自分の現在のファントムチェーンの運用状態は9割ヘッジ(以前)でイールドファーミング放置していたら、最近の暴騰で一気に変わってヘッジ比率7割以下(今日)になっていました。増やしながらとは言えこれはかなり異常です。良い方向への異常なのでこのまま行きます。下がったら再びヘッジが効いて低リスクになるし、今のままなら中リスクだけど勝ち分増えてラッキー、みたいな感じです。ヘッジの仕方にもいろいろあって、金額でヘッジだったり、トークンサイズでヘッジだったり、狙うトレードで異なるので正確な表現は難しいです。

現在バイナンスからのFTM出金は停止されているようです。

バイナンスは先日SOLANA系のRAYでも高騰中に入出金を止めました。自分の都合が悪くなると入出金停止の措置を取ります。その間の業者間価格差を抜いて儲けているのかもしれません。まぁ、やりたい放題です。

この姿勢は一貫して変わりませんw

規制当局に歩み寄ってきて反省してきた?みたいな感じに少し前に書きましたが、根本は当分の間変わることは無さそうです。みせかけの配慮です。いざとなったら、ユーザーを切りますよ。バイナンスはきっと。

使うとしても期限がわかっている時くらいです。僕が使うのは。業者の資産分散もリスク管理の一つです。

もっともっと、歩み寄るのは、相当の先の話になりそうです。最新の注意をもって利用すべき取引所です。自己責任なので使うなとは言いません。リスクを理解しているのならそれは問題のない行為です。ただし何かあってもバイナンスは日本の金融庁から警告されてますし文句は言えません。仮想通貨トレードはそういう世界です。

もしかして、僕が海外業者でほぼ一強的に考えているFTXが日本を含むグローバル企業liquidのハッキング被害から助け舟を出して出資したのは、日本に対して恩を売ったのかもしれません。警告しないでね?と。本当の思惑は僕にはわかりませんw

FTXがどう動いているかは、ニュース記事を後半部分に時系列でリンク貼り付けています。

このFTXでも何かあるかもしれないと常に警戒しています。

バイナンスからの出金が停止されているFTMチェーンでは、今SPIRITswapが一番伸びてます。そして今FTMチェーンでは保有枚数を減らしてしまっています。下手です。残念です。

先日inspirit導入もあって売り圧減少に期待が持たれているようです。僕、最初はスピリットスワップから入ったんですけどね。

無理です。

信じきれませんでしたw

僕が今持ってるアルト、他にsushiとかserumとかがあります。
スクリーンショット 2021-08-30 170831
日本で話題のSOLよりも上がっています。1日で3倍とかあたまおk、、、そしてinstはヨコヨコしていますw

spookyswapのbooをエアドロップで貰った分はそのまま運用しています。エアドロ発生は約2か月前です。
 
当時1アドレスで220ドル、そのまま放置なら960ドル。複数アドレスエアドロ、利食った分も含めて複利運用で、、、ぐへへ。となります(悪い笑い)

なんか知らんけど無からお金増えてる!

これに限ってはエアドロップから狙って行ったので経験値が生きた資産移動配分だったと思います。

ラッキーでした。

初期投資コストゼロになった利益確定状態の小さいサイズから強気にやっていくのは僕の真骨頂、メイントレードみたいにがっつりはやりませんが、自分がローリスクで取れる状態の金利はきっちり貰っていきます。

ガチ目にやるのはこういうのです↓週明けで世界単位の時間軸の足が変わる今日の午前9時、今回国内アービトラージ結構フィーバーしていました。ビットフライヤーはこのサイトのレート反映がちょっと遅いので実レートをログインして確認する必要があります。1カ月間トレードしていないと取引手数料めっちゃ高いです。

アビトラする場合は、自分の各業者に置いている現物在庫の把握と日本円現金資金量と入出金手数料と送金反映時間、全部計算して納得いくくらい勝てそうな時だけやります。入り口と出口を考えて始めたアビトラ案件の場合は失敗してもあまり負けません。ミスるのは年に数回とかですね(ミスるんかーい
スクリーンショット 2021-08-30 085912