FTXでATLAS新規上場仮想通貨の抽選が行われます。既に済ませている方も多いと思いますが、念のため、入金方法も書いておきたいと思います。

  1. TOPページのIEOアイキャッチ画像をクリック
  2. IEOページでサブアカウントを作成
  3. ATLAS-IEOアカウントに500ドルと5FTTを入金
カウントダウンが0になったら1時間以内に、最大入札額を入力してしばらく待つと、制限時間後1時間以内に結果発表が行われ、外れた資金は全てメインアカウントに戻すことが出来ます。

この状態になっていたら、準備完了です。数日前に入金してあります。自分の場合は150FTTのステーキングはずっと放置していますので、サブアカウントへ入金以外はいまのところ他に操作することは無いです。
スクリーンショット 2021-08-24 132635
メインアカウントからATLAS-IEOへ5FTT送金、同じように500ドルも移動します。コインの右側の「x」ボタンで通貨をリセットして選択しなおすことができます。
スクリーンショット 2021-08-21 032134
移動した資産はメインアカウントの証拠金から切り離されています。ポジションもメインアカウントとは別扱いです。

時間になったらこのように入力してアセプトにチェックを入れ、右下のボタンを押して待ちます。
スクリーンショット 2021-08-24 134954
結果発表はその下、もしくは口座資金を見ると解ります。ブログで黄色を見やすくするために白背景に変えました。
スクリーンショット 2021-08-24 135254
もしも、自分がどのアカウントにいるかわからなくなったら、トレードページのタブにIEO用サブアカウントとメインアカウントがあると思うので、それをクリックしたら目的のアカウントに瞬時に移動できます。

トレード画面のセッティングからアンロックレイアウトで好きな場所に移動することが出来ます。
スクリーンショット 2021-08-24 134424
(画面表示例とLayout移動方法)

資産管理は別扱いになっています。
スクリーンショット 2021-08-21 032207
このサブアカウントシステムは非常に便利なので、利用するタイミングがあれば利用してみてください。

例:デルニュー戦略0.1BTC運用の検証をしたい、ハイレバトレードの最大リスクを限定したい(ロスカットレートは口座ごとで決まる)、ビットコイントレード専用イーサリアムトレード専用口座を作りたい、、、etc。資金を分散するので同一口座よりも運用効率は落ちます。その代わりにトレード事の最大リスクを口座残金までに減らすことが出来ます。

資金をメインアカウントに戻すときは入金した時と逆の動作をします。

もしくは、マネージサブアカウントのタブをクリックします。
スクリーンショット 2021-08-24 190353
入出金を行った場合は、サブアカウントを消さないほうが良いです。確定申告の時に面倒になります。自分の場合は、税理士さんにお願いして完全に別口座として計算しています。僕はIEO参加記念みたいにIEO参加口座をそのまま放置しています。
スクリーンショット 2021-08-24 191343
自分で過去消して確定申告が面倒になったので履歴を消さないほうが良いと考えています。外れても入出金履歴取得に必要だと後でわかりました(実体験)
スクリーンショット 2021-08-24 191436
ゴミ箱クリック危険!w