ex3681

相場、為替(foreign exchange)等マネーニュース全般の話。今は仮想通貨暗号資産多め。界隈の末端で生きる。

iDeCo

iDeCo10年4カ月経過505万円、毎月67000円積立

iDeCoは2022年10月から全ての会社員が加入対象者となります。

月1回更新のブログ記事、401k個人型確定拠出年金(通称iDeCo)の経過報告です。

知らないのは残念ながら今の時代だと損をする結果になります。僕自身も知らないことだらけですが、お金と近い場所で日々を接している分、生活をして行くうえで少しだけ有利だと感じています。

iDeCoは自分に有利な分、余裕がある分だけを利用して長期的資産運用するのに適しています。

------

掛け金額の変更の手続きが終了し、自営業者で付加年金納付者の上限である67000円の引き落としと積み立てがスタートしました。

67000円を

・DC外国株式インデックスファンド 60%
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA 40%

このように振り分けます。

預金として保有している資産から毎月手動でスイッチングするのを終了します。

これで、何もしなくても良くなりました。

楽です!w

何かブログで書きたいiDeCoニュースがあったり、口座内容の毎月の報告だったりは続けます。

-----------
・今月のiDeCoの投資内容と結果

運用商品は

運用商品
・あおぞらDC定期(1年
・DC外国株式インデックスファンド
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA


毎月、「DC外国株式インデックスファンド」を40200円「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」を26800円購入中。6:4振り分け(少しの手数料で若干減ります)
スクリーンショット 2022-02-28 175842

積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況です。毎月5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度が減る可能性があります。


iDeCo内資産(スマホ画面キャプチャ)
IMG_3235
IMG_3236
IMG_3237
現在の資産状況2022/02/27 現在
-
資産残高 5,058,446円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 4,022,000円
内訳 掛金 4,022,000円
個人型加入者掛金 4,022,000円
中小事業主掛金 0円
移換金 0円

損益 1,036,446円
損益率 25.8%

------
僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、2017年5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得です。

スクリーンショット 2020-11-01 170139

ポイントサイトのハピタスから口座開設をすると200P(1P=1円)のキャッシュバックがあります。楽天iDeCoだと1000円(2020年11/1現在)あるみたいですけれど、僕のおススメはSBI証券です。iDeCoの口座は一人あたり一つしか持てません。政府主導の税制優遇案件で管理しやすくするためだということがあるからだと思います。

楽天だと楽天市場などのお買い物時に間に挟むと1%戻ってきたりしますのでそちらで使用しています。

ハピタス内での検索ワード SBI or iDeCo


サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきていていい感じです。NISAと並んで税制優制度もあって貯蓄から投資への第一歩として最適な投資法の一つです。個人的にはNISA以上の恩恵があると思っています。守備的投資先としては最優先にしても良いと思います。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任です。

ネット銀行の口座開設も数社ハピタスキャッシュバックキャンペーンあり(数百円だけど)僕が使っているネット銀行頻度順は

住信SBIネット銀行=PAYPAY銀行>あおぞら銀行>>>>>楽天銀行

*ジャパンネット銀行はペイペイ銀行に名称変更を行いました

即時口座反映(数秒レベル)の振り込み入金など便利ネットトレード系では一つは必須。できたら2つ以上。僕は上記4つで回しています。スマホアプリからの送金で通常即時反映される場合も多く使いやすくなってきています。

ハピタス会員登録

検索「銀行」

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思います。好きなところ買えばいいです。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかりますができます。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられます。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利となっています。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないことがあります。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることはありません。老後資産を作ることを目的としたシステムのためです。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思います(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えてくださいね。…いないか)

結婚した後、離婚した場合でも個人の資産として認められ、、、

iDeCo、401k個人型確定拠出年金は財産分割対象になることはありません。

備えあれば、となるやもしれませんね。現在幸せで今後も幸せである予定ならば奥さん、旦那に言わなくてもいいことは言う必要はありません。知っていたら少しだけ有利な程度の話です。

FP2級がiDeCo401kの金融商品運用に挑戦。

iDeCo10年3カ月経過504万円、毎月5000円積立最終月レバナスは別に有利ではない

iDeCoは2022年10月から全ての会社員が加入対象者となります。

月1回更新のブログ記事、401k個人型確定拠出年金(通称iDeCo)の経過報告です。

知らないのは残念ながら今の時代だと損をする結果になります。僕自身も知らないことだらけですが、お金と近い場所で日々を接している分、生活をして行くうえで少しだけ有利だと感じています。

------

iDeCoは自分に有利な分、余裕がある分だけを利用して長期的資産運用するのに適しています。

今月で毎月の5000円積み立ては終了です。

いえ、積み立て自体を終了するわけではありません。節税効果を最大に上げるために自営業者付加年金納付者MAXの67000円積み立てに変更するためです。

掛金額変更は年1回しかできないのでしばらくは放置でも構わない心づもりでいます。

ちょうど先日付加年金の納付済み証明書ハガキが来ました。僕は年金を1年分前納しています。ずっと個人事業主なので厚生年金はありません。自らの力で年金額や老後に必要な資産を増やしていくしかないです。会社や勤め先を頼ることはできません。
IMG_2973
2年分前納できるのになぜしないのか?と言われると

2年ごとの年金納付分確定申告になって考えるのが面倒だからですw毎年やると決まっていたら、わかりやすいです。計算し忘れなどがなくなります。自分は毎年申告するという「あれ?今年どうだったっけ?」的なことを考えなくてよい楽さと安定した毎年の節税額を取りました。郵便局で自動引き落としになっているので勝手に引き落とされて終わりです。

付加年金も一緒ですし、iDeCoもゆうちょ銀行です。iDeCoとかは無理やりゆうちょ銀行指定だった気がしますが、今はどうかわかりません。対象広がっていると良いなぁとは思います。

次回からの振り分けは来月反映されたらまた書きます。

答えを書くと王道の日米インデックス株「4:6」振り分けです。投資する先、金融商品は今までと一緒です。

インデックス株の現物を買う場合は、長期目線ならば買いたいときに買えばよいと思います。狼狽しない程度の資金である限りは、欲しい時に買う、それは今の投資理論では悪い投資先ではないです。

これは巷ではやっている「レバナス」ではあてはまりません。レバレッジを賭けるということはリターンがある場合恩恵が増えて、リスク度は賭けた分よりも更に大きくなる、と考えてください。価格調整がある時点で下落時のダメージが大きくなります。有利な金融商品ではないです。株価下落リスクが完全に自分の制御下であるか、ギャンブルしたい場合は自由にやればいいです。

お楽しみで裁量入れて売ったり買ったりでも問題ないです。相場は好きにやったらよいです。

根本的な部分として、基本のインフレに耐えるためにはすべて預金貯金でなく、なんかしらの金融商品を買う必要がある。と考えると良さそうに思います。

どの程度のリスク許容度があるかなどは各人で異なります。それを探し自ら把握するのが相場でリターンを上げるために大事なことの大きなウエイトを占めています。

-----------
・今月のiDeCoの投資内容と結果

運用商品は

運用商品
・あおぞらDC定期(1年
・DC外国株式インデックスファンド
・DCニッセイ日経225インデックスファンドA


毎月、手動スイッチングで「あおぞらDC定期」から「DC外国株式インデックスファンド」を3万5000円「DCニッセイ日経225インデックスファンドA」を2万5000円購入中。
コメント 2020-05-30 223102

積立履歴全て公開中のイデコ現在資産状況、現在新規毎月5000円拠出、全額DCニッセイ日経225インデックスファンドAに積み立て中です。毎月の5000円は必ず投資しないといけない(定期でもOK)。そうしないと後々の受け取りの優遇制度が減る可能性があります。

積み立てまとめ

毎月
  • DC外国株式インデックスファンド、3万5000円
  • DCニッセイ日経225インデックスファンドA、3万円

積み立て中。


iDeCo内資産(スマホ画面キャプチャ)
IMG_2974
IMG_2975
IMG_2976
現在の資産状況2022/01/31 現在
-
資産残高 5,041,695円
持ち運べる資産 0円
拠出金累計 3,955,000円
内訳 掛金 3,955,000円
個人型加入者掛金 3,955,000円
中小事業主掛金 0円
移換金 0円

損益 1,086,695円
損益率 27.5%

------
僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、2017年5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得です。

スクリーンショット 2020-11-01 170139

ポイントサイトのハピタスから口座開設をすると200P(1P=1円)のキャッシュバックがあります。楽天iDeCoだと1000円(2020年11/1現在)あるみたいですけれど、僕のおススメはSBI証券です。iDeCoの口座は一人あたり一つしか持てません。政府主導の税制優遇案件で管理しやすくするためだということがあるからだと思います。

楽天だと楽天市場などのお買い物時に間に挟むと1%戻ってきたりしますのでそちらで使用しています。

ハピタス内での検索ワード SBI or iDeCo


サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきていていい感じです。NISAと並んで税制優制度もあって貯蓄から投資への第一歩として最適な投資法の一つです。個人的にはNISA以上の恩恵があると思っています。守備的投資先としては最優先にしても良いと思います。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任です。

ネット銀行の口座開設も数社ハピタスキャッシュバックキャンペーンあり(数百円だけど)僕が使っているネット銀行頻度順は

住信SBIネット銀行=PAYPAY銀行>あおぞら銀行>>>>>楽天銀行

*ジャパンネット銀行はペイペイ銀行に名称変更を行いました

即時口座反映(数秒レベル)の振り込み入金など便利ネットトレード系では一つは必須。できたら2つ以上。僕は上記4つで回しています。スマホアプリからの送金で通常即時反映される場合も多く使いやすくなってきています。

ハピタス会員登録

検索「銀行」

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思います。好きなところ買えばいいです。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかりますができます。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられます。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利となっています。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないことがあります。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることはありません。老後資産を作ることを目的としたシステムのためです。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思います(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えてくださいね。…いないか)

結婚した後、離婚した場合でも個人の資産として認められ、、、

iDeCo、401k個人型確定拠出年金は財産分割対象になることはありません。

備えあれば、となるやもしれませんね。現在幸せで今後も幸せである予定ならば奥さん、旦那に言わなくてもいいことは言う必要はありません。知っていたら少しだけ有利な程度の話です。

FP2級がiDeCo401kの金融商品運用に挑戦。

iDeCo次回分引き落とし分から掛金割合変更王道インデックス投資は続行

掛金額変更の話です。結果から言うと、来月から手動スイッチングをすべてやめて、増額した掛金を4:6の割合で日本と外国の株式インデックスファンドに振り分けるようにします。

iDeCoは2022年10月から全ての会社員が加入対象者となります。


月1回更新のブログ記事、401k個人型確定拠出年金(通称iDeCo)の経過報告です。

知らないのは残念ながら今の時代だと損をする結果になります。僕自身も知らないことだらけですが、お金と近い場所で日々を接している分、生活をして行くうえで少しだけ有利だと感じています。

------

iDeCoは自分に有利な分、余裕がある分だけを利用して長期的資産運用するのに適しています。

11/29の記事でiDeCoの毎月の掛け金額変更希望の書類請求をしました。

そこから、証券会社から、付加年金に入った日時を教えてくれと電話がかかってきて、それは考慮済みで必要ないと返答しました。


掛金額変更のサイト反映が終了し、来月分から実際の引き落としが始まります。

今までは、これまでに利益確定で一旦現金(日本円)にしていた預金を手動のスイッチングにて投資を行っていました。
スクリーンショット 2022-01-20 204731
この手動スイッチングを止めます。

この状況で、毎月の5000円積み立てだけはずっと続行でした。iDeCoの積み立てを停止すると最終受け取り時の税制優遇の恩恵が減る可能性があります。1年単位で続けることで非課税額が増えていきますので毎月の5000円はどういった環境でも続けた方が良いです。

掛け金額の配分割合の変更は簡単です。金額ではなく%表示で入力します。自分は来月から自営業者かつ付加年金納付者上限の67000円をSBI証券のiDeCo口座内にある金融商品に振り分けます。そのように変更しました。

利用していく金融商品はこれまで利用したものと全く同じです。日本と外国のインデックスファンド、それに元本保証の定期口座の3つです。

40、60と数字を入れると自動で金額を振り分けてくれます。
スクリーンショット 2022-01-20 204051
2/14の引き落とし分からこの指示が有効になります。

内容的にまとめると
  • 手動スイッチング止める
  • 変更掛金額67000円を割合決めて毎月引き落とし自動投資再開
今後の変更点は、この2点です。

よって、iDeCo内の預金口座は減らなくなります

iDeCoは日本円をおいておく預金口座として利用できます。節税効果だけを受けることも可能です。もしも、株式に投資せず、元本保証のあおぞらDC定期に毎月の割合を100%にしたら、その分全額が所得税控除の対象になって節税できます。ただしデメリットの60歳まで引き出せないのは変わらないので要注意です。

この画像だと元本確保している317万円くらいは減らない資産となります(今後も投資に利用しなければ)あ、毎月の管理手数料でちょっと減りますw
IMG_2964
IMG_2965

無理に価格変動のある金融商品に使わなくても良いということを知らない方も多いとのことなので、株式がギャンブル寄りだと考える方には良い投資法の一つになるかもしれません。

個人的には株式など円貨以外の保有ゼロですべてを日本円で持つことは更にギャンブルであると考えていますが、自分の心地よい範囲内の投資でお金を増やすのが続けるコツなのでやれる範囲でやっていくのが良いと思います。

------

今確認で300ポイント(1pt=1円)
スクリーンショット 2022-01-15 172848
下でリンク貼っているハピタスからのiDeCo登録、200ポイント(200円)から300ポイント(300円)に還元率増加中。

------
僕が使っているネット証券最大手SBIのイデコ、2017年5/19から金融機関初の口座管理手数料無料化。移管も無料。今からSBIでイデコをやる人ちょっとお得です。

スクリーンショット 2020-11-01 170139

ポイントサイトのハピタスから口座開設をすると200P(1P=1円)のキャッシュバックがあります。楽天iDeCoだと1000円(2020年11/1現在)あるみたいですけれど、僕のおススメはSBI証券です。iDeCoの口座は一人あたり一つしか持てません。政府主導の税制優遇案件で管理しやすくするためだということがあるからだと思います。

楽天だと楽天市場などのお買い物時に間に挟むと1%戻ってきたりしますのでそちらで使用しています。

ハピタス内での検索ワード SBI or iDeCo


サラリーマンや主婦にも2017年から対応し、どんどん制度が整って、投資する側に有利になってきていていい感じです。NISAと並んで税制優制度もあって貯蓄から投資への第一歩として最適な投資法の一つです。個人的にはNISA以上の恩恵があると思っています。守備的投資先としては最優先にしても良いと思います。

初心者向きとは言ってもiDeCoも投資。すべては自己責任です。

ネット銀行の口座開設も数社ハピタスキャッシュバックキャンペーンあり(数百円だけど)僕が使っているネット銀行頻度順は

住信SBIネット銀行=PAYPAY銀行>あおぞら銀行>>>>>楽天銀行

*ジャパンネット銀行はペイペイ銀行に名称変更を行いました

即時口座反映(数秒レベル)の振り込み入金など便利ネットトレード系では一つは必須。できたら2つ以上。僕は上記4つで回しています。スマホアプリからの送金で通常即時反映される場合も多く使いやすくなってきています。

ハピタス会員登録

検索「銀行」

*iDeCo(イデコ)は2017年から一般普及のために政府主導で名付けられた確定拠出年金の愛称

最初は毎月5000円積み立ててみる、からでいいと思います。好きなところ買えばいいです。慣れたらいろいろ考える。ほったらかしならほったらかし、僕みたいに裁量入れて動かすみたいなこともやろうと思えば面倒だし時間はかかりますができます。圧倒的なメリットとして、節税面と手数料がイデコでやると安くなる事があげられます。似た商品をイデコ以外で買うのとイデコで買うのではイデコで買う方が資金運用面では有利となっています。

デメリットは60歳まで一切自分の手元に戻らないことがあります。ただし、この積み立てしたイデコ内のお金は完全に守られ、他の不慮の事があっても回収されることはありません。老後資産を作ることを目的としたシステムのためです。

たしか自己破産しても守られるとかだったと思います(しっかり調べてはいないので、自己破産予定の人は良く考えてくださいね。…いないか)

結婚した後、離婚した場合でも個人の資産として認められ、、、

iDeCo、401k個人型確定拠出年金は財産分割対象になることはありません。

備えあれば、となるやもしれませんね。現在幸せで今後も幸せである予定ならば奥さん、旦那に言わなくてもいいことは言う必要はありません。知っていたら少しだけ有利な程度の話です。

FP2級がiDeCo401kの金融商品運用に挑戦。

月別日記
連絡先
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com

*@を一つ消してください
お互いの環境でメールが届いていないような表記で戻ってくることがあるようですが、ほとんどの場合はきちんと届いています。48時間以内に返信が無ければコメント欄でご指摘いただけますと幸いです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ写真画像
  • ついにレア持ち第3realm実装前イベント追加でこれには参加、合成やっておく
  • ついにレア持ち第3realm実装前イベント追加でこれには参加、合成やっておく
  • ついにレア持ち第3realm実装前イベント追加でこれには参加、合成やっておく
  • ついにレア持ち第3realm実装前イベント追加でこれには参加、合成やっておく
  • ついにレア持ち第3realm実装前イベント追加でこれには参加、合成やっておく
  • ついにレア持ち第3realm実装前イベント追加でこれには参加、合成やっておく
  • ついにレア持ち第3realm実装前イベント追加でこれには参加、合成やっておく
  • ついにレア持ち第3realm実装前イベント追加でこれには参加、合成やっておく
  • STEPN7月第3realm実装前戦略考察
  • STEPN7月第3realm実装前戦略考察
  • STEPN7月第3realm実装前戦略考察
  • STEPN7月第3realm実装前戦略考察
  • STEPN7月第3realm実装前戦略考察
  • STEPN7月第3realm実装前戦略考察
  • STEPN7月第3realm実装前戦略考察
最新コメント
更新連絡
ツイッター
フォローしてくれると喜びます
ブログURLのQRコード
QRコード
ご連絡
ご連絡、ご依頼など
info@@fpmacha.com

*@を一つ消してください
お互いの環境でメールが届いていないような表記で戻ってくることがあるようですが、ほとんどの場合はきちんと届いています。48時間以内に返信が無ければコメント欄でご指摘いただけますと幸いです。