昨日配布されたコインリスト新規上場仮想通貨のUMEEの売却方法です。

UMEEチェーンからOsmosisに送ったUMEEトークンをSWAP機能使って売却UST(USDと同価値を目指す仮想通貨)に交換、そのやり方をチェックしました。

UST自体も完全に信頼できるものではないことに注意が必要です。つい先日もパニック相場になり、米ドルと同価値ではなくなっていました。不安であれば、Osmosis内にあって自分の信じられる他の暗号資産に変えても良いと思います。

Keplrウォレットに接続、Osmosisにもアクセスして接続します。

https://app.osmosis.zone/assets

デポジットで送りたい分を入力します。MAXと入れてもアンロック分が含まれてしまうのですべては送れません。毎日27UMEEがアンロックされるので、それを参考に逆算してください。売る時ステーキングしている場合はクレームし、その分も合わせて送ると良いです。
スクリーンショット 2022-02-17 121505
今回は無事送金することができました。
スクリーンショット 2022-02-17 122502
アセット欄、下の方にUMEEがあります。
スクリーンショット 2022-02-17 121528
左上のTRADEの欄を入力し、UMEE→USTのSWAPをしていきます。
スクリーンショット 2022-02-17 121619
レートとか出てきますが、他に売るところが今はないので、それでよければSWAP、手数料はゼロでできます。
スクリーンショット 2022-02-17 121724
スクリーンショット 2022-02-17 121739
terraのUSTの残高が増え、UMEEが減ります。
スクリーンショット 2022-02-17 121755
終わりです。

------

*追記 ------下のベータ版チェーンは追加しなくても送れるかもしれません。
スクリーンショット 2022-02-17 130202
↑Osmosisnからでもいけるのかも。また試してみます。


------

引き続き、次のためにKeplrウォレット内でterraチェーンへ送る準備をしておきます。

OsmosisでterraをWithdrawしようとすると、アプルーブを求められるので承認します。これでKeplrウォレットにterraチェーン(ベータ版)を追加します。
スクリーンショット 2022-02-17 121839
スクリーンショット 2022-02-17 121951
完全サポートではないですが、ベータ版のアドレス作成ができました。このタグを選択するとOsmosisから送る時のアドレスと同じになっているはずです。
スクリーンショット 2022-02-17 122123
これで脱出準備が整いました。

terraチェーンへ送って脱出します。terraにいけばbscでもsolanaでも自由に行けるようになります。

アンロック分のUSTが十分にたまったら、また移動の記事を書きたいと思います。ガス代のterraの交換がその前に必要かもしれないです。初めて利用のチェーンですので、まだ勝手が良く分かっていません。

が、根本的な部分はさほど変わらないので困難になることはなさそうかな?と現時点では楽観的に考えています。

あとはUMEEが価格維持するか、ステーキングAPRが高いままだといいのですが。

高APR維持はかなり難しそうなので、プロジェクト自体、UMEEトークンの活躍を祈っています。

それは、僕がなるべく高値で随時売り抜けたいからですw