することもできます。僕は画面の形が崩れるのが嫌で大抵英語表記のままで見ています。英語全然わかりませんけど慣れたら大体わかりますw

これだけ良い結果を連発しているコインリスト新規上場仮想通貨案件、次回のCentrifugeも期待せずにはいられません。

CoinList、ICO案件カテゴリ
  1. Flow→購入、配当で原資回収済&2021年10月まで資産ロック中
  2. Rose→購入、売却済み
  3. Casper→購入、2022年3月まで資産ロック中
  4. Rally→新規上場ではないのでスルー
  5. Mina→並び順負け未購入、5/31ロックアップ解除
  6. Clover→並び順負け未購入、2022年4月までロックアップ
  7. Covalent→並び順負け未購入、ロックアップ無し上場後売買可能
  8. Centrifuge→日本時間5/27午前2時option1と午前8時option2